Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


07
2013  23:53:39

元ネットワークエンジニアの京まふ2013活動記録1日目w(その2)

前回に引き続き、京まふ2013活動記録一日目をお送り致します。

告知していた通り、今回は抽選制ステージイベント及びオープンステージ観覧の模様をお送り致します。


シャフトブースで予想以上の時間を費やした事で、午前中に参加を予定していたオープンイベントへの参加を諦める事となりました^^;。
まあ、優先度は中くらいだったから、それ程残念ではないけどねw。
それにお昼からもオープンイベントで観覧したいものあるから、そちらに参加出来れば問題ないし( ̄ー ̄)ニヤリッ。

とりま、企業ブースでお昼近くまで並ぶ事になり、午前中に予定していた物販回りはお昼以降にズレ込む事になりマスタ^^;。

それで、お昼以降ステージイベントまでに物販を終えて昼食を取ろうとしたのですが、物販に並んでいる時に、2時間程の待機が発生している事を聞かされ、ステージイベントに間に合わない為、途中で列を抜けたのは前回説明した通りです^^;。

列を抜けた後、時刻を確認するとステージイベントまであまり時間がなかった為、取り敢えず腹ごしらえという事でキャラ食コーナーで軽く食事を取り、その足でステージイベント集合場所に向かいましたw。

ステージイベント集合場所に着いた時には、既に結構な人数が集まっており、スタッフによる座席確認が行われていました。

ちなみに、このステージイベントは事前申込みが必要で、抽選に当選した者のみ観覧可能なものになりますw。
厳密には、当選した者以外に1名のみ参加を認められますが、条件として必ず当選者と一緒に参加する事が求められますw。
例えば友達とか家族とかであれば問題ないとの事です。
イベント会場に入る前に、身分証明による本人確認があるのでその際に申し出ればOKですw。

それで、今回私が当選したステージイベントというのが、「帰宅部活動記録」トークイベントで、関西では放映されていないアニメの為、その知名度は決して高くないのですが、登場するキャラが可愛くて個性のある娘たちばかりなので、毎回楽しませて貰っていますw。

ただ、主要キャラの可愛さとは対照的に、キャラを演じる声優たんの演技が棒過ぎて見事にその世界観をぶち壊してくれています(笑)。
あの棒演技っぷりはマジヒクワーwww。

でも、なぜだか憎めないそんな不思議な魅力が彼女達にはありますw。
何というか不器用だけど一生懸命さが伝わってきて応援したくなるそんな空気がどことなくあるのですw。
それに、回を追うごとに徐々にではあるけれど上手になってきてるので、彼女たちの今後の成長を見守りたいという思いがありますw。

但し、主人公の安藤夏希たんを演じる木戸衣吹たんの実力は別格ですけどねwww。
彼女は主要キャラの中の唯一のツッコミ役であとは全員ボケ役の為、彼女のツッコミ頻度は他に類を見ない程多く、その負担はかなり重いです^^;。

しかし、天才声優と名高い彼女は持ち前の演技力で見事にツッコミ(笑)を入れ、この作品にとってなくてはならない存在になっていますw。
おにあい」で見せた彼女の年齢離れした演技力は今回も健在ですwww。

事実、彼女がいなければこのアニメは成立しないと言っても過言ではないでしょうw。
彼女抜きでは、このアニメは間違いなくコケるでしょうorz。
若干15歳という若さで、他の声優たんを引っ張るエース的存在と言えますwww。
最年少なのにエースって重責すぐるwwwww。

今回のイベントに応募したのは、そんな衣吹たんの若さ溢れるパワーを感じ、その萌え声と魅力に触れて存分にブヒりたい(笑)というのがあります(最悪だwww)。
ぶっちゃけ、若いおにゃのこのエキスを味わいたいのが本音だ(最低だwww)。

つか、衣吹たん以外の娘って正直よくわからんしwww。
何気に今回のイベントで、彼女たちの素顔を見てみたいというのもあったりしますw。

そんな思いで参加した今回のイベントですが、結構な人数が集まっているとは言え、実は空席が出ている状況で、思ったより人が集まらなかったようです^^;。

私からしてみれば、木戸ちゃんというエースがいる作品でソレはナイワーって思いますが、やはり関西での知名度は低く、どんなアニメなのかさえ知らない人が沢山いたのでしょう^^;。
抽選には当たったけど、どんなアニメか知らないし参加しなくてもいっか(笑)みたいな軽いノリで参加を取り止めた人も多かったのではないかと存じます^^;。

