Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


19
2013  15:05:21

ネスぺ取得を狙うとある凡人の過去問演習2(平成23年秋期午前Ⅰ編)

私が只今学習中のネットワークスペシャリスト過去問より、ポイントとなりそうな問題を抜粋して出題致します。
情報処理技術者試験を受験される方で実力を試してみたい方は一度挑戦されてみては如何でしょうか。

尚、今回出題した問題の解説は次回致します(えーw)。
まずは解いてみましょう。


平成23年秋期 高度情報技術者午前Ⅰ試験(続き)からの出題になります。
※問題番号は実際のものに即しています。

出題レベルの分類
☆☆☆ 難しい(高得点を狙うなら外せません)
☆☆  ふつう(6割の合格ラインをクリアする為に正解したい問題)
☆   基礎(本番で確実に正解したいレベル)






問19 アプリケーションにおける外部入力、外部出力、内部論理ファイル、外部インタフェースファイル、外部照会の五つの要素の個数を求め、それぞれを重み付けして集計する。
集計した値がソフトウェア開発の規模に相関するという考え方に基づいて、開発規模の見積りに利用されるものはどれか。(出題レベル☆☆)


ア.COCOMO
イ.Dotyモデル
ウ.putnamモデル
エ.ファンクションポイント法






問21 ITサービスマネジメントの変更管理プロセスにおける変更要求の扱いのうち、適切なものはどれか。(出題レベル☆☆)


ア.緊急の変更要求に対応するために、変更による影響範囲などについてのアセスメントを実施せずに実装した。
イ.顧客からの変更要求だったので他の変更要求より無条件に優先して実装した。
ウ.変更要求を漏れなく管理するために、承認されなかった変更要求も記録した。
エ.法改正への対応だったので、変更に要するコストは見積もらずに実装した。






問24 情報戦略における全体最適化計画策定の段階で、業務モデルを定義する目的はどれか。(出題レベル☆☆☆)


ア.企業の全体業務と使用される情報の関連を整理し、情報システムのあるべき姿を明確化すること
イ.システム化の範囲や開発規模を把握し、システム化に要する期間、開発工数、開発費用を見積もること
ウ.情報システムの構築のために必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどの構成要素を洗い出すこと
エ.情報システムを実際に運用するために必要なユーザマニュアルや運用マニュアルを作成するために、業務手順を確認すること





問28 電機メーカのA社は、GPLが適用されたオープンソースソフトウェアの一部を改変した二次的著作物を搭載してテレビの新製品を開発した。
この製品を販売するに当たり、A社が求められるGPLのルールに則した適切な対応はどれか。(出題レベル☆☆☆)


ア.請求があればA社が修正した部分を含む全ての二次的著作物のソースコードを公開しなければならない。
イ.二次的著作物に静的にリンクしている、別のアプリケーションのソースコードは公開しなくてもよい。
ウ.二次的著作物のソースコードを公開する際には、諸費用などの対価を請求してはならない。
エ.二次的著作物を入手した購入者が、その複製を再配布することを禁止しなければならない。





問29 経営会議で来期の景気動向を議論したところ、景気は悪化する、横ばいである、好転するという三つの意見に完全に分かれてしまった。
来期の投資計画について、積極的投資、継続的投資、消極的投資のいずれかに決定しなければならない。
表の予想利益については意見が一致した。
意志決定に関する記述のうち、適切なものはどれか。(出題レベル☆☆)


予想利益(万円)景気動向
悪化横ばい好転
投資計画積極的投資50150500
継続的投資100200300
消極的投資400250200


ア.混合戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資と消極的投資である。
イ.純粋戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資である。
ウ.マクシマックス原理に基づく最適意志決定は、継続的投資である。
エ.マクシミン原理に基づく最適意志決定は、消極的投資である。





計5問





以上、平成23年秋期 高度情報技術者試験午前Ⅰからの抜粋問題となります。
高度情報全区分共通問題全30問のうち10問をピックアップして出題致しました。





備考:
今回出題した問題は、基礎的事項に加え細部まで抑える必要のある、中級レベルから上級レベルの問題になります。
初学者にとっては手応えのある問題だと思います。
この辺りまで抑えておけば、午前Ⅰ試験を有利に展開する事が出来ると存じます。

現時点で10問中8問得点出来ていれば、午前Ⅰ試験対策は充分だと考えます。
専門科目(午前Ⅱ)の確認、及び午後試験に備えて準備しておきましょう。
7問以下だった人は、今回しっかりと復習して得点の上乗せを目指しましょう。


前述した通り、次回解説を行いますので、この機会にしっかりと理解して頂きたく存じます。
無論、受験する私もですが(笑)。
コレは私にとっても重要ポイントを抑える為のチラ裏ですから(ちょw)。
関連記事

スポンサーリンク


 ネットワークスペシャリスト

0 Comments

Leave a comment