Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


23
2017  20:32:46

元ネットワークエンジニアのネスペ攻略に必要な考え方を基礎から徹底的に鍛える良書です(ぉ

ネスペの基礎力nespe-kisoryoku-image01.jpg

今回は、ネットワークスペシャリスト(通称ネスペ)試験を受験する際の基礎力をイチから鍛える良書を紹介したいと存じます。

尚、ネスペ試験の概要につきましては、下記の情報処理技術者試験のサイトの高度区分をご参照願います(ぇ。



ネスペ試験は、国家資格としてネットワークエンジニアの実力を測る上で有用な資格とされており、その難度もさることながら、安定した人気を誇っており、ネットワーク業務に携わる方なら是非取得したい資格ですw。

難関のネスペ試験を攻略すべく著者の渾身の一冊が登場(ぇ


既にご存知の方もおられると存じますが、ネスペ試験は情報処理技術者試験の中でも高度区分に分類され、その合格率も10%強とかなりの難度を誇っており、その攻略は容易ではありません><。

何と言っても字数制限ありきの記述式試験である事が、その難度を殊の外高めていると言えます><。

そんな難関のネスペ試験を攻略すべく、試験で求められる考え方を徹底的に追及したのが、今回紹介させて頂く書籍となります(ぉ。

ネスペの基礎力 -プラス20点の午後対策 (情報処理技術者試験)

尚、本書の筆者は「ネスペシリーズ」でお馴染みの方で、ほぼ毎年新書を刊行され、過去に出題されたネスペ試験の解説を詳細に行っておられます。

ネスペシリーズ

個人的に、この著者の書籍には大変お世話になっており、難関のネスペ試験を攻略すべく日々奮闘している次第であります><。

以下の記事で今年(平成29年度)のネスペ学習を始動した事について述べさせて頂きました。



その関係でネスペ学習を助けるものとして、是非本書を積極的に利用したいと考えております(ぉ。

例によって、発売するや否や早速確保していたりします(ニヤw)。

ネスペシリーズで定評のある著者の渾身の一冊ですw
nespe-kisoryoku1.jpg
午後試験伸び悩んでいる方は本書をマスターしてプラス20点を目指しましょう♪

他の書籍とは一線を画した独自性を打ち出し過去問を徹底的に研究、分析!?


本書の著者は、他の書籍には見られないネットワーク技術者としての切り口で過去問を徹底的に分析され、それに基づいた実践的な解説をされる方として定評のある方です。

単に過去問の解説に留まらない、出題者の意図を汲み取り、その問題で何を問おうとしているのかを読者に問い掛ける内容になっています。

よって、過去問から派生した考え方に至るまで詳細に学習出来るように工夫されています。

そのように詳細に解説を加えることで、本試験でどのような問題が出ても対応出来るように対策を練られているわけです(ぉ。

つまり、持っている知識で最適解を導き出せるよう、ネットワーク技術者としてのあるべき姿徹底的に考えさせる仕様になっています。

勿論、基礎知識は必要ですが、それに基づいた適切な対応を行う事こそネスペ試験で求められている事に他なりません(ぇ。

著者はその点に多くの紙面を割かれ、これまでネスペ問題を解く際に留意すべきポイントについて言及されてきました。

そのため、各年度毎に発行される「ネスペシリーズ」は過去問1年分のみで、その一年分を徹底的に研究する事で、質の高い情報を提供されてきています。

また、随時、過去問を解く際に必要になる基礎知識についても言及され、問題を解くための前提知識についてもしっかりとフォローされておられます。

一つ難があるとすれば、著者が読者に問い掛ける内容のレベルが高く、理解出来ない事も往々にしてあるという事です^^;。

しかし、そのような内容が実際の本試験で問われていることから、著者の出題する問い掛けに答えられるようになる事で、ネスペ問題を解く力は格段に上がると事と存じます。

わたしの場合、著者のレベルに付いていけないため、折角の良書の長所を生かせていないのが残念でなりません(ガーソorz)。

本シリーズを読まれる皆さんには、是非著者の考え方に迎合し、自分のものにして頂ければと存じます(ぉ。

ネスペシリーズの進化系が登場!?