後ほど詳しく述べますが、まさに食わず嫌いみたいなものですねw。
参加してみないとわからない事だってあるのに^^;。
コレが予想を裏切る面白さだったんだよね( ̄ー ̄)ニヤリッ。

それで、空席を埋める為に、イベントに空きがある事を告知し、急遽人を集めて抽選を行う事になりました^^;。
まさか、そこまで人が集まらなかったとは・・・。
帰宅部活動記録」のファンの私にとっては少し悲しい一幕でしたTT。
いや、どんな形にせよ、今回イベントに参加する事でアニメの存在を知り、興味を持って貰えたなら有意義な時間だったと言えるのではないでしょうかw。
実際、イベントに参加してとても楽しかったし、これまでアニメを知らなかった人も存分に楽しめたと思っていますw。

それに、参加した中には「帰宅部活動記録」のキャラプリントTシャツ(笑)を着ている人もいて、私なんかより遥かに気合が入っていましたwww。
ってか、ソレって主要キャラの一人である大萩牡丹たんのキャラプリントの入ったSKB(精神的に向上心のない奴は馬鹿だ)(笑)の謳い文句の入ったTシャツなんだけど、見ていて無性に欲しくなったジャマイカwww。
どこに行けばソレ手に入るんだ(ダマレwww)。
私の買ったシャツにはキャラプリント入ってないし^^;。

そんなこんなで、所々空席はあるものの一応客席が埋まり無事イベントが開始される運びとなりましたw。
ちなみに私の席順は一桁台で最前列(それもど真ん中)に座る事も出来たのだけど、シャイ(笑)な私は敢えて最前列に座らず2列目の真ん中に控えめに腰掛けましたとさ(だめぽw)。
このチキン野郎が(ソコまで言うかwww)。
だって、一番前だと衣吹たんと目が合ってしまいそうで恥ずかしかったんだもん(キモッwww)。

その後、スクリーンに怪しい仮面を被った道明寺桜たんが映し出され、「お前達はこのイベントが終わるまで一歩も外に出ることは出来ない」という不吉なセリフが辺りに響き渡りました^^;。

この演出は実際にアニメ見ていないとわからないネタなので、殆どの人はイミフだった事でしょうw。
但し、ただならぬ雰囲気であったことは間違いありませんw。
何かを期待させるそんな演出だったと思いますw。

つか、ソレ当たり前ジャンwww。
何気に会場から笑いが起きていましたw。
コレでツカミはオーケーなはずw。

そんな会場が笑いに包まれている中、帰宅部活動記録のメインテーマが流れ、主要キャストの6名が姿を現しましたw。
どの娘も初舞台と言った感じで初々しくて可愛いおwww。
一人明らかにお姉さん的存在が混じっていたけど( ̄ー ̄)ニヤリッ。

この娘があざらしの声優たんだったのかw。
あの可愛らしい声をこの娘が演じていたのかw。
ひょっとしてこの中で最年長というか、大人ジャンwww。

木戸ちゃんがちっちゃくてお人形さんみたいでカワユス(*´д`*)ハァハァ(最悪だwww)。
この娘こんなにちっちゃかったのかw。
コレはもうお持ち帰りするしかないジャマイカ(最低だwww)。

いや、明らかに他の娘より幼く見えるのに、この娘が皆を引っ張っているのが信じられん^^;。
ほんと大した娘だよw。

実際、他の娘がトークショーが始まってから「噛みまみた(笑)」を連発していたのに対し、衣吹たんは司会進行役として各コーナーを立派に務め上げていマスタw。
時折、コーナーの時間を超過して周りに気付かされる事もあったけどねw。
段取りがズレて焦っていた所なんかは年相応らしさが出ていて、彼女の素顔を垣間見れた希ガスwww。

トークショーの大体の流れは、声優さんによる各キャラの紹介から始まり、ちょっとしたミニコント(笑)や、観客参加型のゲームに、帰宅部メンバーによる生歌ライブ等バラエティに富んだものでしたw。
事ある毎に観客を笑わそうとして、何だか芸人を目指しているグループに思えてきたのは内緒w。
この娘たちは一体どこに行こうとしてるんだwww。
まあ、帰宅部のアニメ自体がネタそのものですがw。

彼女たちにとって、6人揃ってのイベントは今回が初めてという事だそうですw。
その為か、彼女たちはガチガチに緊張していて、言葉に詰まったりする場面や噛んだりする事がしばしばありました^^;。
彼女たちの狼狽する姿やドジっ娘ぶりを見ているとまさにアニメキャラそのもので、思わず感情移入してしまったおwww。
一つ一つの仕草がみんな可愛すぐるwww。
決して演技では出せない、素の彼女たちの初々しさがそこにはありましたw。

