Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


22
2017  21:38:11

元ネットワークエンジニアの日経NETWORK定期購読から二年が経過しました(ぉ

日経NETWORK定期購読から二年経過nikkei_network_teiki201504-201706.jpg

平成27年4月に「日経NETWORK」の定期購読を開始して、今年(平成29年)の4月で早2年が経過しました(ぉ。

もっとも既に2年と2ヶ月(平成29年6月)経過しているので、今更感が半端ないんだけどね(ちょwww)。

定期購読も2年となるとかなりのボリュームに!?


前回の記事でも述べた通り、本誌の一冊一冊は某同人誌みたく薄い本(笑)並の厚さなのですが、さすがに継続購読も2年ともなると、その積み重なった冊数もかなりのボリュームとなり、なかなか壮観なものがあります(ニヤw)。



それに、一冊一冊の内容は薄くとも、その中に詰め込まれている内容は決して陳腐なものではなく、日々の業務から資格試験の学習に活かせるものまで多岐に渡り、これら一つ一つの内容を着実に理解していく事で、相当な知識と技術を身に着ける事が可能となっております。

むしろ、未だに封を切られていないものもありますからね(ちょwww)。
だって、一冊一冊の内容が本当に深く、思わず同じ号を何度も読み返してしまうほどですからね(ぇ。
まさに、読めば読むほど味が出る、そんな作りになっているような希ガス(ニヤw)。

もっとも、本誌に掲載されている内容を全て抑える事は中々に困難なんだけどね^^;。

ネットワーク技術の奥の深さを実感!?


正直な所、これまで2年に渡って本誌を愛読してきましたが、その全てを網羅出来たとは到底言えない状況で、まだまだ自身の読み込みの甘さと、ネットワーク技術の奥の深さを実感しているところであります^^;。

それに、本誌の記事の質にも明らかに差異が見られ、初学者向きの内容と、玄人向けの内容とに明確に分かれており、その全てを万遍なく抑えるのは非常に骨が折れる作業と言えます^^;。

しかし、わたしがこれまで本誌に目を通す中で、日々の業務や資格試験の学習を行うにあたり、是非仕入れておきたい技術や知識を扱っているものとして、是非これだけはというものがありますので、後ほどそれらを幾つかピックアップして紹介させて頂きたいと考えております(ぇ。

基礎技術があってこその最新技術!?


また、ネットワークの学習というと、最新技術に目が行きがちで、知らず知らずのうちにトレンドの動向を追っている方も多いかと存じます^^;。

確かに、日進月歩で技術が移り変わる昨今では、最新の流行を追うことも大切な事だと思います。

しかし、流行を追うあまり、ネットワークのあるべき本質を見失い、上辺だけの知識で表層的な理解に留まっている方が多いのもまた事実ではないでしょうか(ぇ。

かくいうわたしもネットワークの業務に従事していた折には、最新のトレンドに目を向け、今の主流の技術は何なのかと常にアンテナを張り巡らせていたものです^^;。

そして、時代は物理ネットワークから仮想ネットワークひいてはクラウドネットワークへとその性質も技術体系も大きく変わりつつあります(ぉ。

しかし、その根底に流れる考え方は、今も昔もネットワークの本質からは大きく逸れてはいないことを忘れてはなりません^^;。
全ては基礎技術あってこその今の最新技術なのですw。

ネスペ試験も基礎知識を前提とした考え方が問われている!?


例のネスペ試験で、基礎知識を前提とした考え方が繰り返し問われているのも、この基礎知識が如何に大切なものであるかを物語っていると思います><。

但し基礎知識が問われているといっても、本質的にネットワークについて理解していなければ手も足も出ないんだけどね(ガーソorz)。
単純に基礎知識があれば良いってものではありませんので、悪しからず><。




決して今の技術が何の前触れもなく突然出来上がったわけではないのです^^;。

つまり、今があるのは、先人たちの築いてきた土壌があるからに他ならないわけです(ぉ。

スポンサーリンク




日経NETWORKは基礎知識を掘り下げた解説が特徴!?