そんな中、満を持して登場したのが、今回紹介する書籍で、ネスペ試験の問題を解く際に必要となる「基礎力」に焦点を合わせて、徹底的に考え方を鍛える内容になっています。

本書がネスペ試験で苦戦を強いられている皆さんにとって力となる事を切に願います><
nespe-kisoryoku2.jpg
本書をマスターして難関の午後試験を乗り切りましょう><

尚、「基礎力」とは銘打っているものの、本当の初学者をターゲットにしたものではなく、既にある程度のネットワークに関する基礎知識を持った方を対象としています^^;。

具体的には、あくまでわたしの想定する読者像にはなりますが、ネスペ試験の午前Ⅱ試験で合格ラインを確保出来る実力は最低限求められていると考えます。

つまり、ネットワークの基礎知識については一通り抑えており、短答形式なら適切な答えを導き出すことの出来るレベルである必要があるという事です。

よって、まずは本書に目を通す前に、午前Ⅱ試験をクリア出来る実力を予め養っておく必要があるものと考えます。
その上で本書をお読み頂くと、効率的に学習出来るものと考えます。

尚、本書及びネスペシリーズ全般の著者のスタンスとしては、基礎知識がある事を前提に、その基礎力を実践力に変えるための助言及び訓練を紙面を通して行っておられるというのがあります(ぇ。

よって、著者としては、ネスペ試験で問われる内容についてしっかりと考えた上で、各人が問題と向き合って欲しいというのがあります。

著者曰く、今年(平成29年度)はネスペシリーズの新作は出さないとの事でしたので、半ば新刊を諦めていましたが、まさかこのような形で再び著者の書籍を手に取ることになるとは思っていませんでした(ぇ。

主にネスペ試験を攻略するための基礎力を磨く事を主眼としていますが、昨年(平成28年度)の過去問解説も詳細になされており、過去問を通して基礎知識を用いた実践力を鍛えることが出来るようになっているのが嬉しいですねw。

スポンサーリンク




ネスペ試験の午後試験で伸び悩んでいる方こそ本書を手にとって欲しい><


本書「ネスペの基礎力」はその名の通り、ネスペ試験に臨む際に必要となる考え方の基礎を学ぶものですが、これは主に午後試験で問われる記述式問題に焦点を充てたものになっています。

本書が想定としているのは、ズバリ午後試験の記述問題伸び悩んでいる、ある程度基礎力があるものの、具体的な事を問われると解答に窮する方を対象としているものと考えます^^;。

過去刊行されてきたネスペシリーズでは、主に過去問解説に重きを置いて詳細な解説と考え方のマスターを目的としていましたが、本書は過去問を解くために必要な基礎力に重きを置いて、ネットワーク技術者に求められる考え方を徹底的に追及しています。

よって、一部過去問からの抜粋もあるものの、基本的には過去問から離れて、純粋にネットワーク全般の考え方について学べるため、しっかりと基礎となる考え方を身に付けてから、基礎力を実践力に変えるための訓練を本書及び過去のネスペシリーズにて行う事が出来るわけです(ぉ。

つまり、用語としては理解していても、実際にそれがどのように行われ、どういった目的を持ったものであるかや、それらの実際の挙動はどのようになっているかなど、単に知識に留まらない現場視点の考え方基礎から徹底的に学べる内容となっています。

更に、本文中に画像や図解を豊富に用いることで、視覚的な面からも読者の理解が図れるように工夫されており、それぞれの具体的な仕組みについて深く理解し、また思考する事が可能となっております。

よって、午後試験で具体的な挙動や作業目的などを問われた際に、普段からこういった考え方を養っておくことで考え方の引き出しを増やし、柔軟な思考力を養えるものと考えます。

是非本書をマスターして午後試験でプラス20点を目指しましょう!

「ネスペの基礎力」を身に付け本当の実力を養いましょう!


