Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


 スポンサー広告

29
2017  18:55:58

元ネットワークエンジニアの京都検定1級に合格出来るビジョンがまったくといって見えないorz

京都検定1級学習編2kyotokentei-grade1-vision-invisible.jpg

先日の「京都検定試験対策講習会(1級)」を受けて、かなり無謀な挑戦ではあるものの、ダメ元で一度京都検定1級を受験したいという思いが強くなり、現在、京都検定1級の受験に向けて只管学習を行っております^^;。



もっとも、「京都検定試験対策講習会(1級)」で、漢字や小論文問題の攻略方法は掴めたので、その意味ではまだ救いはあるんだけどね(ぇ。



超ハイレベルな内容でしたが、ソレナリに収穫もありました(ニヤw)。

本日2017年10月29日の時点で、「第14回京都・観光文化検定試験(京都検定)」まで残り1ヶ月弱ほどとなっておりますが、刻一刻と受験が近づく中、何とか京都検定1級を攻略しようと躍起になっていたりします><。

しかし、時間を見つけては京都検定1級の難解な問題に挑んでいるものの、一向に実力が身に付かず、某ネスペ同様、こちらも合格は到底叶わないのではと思い至るようになりました><。



我ながら無謀な挑戦をしてしまったと思っておりますが、だからといって、この超難関試験を諦める気は更々ありません><。
ただ、学習態度に問題はあったと考えております><。

その点は今後改善を図っていかなければならないと考えております^^;。

京都検定1級受験に取り組む姿勢が全てにおいて甘すぎたorz


何だか、最近の俺って全てにおいて中途半端になっている希ガス(ガーソorz)。
このままではいけないのに、一向に打開策が見つからん><。

やはり、一つ一つの事項をしっかりと抑えるという基本的な学習が出来ていないのかもしれない><。
何か背伸びしたような学習ばかりしているから、どこか的外れな結果になっている希ガスorz。

記憶力の衰えは如何ともし難いものがありますが、ソレでも、この超難関試験を攻略するためには、ソレは絶対に乗り越えなければならない壁なので、今一度、効率よく記憶する方法を研究及び実践していきたいと考えております><。

昔みたいに、只管紙に書いて覚えるという方法では、殆ど頭に入らなくなってしまった・・・。

以前は、その方法で大抵の試験はクリアしてきたのだけどね^^;。
特に漢字なんて殆どソレで頭に入れていたんだけどね^^;。

ほんと、我ながら何とかなるだろうと楽観的に考えすぎた><。
もう、そんな甘い考えが通用するような年齢じゃないのカモ(ガーソorz)。

マジ悲しいくらい覚えられなくなってしまったorz。

たとえ、ノートを作ったとしても、ただ眺めているばかりでは殆ど頭に入らない有様です^^;。
歳のせいにしたくはないけれど、コレってやっぱり記憶力の減退なのだろうか・・・。

何か覚えるための工夫を考えないとダメなのかもしれない^^;。

ほんと、気ばかり焦って何も成し得ていない自分がもどかしい><。

今一度、学習スケジュールを全てにおいて見直す必要があるのかもしれない・・・。

そのように考えれば、今のこの京都検定1級という高くそびえ立つ壁を乗り越えられそうにないのも納得が出来るかも^^;。

京都検定1級はダメ元で後学のために受ける!?


そのため、当初とは少し考えを変えて、京都検定1級の棄権という敵前逃亡(笑)までは行わないにしても、今の実力では到底受験日までに合格ラインである120点/150点(8割)を獲得する実力は養えないと見ております^^;。

せめて、後学のために今年受験して、試験の雰囲気や時間配分を肌で感じる経験を積むという方向にシフトチェンジする心積もりでいます^^;。

言ってしまえば、ズバリ「記念受験」で見事玉砕(笑)してきますというわけです(ちょwww)。
多分ですが、150点満点中30点も取れないかもしれない(ちょwww)。
マジで、そのレベル半端じゃありませんから><。

そのレベル感的には、京都検定1級は2級の500倍以上だと思われ(マジカwwwww)。
ってか、なぜソレだけ開きがあるのに、準1級を設けないのだろうか^^;。

とりま、その経験がきっと来年以降に活かせるはず・・・。
記念受験でも受験する事には変わりないし、まあ後学に活かせればそれでいいんじゃないカナ(ぇ。

もっとも、情報処理技術者試験の兼ね合いで、来年以降の京都検定1級への挑戦は先送りにする可能性大ですけどね(えーw)。

やはり、これだけ難しい試験(平均合格率3%)に、情報処理技術者試験の学習も兼ねて挑戦するというのは、あまりに無謀すきたのかもしれない・・・。

スポンサーリンク




京都検定1級に合格するビジョンがまったくと言っていい程見えないorz


先に述べた通り、情報処理技術者試験であるネスペ試験でもまったくといっていい程歯が立たず、今度はこの京都検定1級の受験における手応えもまったくと言っていい程感じる事が出来ていない有様です(ガーソorz)。

ぶっちゃけ、京都検定1級に合格するビジョンがまったくといっていい程見えません><。

このままでは、文字通り「二兎を追うものは一兎をも得ず」な状態になる事は必至です><。

むしろ、今年のこの有様では、何の成果も残せずに終わってしまいそうですorz。

今更ながら、京都検定の学習か情報処理技術者試験の学習のいずれかに絞るべきだったと思っています><。

まさに「覆水盆に返らず」な心境です・・・。

京都検定1級にしても、ネスペ試験にしても、我ながら取り組み方が甘すぎたと今更ながら反省しております><。

改めて、自身が現在置かれている状況を見つめ直し、今一度学習計画を練り直したいと考えております><。

ひとまず、今年京都検定1級を受けてみて、現時点で合格するためにはどれくらい実力が足りないのかを見極めたいと存じます><。

その上で、来年以降何をどれくらい学ぶべきかを分析していこうと思います><。

取り敢えず、来年の京都検定1級の受験はほぼないと思われるので、只管京都詣でを続けて、知識と見識を深めようと考えております^^;。

今年初挑戦の京都検定1級は団体受験で受けます(ぇ


ぢつは、わたしは現在、京都検定及び京都好きな有志による自然発生的な集まりに参加しており、月に1回程度の割合で、その会合の会長さんが呼び掛けている各種イベントに参加させていただいたりしています(ぇ。

よって、必ずしも京都検定の受験を目的とした集団ではなく、京都の寺社・仏閣・建造物や文化施設を楽しもうという会になっております(ぉ。

もっとも、実際には会の活動を通じて京都検定の受験を思い立つ方も多く、その関係で、会にて団体受験を行っていたりもするわけです(ニヤw)。

それに団体受験すると、個人受験するより、受験料が一割ほどオトクになるので、ある程度会のイベントに参加して馴染んでおられる方なら、特に違和感なく受験出来ると思いますヨw。

そのため、わたしは当初京都検定1級の受験を躊躇していたものの、団体受験のお話をいただき、ダメ元で受けてみようと思い立ったわけです^^;。

これからも当会には大いにお世話になりたいと考えております^^;。

全体的に緩い集まりのため、結構羽目を外してしまう事があり、会の皆様にご迷惑を掛けている事も多々ありますが、コレからも生暖かい目で見守っていただければと存じます(ダマレカスwwwww)。

何気に、ソレナリに暗黙の規律があり、厳しい面もあるんだけどね^^;。

京都に親しみ、京都を楽しむ方のための会です(ぇ


その会では、京都の各種史跡や文化施設を訪れる事で、都度新鮮な情報を仕入れて、純粋に京都を楽しみたいと考えておられる方ばかりで、わたしにとって刺激となっており、日々勉強させていただいております(ぉ。

また、参加されている方の年齢層も様々で、それこそ若い方から初老の方まで万遍なく参加されているといった様相を呈しています。

わたしは彼らの中では、中年層ということで、やや高齢層に当たるのかもしれません(ぇ。

その甲斐あって、今年一年で様々な場所を訪れる事が出来、まだまだ未熟ではあるものの、かなり見識を広める事が出来たと思っております(ぉ。

もっとも、具体的な内容を問われると、たちまち答えに窮しますけどね(だめぽorz)。

まあ、京都検定1級を取得している方から見れば、ヲマエごときがナニを偉そうな事言ってるんだと叱咤されそうですけどね(ぁ。

そんな感じで、レベルの高い集団の中に参加することで、自らに磨きを掛けようとしているわけです(ぇ。

コレはもう京都検定のためというよりは、純粋に京都の事を深く知りたいという思いが強い気がします(ぁ。

勿論、京都検定1級の取得及びマイスターの称号はわたしの悲願ですけどね><。

コレからも京都に親しみ、京都を楽しみ、京都に深く通じていきたいと考えております(ぉ。

京都検定対策はこちらがおすすめ♪

↓ ↓ ↓

京都検定対策はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 京都検定

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。