この事から、過去の技術だからと基礎技術を軽視して、今の流行だけ追い求めても、本質的にネットワークを理解する事には繋がらないと言えます><。

本誌でも、その事実をしっかりと認識されており、毎号、基礎知識を掘り下げて確認出来るように充分に紙面を割いて解説されています(ぉ。

また、時折、基礎知識を踏まえた特集を展開されており、ネットワーク全般についての理解が深まる仕掛けも随所になされています(ニヤw)。

もっとも、基礎知識と言えども、しっかりと技術体系を読み解かなければ、真の意味でのネットワークの理解には繋がらない事でしょう><。
何気に技術体系そのものは難解なケースが多いですからね^^;。

日経NETWORKで取り上げられた内容を抜粋して紹介!?


そこで、これまで本誌で取り上げられてきたネットワークの基礎技術を中心に、ある程度抜粋したものを纏めた上で、紹介していきたいと考えております(ぇ。

本誌の解説も充分わかりやすく書かれているかとは思いますが、ある程度の知識を持った方を前提に記載されているため、初学者には少し厳しい内容も幾つか見受けられます^^;。

よって、もう少し内容を簡略化して、これらの内容を纏めることで、あまり細部には拘らず、要点のみに絞って展開していきたいと考えております(ぉ。

尚、基礎的とは言うものの、実際に業務を行う際には不可欠な技術である事が多く、これらの情報は非常に有益であると考えております。

例えば、ネットワーク機器に関する基礎的なコマンドや、サーバに関する技術など、大いに参考になる情報が本誌には盛り込まれています(ぉ。

また、ネットワーク関連のツールについても有益なものは積極的に取り上げていきたいと思います(ぉ。

さすがに全てを紹介するわけにはいきませんが、皆さんの参考になる情報をうまく抜粋して紹介していければと考えておりますw。

そしてあわよくば、皆さんのみならず、わたしにとってもネットワーク技術の備忘録代わりになればと考えております(ダマレカスwwwww)。

最新技術もある程度抑える必要あり!?


その上で、最新の傾向や技術体系にも触れていきたいと考えております。
基礎技術が大切であるとはいえ、やはり最新の技術もある程度理解しておかなければ、複雑化するネットワーク技術を読み解く事は出来ません><。

ただ、あくまで基礎技術を抑える事が最優先な事に変わりはありません(ぇ。
「基礎技術なくして最新技術なし」ですからね><。

基礎知識がなければ何も始まりませんので、まずは率先して基礎技術の理解を図る必要があります^^;。

よって、基礎技術を踏まえた上で、最新技術も抑えておく必要があります^^;。

くれぐれも基礎知識を抑えずして、最新技術に走ることのないように努めていきましょう><。

本誌の企画で紹介したいと考えているもの(ぉ


最後に、今後、本誌の企画で紹介していきたいと考えているものを抜粋しておきたいと存じます。

  1. いまさら聞けない定番技術(定期購読期間共通)

  2. NEWS close-up(定期購読期間共通)

  3. NEWS pickup(定期購読期間共通)

  4. 各号特集抜粋

  5. 図解で学ぶネットワークの基礎

  6. スイッチコマンド入門(平成28年10月~平成29年3月まで連載)

  7. ネットワーク達人の知恵

  8. Windowsネットワーク攻略術(平成29年4月~平成29年10月まで連載)

  9. その他最新技術など

この通りに紹介していくとは限りませんが、是非皆さんにも抑えておいて欲しいと考える技術や知識を積極的に紹介していきたいと考えております。

主に気になった所や、是非抑えておいて欲しいと思う所を中心に、本記事の内容を踏まえつつ、自分なりの解釈で纏めていきたいと考えておりますw。

そのため、本誌とは少し性質を異にするかと存じます^^;。
あくまで知識の確認用に記事の内容を簡潔に纏めたものを目指しますので、より詳細な内容を抑えたい方は本誌を購読される事をオヌヌメします(えーw)。