そんな彼女たちを見て、観客が励ましたりエールを送るといった微笑ましくも暖かな一幕も見られました^^。
みんなで暖かく見守ろうという気持ちで会場が包まれていましたw。

そんな中、観客参加型のゲームが行われ、会場は大いに盛り上がりましたw。
実はこのゲームは「帰宅部活動記録 第7話」に登場したもので、アニメ始まって以来の神回(笑)と呼ばれたとある遊びから来ていますw。
正直、この回は凄かったですwww。
アニメ放映の半分以上の時間を使ってこのネタだけで話を繋げましたからね( ̄ー ̄)ニヤリッw。
まさかアレだけでここまで盛り上がるとは思ってなかったおwww。

その遊びとはズバリ「シリトリ」です(えー)(笑)。
いや、只の「シリトリ」ならどこにでもある遊びなのですが、この場合は事情がかなり異なりますw。

コレもアニメの一幕からのもので、どういったものか理解していない人が大半だった為、まずはそのルール説明から行う事になりましたw。

尚、このシリトリは、観客の中でも100番までの席に座っている人のみに参加権利が与えられ、各座席にゲームのルールが書かれた紙と一枚のカードとペンが置いてありましたw。
尚、前列にいる私も勿論参加権利があります(`・ω・´)キリッ(笑)。

声優さんたち曰く、参加者が多すぎると時間が足りなくなるし、少なすぎると終わらなくなる可能性があるので、人数を絞ったとの事ですw。
まあ、イベント時間には限りがありますからね^^;。

その紙とカードとペンがこちらになりますw。
どうせなら、どこにでもあるサインペンじゃなくて、「帰宅部活動記録」の特製ペンとかにして記念に持ち帰りたかったのにorz。
何の変哲もないそこらへんにあるモノでしたw。


観客参加型とは面白い事考えるジャマイカw
帰宅部のロゴ入り特製ペンとかなら喜んで持って帰ったのにw



正直、あの回を見るまではシリトリがこんなに奥が深いものだとは思いませんでした^^;。

ルールを簡単に説明すると、「ダミーカード」というものを用意し、そこにタブーワードを書き込むことでそのワードを言った人の負けになるというものです。
このタブーワードが本来の「ん」と同様の扱いになりますw。
皆さんも機会があれば一度やってみてはw。
結構嵌ると思いますよw。

アニメだと○攻め※とか□攻め※とか特定の言葉で終わるように返して、相手を苦しめる事でストックを減らしてタブーワードを言わせようとする手口も見られましたw。

※何が入るかはアニメを見ればわかるよw

道明寺桜たんのワードストックの多さとその驚異的な記憶力に吹いた回でしたwww。
それに応じた安藤夏希たんも凄すぎなんだけどねwww。
まさかシリトリがこんなに怖いゲームだったとわwwwww。

コレ以上はネタバレなので後は各自で確認してみてね(えーw)。


このダミーカードに、選ばれた100名の観客がタブーワードを書き込み、出演者が引っ掛かりそうなワードをタブーワードとして設定しますw。
その状態で出演者がシリトリを行い、自分の書いたタブーカードに引っ掛かった場合その人の勝利となりますw。
更にNGワードを踏んだ出演者には罰ゲームが用意されているという事で、一気に会場がヒートアップしマスタwww。
コレは色々期待せざるを得ない(・∀・)ニヤニヤwww。

ルール説明の後、ダミーカードにタブーワードを書き込んだのを確認して、ゲームがスタートしましたw。
始めは引っ掛かるまいと言葉を選んでシリトリを行っていたキャスト陣でしたが、ゲームが進むにつれて選べるワードが少なくなり、ついにNGワードに引っ掛かり罰ゲームを行う事になりましたw。

罰ゲームの内容は様々で一発芸(笑)を披露したり、モノマネをする娘もいて会場が笑いの渦に包まれましたwww。
つか、この娘らマジで芸人予備軍(笑)カヨw。
ノリ良すぎwww。
大いに楽しませて頂きました^^。

その後もシリトリは続き、3回ほど出演者が引っ掛かった所でゲームはお開きとなりましたw。
見事タブーワードを当てた人には、出演者のサイン入り「帰宅部活動記録クリアファイル」が進呈されましたw。
私はタブーワードを当てられなかったけど、当てた人は皆一様に喜んでいましたw。
私もサイン入りクリアファイル欲しかったぞwww。