ネスペ試験は上記のように現場視点の事例問題として出題されますから、現場感覚で問題を解く必要があります^^;。

その上で、問題文で指定される条件をしっかりと踏まえた上で、一般的な見解を述べる必要があるわけです^^;。
そう考えると、本当にネスペ試験を攻略するのは並大抵の事ではありませんね><。

本試験に合格されている方の実力は本当に凄いと思いますw。

従って、午後試験の記述試験で得点が伸び悩み、適切な論理構成の下で解答を導き出せない方にとっては、本書で考え方の訓練を行って頂ければと存じます。

このような考える力を身に付けるには、一朝一夕にとは行かないので、日々の積み重ねが大変重要になってきます><。

そして、考え方のパターンに慣れる事で、合格ラインを満たす答案が書けるようになるものと考えます。

是非、どのような問題が出ても標準以上の水準を満たす答案を書けるようになりましょうw。
それこそが本当のネスペの実践力だと考えます。

何気にわたしはそのような論理的思考力を用いて解答しなければならない問題を大変苦としていますので、本書でしっかりと基礎力を実践力に変える訓練を積んでいきたいと考えております。

わたしの論理的思考力が圧倒的に足りていないのは、下記の記事で述べた通りです><。



しかし、この「論理的思考力」が身に付かない以上、ネスペ試験においても合格する事は覚束ないことでしょう><。

何としても、この「論理的思考力」を身に付け、ネスペ試験を攻略すべく鋭意努力していきたいと考えております><。

皆さんも是非頑張っていきましょう><。

143の厳選された問題があなたの基礎力を強化する!?


本書は著者が厳選した143問の問い掛けから成っており、ソレに読者が答えていくことで、着実にネスペ試験に必要な基礎力を養うことが出来るようになっています。

この問い掛け一つ一つについて、自身で問われている内容を咀嚼し、しっかりと考えることで、磐石な基礎力を基にした答案作成能力が養われるものと考えております。

また、自身が考えた上で著者が示す考え方をしっかりと身に付ける事で、応用を利かした考え方が出来るようになるものと存じます。

本書では次に示す6章から成っており、そのうち5章までネスペの基礎力を養うためのものとなっています。

  • 第1章 物理層、データリンク層の基礎技術

  • 第2章 ネットワーク層、トランスポート層の基礎技術

  • 第3章 アプリケーション層の基礎技術

  • 第4章 セキュリティの基礎技術

  • 第5章 ネットワーク関連技術

  • 第6章 平成28年度ネットワークスペシャリスト試験 問題と解説

基本的には各章毎に順を追って学習して頂くことで、ネスペ試験に必要な基礎力が養えるようになっております。
また、随所にコラムが挟まれており、学習の合間に読み物として楽しめるようにもなっておりますw。

尚、6章については、昨年(平成28年度)のネスペ試験の解説となっており、例年通り詳細な解説がなされている事から、必見の内容となっております。

是非、本書の第1章から5章までマスターした際に挑戦して頂ければと存じます。

いずれの章も充分なボリュームがあり、コレまでのネスペシリーズでは見られなかった400ページ超にも及ぶ内容となっており、読み応えのある内容となっております。

まさに著者の渾身の一冊と言えるでしょう!

是非本書を充分に活用して、午後試験で求められるレベルに到達出来るよう学習に邁進していきましょう!

そして、共にプラス20点の答案目指して頑張っていきましょう><。

本書を用いて多くの方がネスペ試験に合格される事を願ってやみません><。

是非、合格の栄冠目指して頑張っていきましょう♪

「ネスペの基礎力」はこちらがオススメ♪

↓ ↓ ↓

ネスペの基礎力 -プラス20点の午後対策 (情報処理技術者試験)

ネットワークスペシャリスト関連の書籍はこちらがオススメ♪

↓ ↓ ↓

ネットワークスペシャリスト関連の書籍はこちら

ネスペシリーズはこちらがオススメ♪

↓ ↓ ↓

ネスペシリーズはこちら

関連記事

スポンサーリンク


 資格取得に役立つ書籍

0 Comments

Leave a comment