Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


 スポンサー広告

09
2017  22:13:52

元ネットワークエンジニアの岩上先生の「超超直前京都検定1級対策講座(~京都検定合格の心得~)」で出題ポイントをコレデモカ(笑)と詰め込んでキマシたwwwww、全然勉強出来てないけど、岩上先生を信じて最後まで突き進むのみwwwwww

京都検定1級合格の心得kyotokentei-1grade-chokuzen-taisakukouza.jpg

第14回京都検定の受験を明日に控える追い込みモード全開の中、試験前日に行われた我らが岩上先生による「超超直前京都検定1級対策講座~京都検定の心得~」を受講してまいりましたwwwww。



本当は、試験直前ということで、少しでも有益な情報を皆様にお届けしたいのですが、今回は満足に時間が取れなかったため、講義風景をサクっと紹介する程度に留めておきます(えーw)。

出来ればもっと余裕があればよかったのですが、如何せん、忙しすぎてわたし自身の学習も全然捗っていない状況です(ガーソorz)。

いつの日かじっくりと京都について語りたいとは思っているんだけどね(イツダwwwww)。

受験一日前に超超直前講座(笑)で出題ポイントを徹底的に叩き込む!?


今回は前回よりも小さな会場での講義だったため、自ずと少人数となり、いつも以上に岩上先生の声がよく通っていたので、大変聞き取りやすく、試験一日前というこの直前の時間を大変有意義に使うことができました(ぉ。

「超超直前講座~京都検定合格の心得~」が行われた京都新聞文化センターの正面玄関側です
kyotokentei-1grade-chokuzen-taisakukouza2.jpg
実際の講座は京都新聞文化センター南館にて行われたので、場所は少し離れていたりします(ぇ



さすがに試験を明日に控えているだけあって、本講座を受講されている皆さん、完全フルスロットルな本気モード全開で、岩上先生のお話を一瞬たりとも聞き逃すまいと、必死に聞き耳を立て、その語られる内容を頭に入れようとされておられました(ぇ。

まさに鬼気迫る(笑)と言った様相を呈していたとかいなかったとか(ヲィw)。

ご多聞に漏れず、わたしも試験を明日に控え、この超超直前講座で語られる内容は全て重要と捉え、岩上先生のお話を一言一句聞き逃すまいと聞き耳を立てると同時に、ノートにペンを走らせ、即座に内容を纏めていきました。

出題ポイントを厳選したオリジナルテキストを使って密度の濃い講義が行われました(ニヤw)
kyotokentei-1grade-chokuzen-taisakukouza3.jpg
岩上先生の講義内容は本当に素晴らしいです^^

むしろ、もう復習することを考えるよりも、先生が話されている今この瞬間に頭に叩き込もうと、内容を理解すると同時に、その文言の漢字を思い浮かべ、実際に書く事が出来るか試していました(ぇ。

そして、岩上先生の講義を通して、これまで曲がりなりにも学習してきた事をどれだけ理解出来ているか、また実際に書く事ができるかを一つ一つ試していきました(ぇ。

もっとも、当の岩上先生は時間内に出来うる限りの情報を伝えようと、かなりの速度で話されていましたが、時折、ジョークを交えて場の笑いを取る余裕も見せており、程よい緊張感を保ちつつも楽しい講義を心掛けておられました(ぉ。

さすがは我らが岩上先生、人を惹きつけて離さない、その話し口調は見事なものです(ニヤw)。
超高速(笑)な講義を展開しているにも関わらず、しっかりと理解出来るように話されているのはさすがですwww。

そのおかげで私たち受講生も、適度に息抜きしながら、楽しく講義を受講することができたと思いますw。

京都検定1級攻略のポイントとなる事項を丁寧に解説!?