但し、一通りの知識は理解出来るように努めていく所存です(ぉ。

本誌には実際の業務に役立つ技術や知識が満載ですので、是非これらの知識をしっかりと抑える事で、業務に役立てるのみならず、自身のネットワークスキルの棚卸しにも利用して頂ければと存じますw。

勿論、初学者にも役立つ知識を提供していきたいと考えております(ニヤw)。

あくまでベースを日経NETWORKとした上で、独自性を加えながら展開していきたいと考えております(ぇ。

今後も日経NETWORKの記事を参考に、これまで曲がりなりにも培った技術が錆付かないよう鋭意努力していきたいと存じます(ぇ。

もっとも、今のわたしにとってはネスペ試験に合格するまでの間なんだけどね(ぁ。

デモ、そのネスペ試験に合格するのが並大抵ではないので、まだまだ本誌にはお世話になりそうです(ニヤw)。

今度こそしっかりと本誌に目を通し、確固たる実力を持ってネスペ本番に臨みたいと考えております><。



記事にある通り、モノの見事に毎年落ち捲くってますwwwww。
マジコレじゃ説得力ゼロだわ(ヲィwwwww)。

見ての通り、一向に合格できない有様なので、偉そうな事言ってる場合じゃないんだけどね(ガーソorz)。

でも、諦めなければいつの日か努力は報われると信じて、日経NETWORKの記事をこれからも読み込んでいこうと考えております。

是非、皆様も日経NETWORKの記事を読んで知識や見解を深めてみては如何でしょうかw。

日経NETWORK関連の書籍はこちらがおすすめ♪

↓ ↓ ↓

日経NETWORK関連の書籍はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 日経NETWORK

4 Comments

-  

.com Master Advance ★★(ドットコムマスター アドバンス ダブルスター)

先生!
前哨戦として、.com Master Advance ★★(ドットコムマスター アドバンス ダブルスター)を取っておくのはいかがでしょうか!
かつてのトリプルスターはネスペ、CCIEと並びNW3大難関資格でしたが
トリプルスター亡き今、ダブルスターは取っておいて損はないかと。
難易度的には応用のNW問題よりレベルが上な感じですかね。。。

2017/06/23 (Fri) 20:51 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: .com Master Advance ★★(ドットコムマスター アドバンス ダブルスター)

匿名希望さん

>.com Master Advance ★★(ドットコムマスター アドバンス ダブルスター)を
確かにネットワークスキルを測る手段として受検してみるのも手かもしれませんね(ぇ。

一応、昔のドットコム何某(笑)は持っていますが、あれからもう10数年になるから、当時の知識とかすっかり抜け落ちているカモナー(ぁ。

ちょこっと公式のサンプル問題解いてみたけど、シングルスターレベルはともかく、ダブルの出来は散々で、今のままじゃヤヴァス(ガーソorz)。

とりま、ベンダ試験はネスペのような思考力が求められるわけではないので、その辺りは少し考えどころカモ(えーw)。
知識重視のネスペの午前Ⅱレベルの学習は充分間に合っていますからね^^;。

まあ、今後の学習如何でどうするか考えようと思います^^;。

ご提案頂きありがとうございます^^。

2017/06/23 (Fri) 22:05 | EDIT | REPLY |   

-  

To 資格ゲッターさん

ご返答くださいまして、ありがとうございます!
おいらも精進します。><

日経NWはおいらも購読してます!
わからない記事がまだあるので、日々勉強してます^^;

2017/06/24 (Sat) 23:20 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: To 資格ゲッターさん

匿名希望さん

>ご返答くださいまして、ありがとうございます!
いえいえ、お互いこれからも精進していきましょう♪

>日経NWはおいらも購読してます!
確かに初心者向きの記事が増えたとは言え、中には難しい記事もありますよね^^;。
わたしもそのような記事は、満足に理解出来ていないかもしれません^^;。

日々是勉強也ですネ(ダマレw)。
お互い頑張っていきませうw。

でわでわ^^。

2017/06/25 (Sun) 10:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment