Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


28
2013  20:16:01

元ネットワークエンジニアが薦めるITエンジニア向け入門書

本日は、これからIT業界で働こうと考えておられる方に向けて、情報処理技術をわかりやすく解説している入門書をご紹介致します。

これからIT業界で働く人のための 情報処理技術の基本

本書が対象としているのは、IT業界に興味はあるけど、具体的にどういうことをするのかわからないといった方です。

IT業界は初めてという方にもわかりやすく解説してくれていますw
information_technology_basic_book.jpg

これから情報処理について学ぼうとされている方や、IT企業に入社したものの具体的な技術について理解できていない方、あるいは情報処理技術者資格に興味はあるけれど、どのような勉強をすればいいのかわからない方にとって、本書はこれから進むべき道を指し示してくれるものとなるでしょう。

本書では、情報処理技術者に必要となる知識や技術を初学者にもわかるように、専門用語を極力廃し、平易な表現や図を盛り込むことでわかりやすく解説しています。

具体的には情報処理技術としての分野を「ハードウェア」、「プログラム」、「OS」、「データベース」、「ネットワーク」、「2進数、論理演算(アルゴリズム)」の6分野に分けてやさしく説明しています。

更に「プログラム分野」では実際に簡単なプログラムを作成し、その挙動を確認することでプログラム作成体験が出来るようになっています。
本書のみで簡単なプログラムの仕組みや構成が理解出来るようになっています。

また、「データベース分野」でも実際に簡単なデータベースを構築して、どのようにデータベースが機能しているのか理解出来るようになっています。

このように、全くIT知識のない方でも丁寧な解説で楽しく学習することができます。
本書で情報処理技術の基本を学んで、仕事に資格に技術向上に活かしてみては如何でしょうか。

尚、私も本書を一通り読ませて頂きましたが、実際に手を動かして理解する過程は、ただ読むだけに比べて格段に理解しやすいですし、何より動作を確認しながら学習出来るので楽しいです♪

ベテランの技術者の方でも本書で基本的な考え方を復習してみては如何でしょうか。
意外に盲点になっている事があったりするものですw。
そのような気付きって大切ではないでしょうか。

いつ始めるのw。

今でしょ(いい加減うぜぇwww)。

これからIT業界で働く人のための 情報処理技術の基本
矢沢 久雄
日本実業出版社
売り上げランキング: 189,839

たった1日で即戦力になるExcelの教科書
吉田 拳
技術評論社
売り上げランキング: 293


ネットワーク超入門講座 第3版
三上 信男
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 5,179

現場のプロが教える!ネットワーク運用管理の教科書
マイナビ出版 (2015-12-25)
売り上げランキング: 7,537


関連記事

スポンサーリンク


 資格取得に役立つ書籍

0 Comments

Leave a comment