そして、例によって、超速(笑)で話しながらも、時折、私たちに質問を投げ掛けるスタイルは健在で、ポイントとなる文言を私たちに問い掛ける事で、まさに試験で問われるであろう箇所を丁寧に解説されていました(ぉ。

その際、岩上先生は公式テキストには書かれていない、いわばスパイス的な内容を補足して説明してくださるので、本当に勉強になります^^。

本当に、岩上先生の知識の幅の広さにはいつも驚かされます。

勿論、わたしはその場で理解しようと、先生の話されることを頭をフル回転(笑)させて頭に叩き込みました(ぇ)。
きっと試験が終わるくらいまでは記憶が持つと信じたい(ちょwww)。

また、私たちもコレまで学習してきたことの集大成とばかりに、岩上先生の問い掛けに答えていきました(ぉ。

もっとも、中には超難問の部類も含まれていて、答えに窮する場面も幾度か見られましたけどね^^;。

1級受験予定の猛者(笑)の集う中、誰も答えられない問題も結構ありました^^;。
やっぱ京都検定1級の奥の深さは半端じゃないですね><。

それ以外は、皆さん、さすがに1級受験者として学習を積んでこられただけあって、ほぼ即答で、明日の受験に備えてその実力を遺憾なく発揮されておられました(ぉ。

そして、わたしも何時の間にかそんな彼らと対等に渡り合えるようになっていました(ぇ。
まだまだ未熟ではありますけどね^^;。

岩上先生のおかげで京都検定1級の内容が理解出来るようになりましたw


確かに、まだまだ学習は足りているとは言い難いですが、ソレでもかなりの確率でわたしも岩上先生が出題される問題に答えられるようになっていました(ぉ。

中々の難問揃いで、どの問題も非常に解き甲斐があり、自身の実力を測るのに持って来いだと考えております(ぇ。

もっとも、わたしは歴史関係は得意なのですが、寺社はそれほど得意ではなく、特に茶室や石や手水鉢、それに燈籠なんかはすぐにごっちゃになってしまって覚えられないので、ほんと悩みの種です^^;。

何気に過去に出題された問題見ていると、このようなところが割と出題されているので、出来れば得意分野にしておきたいんだけどね(ぁ。

@はお寺の宗派や本尊もどれがどれやら確証を持って答えられません><。
何せ、自身で拝観したお寺の事もかなり忘れてしまってますからね><。

我ながら最近の物忘れのヒドさは特筆すべきものがあります><。

そして、開山など言うに及ばず、それぞれの寺の山号もかなり曖昧な状態です(ガーソorz)。

もっとヒドイのは絵画や仏像や美術品で、どの寺に何があるのか殆ど理解出来ていません(だめぽwwwww)。

ってか、京都の文化や伝統産業とかもかなり曖昧で、何となく答えが導ける程度の知識しかないため、細かい事を聞かれると間違いなくアウトです><。

ソレでもある程度の水準であれば、即座に答えられるくらいにはなったので、我ながらかなり成長の跡が見られると思っています(イイカラダマレwwwww)。

マジ、重箱の隅を突くような問題は勘弁です><。

それ以外なら、漢字さえ書ければ何とかなるレベルくらいまでには来ていると考えております(ぉ

スポンサーリンク




京都検定1級は全て書き問題なので曖昧な知識では通用しない!?


何せ京都検定1級は、2級や3級と違って全て答えを記述しないといけませんから、生半可な知識では到底歯が立たないわけです(ガーソorz)。

漢字も間違えた時点で、その問題の得点はなくなりますからね><。
一応、ひらがなやカタカナでも書いておけば加点される可能性もありますが、あくまで可能性であり確証はありません^^;。

その事は岩上先生も仰っておられました^^;。
しかし、加点の可能性がある以上、分からない漢字を無理に書くよりは、ひらがなやカナで書いた方がまだ救いがあると言うわけです^^;。

漢字は間違えたらソレまでですからね><。
曖昧な知識で漢字を書くよりはマシというわけです^^;。

ほんと、少しでも自身が知っている事が出題される事を祈るのみです><。

それで本当に京都検定1級の学習をしたのかと問われれば甚だ疑問ではありますが、ある程度の内容なら、何とか絞り出せるくらいにはなったと思います^^;。

まだまだ京都検定1級合格レベルには達していない!?