ゲームが終わった後は、出演者による「帰宅部活動記録」のOP曲とED曲の生歌ライブが行われ、短くも内容の充実したイベントが終了しましたw。

その際、主に最前列にいた連中が、サイリュウム振りかざしてヲタ芸披露しててワロタwww。
しかも、そいつらみんなSKB Tシャツ着てて気合入りすぎwwwww。

熱狂的な帰宅部ファンと言うか木戸ちゃんファンでしょ、お前らwwwww。
出演者が歌ってる最中、ずっと衣吹ちゃんって叫んでたしwww。
お前らひたすらキモかったぞ(ダマレwww)。
衣吹ちゃんは俺の嫁(笑)に決まってるジャマイカ、異論は認める(認めるノカwww)。

ヨシ、次からは私も買ったばかりのSKB Tシャツ着て衣吹たん応援するか(いいから氏ねwww)。


ほんと、一時は人が集まらずどうなることかと思ったけど、こうして無事にイベントが終わってほっとしていますw。
何より出演者もお客さんが来なかったらどうしようって不安に思っていたらしく、思わず本音をこぼしていました^^;。
敢えて何を言っていたのかまでは述べませんが、その言葉には彼女たちの素直な気持ちが表れていましたw。
新人らしい控えめさと僅かながらの願望が入り混じったそんな言葉でした^^;。

その言葉を聞いて彼女たちを今後も応援したくなりましたし、その頑張りを見守っていきたいと思いますw。

新人らしい初々しく微笑ましいイベントでした^^。
楽しく愉快な時間を有難うございますw。
参加した人みんな一様に満足してましたよ♪。

これからも「帰宅部活動記録」を応援していきますねw。
つか、毎週見て笑い転げてますがwwwww。
コレが関西で放映されないのは残念すぎるorz。
声優たんの腕も毎回上がってきてるだけに><。


さて、本日のイベントはこれで終わりではありませんw。

次に私が参加したイベントはオープンステージイベント、「犬とハサミは使いよう」presentsアニソンステージ in 京まふ 秋月マキシ(芹澤 優) & i☆Ris スペシャルライブで、コチラは先ほどの抽選制とは違い、フェア入場券を持ってさえいれば、誰でも入場可能なオープンなものとなっていますw。

但し、誰でも入場可能な分、席は完全に早い者勝ちな為、座って観覧する為には少しでも早く行って座席の確保をする必要があります^^;。

にも関わらず、私はオープンステージ観覧方法を理解しておらず、どこにステージがあるのかもわからず、会場内を彷徨っていました(ヲィwww)。
いや、案内を見ながら探したんだけど、わかりにくすぎでしょアレ><。

そして、ようやくオープンステージの入場方法がわかった時には既に席は埋まり、立ち見も人でごった返している状態でしたorz。

私が辿り着いた時には立ち見もあらかた埋まっており、結果としてかなり奥からイベントを観覧する事になりました^^;。
何という人気ぶりwww。
シャイニー☆たん恐るべしwwwww。

そのような中、マキシたんのコスプレ姿に扮した芹澤 優たんと司会の方が姿を現し、イベントが開始されましたw。
かなり奥の方からの観覧になりましたが、幸いにも優たんの姿がよく見え、そのあまりの可愛さに心の中でブヒり捲くっていマスタ(最悪だwww)。
特にノースリーブから覗く腋が綺麗で、優たんが手を上げる度そこばかり見ていマスタ(コノ変態ガwww)。
特に歌っている時なんて丸見えで辛抱溜まらんかったぞ(*´д`*)ハァハァ(氏ねwww)。

いや、私だけじゃなくみんな共犯DA(尚悪いわwww)。
まさに、気分はマキシたんの黒服(笑)デスwww。

犬ハサ」のオープンイベントという事で、イベント前半はマキシたん尽くしでコレなんて俺得展開www、後半は優たんが所属するアイドルユニット「i☆Ris」によるスペシャルライブと盛り沢山の内容でしたw。

i☆Ris OFFICIAL WEB SITE

それで、まずはスクリーンにマキシたんが映し出され、彼女の紹介をする所から始まりマスタw。
その後、司会者の進行によってイベントが進められ、優たんが選んだマキシたんのイチオシシーンがスクリーンに紹介されましたw。

彼女曰く、マキシたんの口癖「わたし輝いている!(笑)」なシーンを抜粋したとの事ですw。
つか、彼女の登場シーン少なすぎて探すほどの場面もないのですがっwww。
何気に今週(第11話)は活躍したとかしなかったとか^^;。
マキシたんの今後は如何にw。
いや、来週最終回なのですが(ちょw)。
これ以上はネタバレなので自重しまw。

しかも、最後に映し出されたマキシたんは温泉でのバスタオル一枚のシーンで、その瞬間会場がどよめき、「おおー!」と野太い声が辺りにこだましましたwwwww。
まったく、よくわかってるジャマイカ( ̄ー ̄)ニヤリッw。
尚、司会者の方が選んだそうデスw。

優たんが恥ずかしそうにしている姿を見て、してやったりの表情を浮かべていましたwww。

この司会者侮れん(ダマレカスwww)。


その後、優たんの生歌ライブが始まると、前列にいたキモヲタ(笑)のみならず立ち見している連中までサイリュウムを取り出し、キモいヲタ芸(笑)を始めて何やら叫び始めましたwwwww。

ゆうちゃんコールが野太い怒号となって辺りに反響していマスタwww。

まったくお前らサイコーだぜwwwww。

何気におにゃのこの参加者も結構いたんだけど、皆一様にキモヲタどもの行動にマジ引いてマスタ(ざまぁwww)。
あれは端から見てるとマジキモスwww。

そんな中、優たんはそんな場を盛り上げてくれるキモヲタ(笑)どもに感化され、ますますノリノリになってとても楽しそうに歌っていマスタw。

まったく、容姿は可愛いわ、その萌え声にブヒり捲くりだわ、歌は上手いわとどれだけの才能を持ってるんディスカー優たんはwwwww。

その天賦の才がウラヤマシスwwwww。

それでも彼女は自身のブログで、自分は歌もダンスもまだまだでもっともっと努力しなきゃって書いてるから、どれだけ謙虚な娘なんだwww。

ヨシ、この娘は私の嫁にしよう(ヤメレwww)。

あと、何気に最近まで気付かなかったけど、この娘はアニメ「ムシブギョー」にも出てたんだねw。
それもメインキャストだしwww。
一之谷天間たん役だったのか^^;。
ってロリショタキターwww。

全然チェックしてなかったわ(ヲィw)。
いや、だって普段の優たんの声と全然違うし(ダマレw)。
「全力つっぱりー!!」はこの娘の声だったのかw。
ショタ声も出来るジャンwww。

なるほど、その関係でi☆Risが前エンディング曲を歌っていたのか^^;。

今回のイベントでもi☆RisがムシブギョーのED歌ってたしねw。

そんなわけで、優ちゃんのマキシたん尽くし(笑)という至福の時(笑)を過ごした後、後半は彼女が所属するアイドルユニット「i☆Ris」を迎えてのスペシャルライブという事になりましたw。

一旦彼女はステージから去り、各メンバーが登場した後、各自の自己紹介が始まり、その後生歌ライブへと突入しましたw。

ちなみに彼女たちの自己紹介中に優たんが早着替え(笑)で「i☆Ris」に合流し、今度はアイドルグループの一員として参加する事になりましたw。
i☆Risの一員としての彼女のコスもカワユス(*´д`*)ハァハァ(今すぐ氏ねwww)。

わたしは「i☆Ris」自体全然意識してなくて、ムシブギョーの前EDを歌っていたなんて知らなかったし、優たんがそのメンバーの一員だった事もまるで知りませんでした(ダメじゃんw)。
なんせ一之谷天間たんの声を充てている事さえ知らなかったしorz。

でも、実際の彼女たちの曲を聞いていると、幾つか聞いたことのあるものがあり、この曲って彼女たちが歌っていたのかと改めて気付かされましたw。

そんな中、彼女たちをよく知ってるキモヲタども(笑)は例によってサイリュウムとヲタ芸で武装し、なにやら奇声を上げながら怪しい儀式(笑)に勤しんでいたとかいなかったとか(マテwww)。

まったく、お前らのキモさはサイコーだぜwwwww。

とりま、心行くまでシャイニー☆たんの生ライブが堪能出来たので余は満足じゃ(ダマレゴミwww)。
あとは、嫁にするだけDA(早くタイホされろwww)。


そんなこんなで、企業ブースや物販には苦しめられましたが、ステイベでは楽しい思い出が沢山出来てとても楽しかったです^^。

明日もイベント盛り沢山で、優ちゃん参加のトークショーがあってまた会えるジャマイカ( ̄ー ̄)ニヤリッw。
朝から「ファンタジスタドール」ステージでいきなり萌え尽きそう(そのまま灰にナレwww)。


いや~、若い娘のエキスはいいものダ(*´¬`*) ジュルリ (変態だーwww)。
コレであと10年は生きられる(マテイwww)。
関連記事

スポンサーリンク


 京まふ2013活動記録w

0 Comments

Leave a comment