まあ、まだまだ合格レベルにあるとはとても言い難いですが、それでも岩上先生の話される内容を理解出来るほどにはなったと考えております(ダマレクズwwwww)。

本当に、こんなに短期間で京都検定1級の難問に答えられるようになったのは、岩上先生の素晴らしい講義あっての事だと考えております。

一人では効率の良い学習を見出すことはかなり困難でしょうし、また見当違いな学習に終始してしまう可能性もあります><。

その意味で、正しい方向への学習に導いてくださった岩上先生に心より感謝申し上げます^^。
岩上先生には京都検定3級及び2級の受験時よりお世話になっておりますが、最初にしっかりと学習方法を学ぶことが出来たおかげで、今の私があると思っております(ぇ。

コレからも是非岩上先生を信じて着いていきたいと考えております(ぉ。

さすがに、今回が初挑戦ということもあり、最難関の京都検定1級に容易に合格出来るとは考えておりませんが、ソレでも合格点に少しでも肉迫出来ればと考えております^^;。

そして、後学のためにその経験を次に繋げていきたいと考えておりますw。

勿論、合格出来ればそれに越した事はありませんが、世の中、そう甘くはないと思います><。

デモ、岩上先生の出題ポイントの予想が的中すればもしかするともしかするカモwwwww。

あわよくば受かりたいヨネ、やっぱ(ダマレゴミwwwww)。

京都検定1級の過去12回分の過去問制覇はならず><


言い訳がましいですが、結局、京都検定1級の過去12回の過去問を全て解く時間を確保することは出来ませんでした><。
辛うじて過去9年分を解くことが出来た状態です^^;。

まあ、過去9年分解くことが出来ただけでもヨシとするかな^^;。
一応、問題解いた後もしっかりと復習しているからねw。

先の記事でも書いた通り、数年ぶりにIT業界に戻ったのですが、戻って早々、凄まじい忙しさで、殆ど自宅に帰って学習する時間を取れなくなってしまいました><。



やはり、IT業界の忙しさは今も昔も変わらずというわけですね^^;。

日進月歩で様々な技術が生み出されてきているというのに、肝心の人の負担は減るどころか益々増えている気さえします><。

仕方がないので、通勤時や職場の昼休みなどを利用して学習していたのですが、朝の通勤ラッシュ時の満員電車の中で学習するのは困難を極め、結局、殆ど理解出来ないまま、今日に至ってしまいました(ガーソorz)。

ほぼ間違いなく座れないので、押し寄せる人波に耐えながらテキストを開くのはマジキツイっす(ダマレカスwwwww)。

そんなこんなで、あれよあれよという間に日が過ぎてしまい、気がつけば受験前日を迎えていたというわけです^^;。

よって、満足に勉強する時間を確保出来ておらず、各分野の知識がかなり曖昧な状態となっております^^;。
更に漢字の勉強も足りておらず、未だに書けない漢字が沢山あります><。

このように試験前日にして、不安要素だらけですが、最後まで岩上先生の教えを信じて、只管邁進していこうと考えております(ニヤw)。

今回京都検定1級を受験される皆さん、是非最後まで諦めず、出題される問題と真摯に向き合って、少しでも多くの答えを導き出せるよう尽力していこうではありませんか><。

わたしも最後まで諦めず、一つでも多くの事を覚え、京都検定1級に臨む所存ですwww。

それでは、共に京都検定1級に挑んでまいりましょうwwwww。

京都検定対策書籍はこちらがおすすめ♪

↓ ↓ ↓

京都検定対策書籍はこちら


関連記事

スポンサーリンク


 京都検定

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。