Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


15
2017  19:03:46

元ネットワークエンジニアの平成29年度ネスペ学習始動及び午後試験対策用基礎演習問題まとめ

平成29年度ネスペ午後試験対策用基礎演習nespe-basic-practice-summary.jpg

ネットワークスペシャリスト試験ならぬネスペ試験に挑み続けて早4年・・・、毎年学習を重ねるも、一向に合格出来ないわたしにとって鬼門の当試験に挑む時期が今年もやってまいりました(ダマレカスwwwww)。

平成29年度ネットワークスペシャリスト試験学習始動(ぇ


もっとも、ネスペ試験は情報処理技術者試験の中でも最高峰のレベル4の高度情報区分に位置する試験だから、難しくて当たり前なんだけどね(ガーソorz)。



それでも、当該試験に挑み続けて4年連続不合格は世間的にも不名誉なのは間違いなく、ほんとお恥ずかしい限りです><。

しかも、元ネットワークエンジニアの職にありながら、この体たらく、ほんと救いようがありませんね(ガーソorz)。



マジで@何回受験すれば合格出来るんだかorz。

ほんと、つい先日、基本情報技術者試験を受けて、そのあまりの結果に意気消沈したと思ったら、もう次の試験に向けて動き出さないといけないとは、つくづく時間は待ってくれないヨネ(ぇ。



一応、午前試験及び午後試験対策に充分に時間を取って学習に励んだにも関わらず、この体たらく、とても毎年ネスペ試験に挑んでは叩き潰されている(笑)受験戦士(笑)とは思えないですね(ダマレクズwwwww)。

ってか、叩き潰されているからこの程度なのかも(ガーソorz)。

改めて、気を引き締めて、より一層学習に取り組む所存です(ダマレゴミwwwww)。
ヲマエ、何時も口だけだろうが(ガーソwwwww)。

情報処理技術者試験は基礎なくして応用なし!?


先日、基本情報を受験してみて、如何に自身に基礎知識が足りていないかを痛感しました><。
そして、情報処理試験において如何に基礎知識が大切かを再認識するに至りました(ぇ。

ごく基本的なネットワークに関する知識でさえ曖昧な理解で、しっかりと内容を抑えられていませんでしたからね^^;。

そんなレベルで高度区分のネスペ試験に合格出来るわけがないよね(ガーソorz)。

思えば、高度情報のそのレベルの高さから、より踏み込んだ内容や複雑な技術体系を抑えようとするあまり、周りが見えなくなっていたのかもしれません><。

どんなに難しい問題でも、その一つ一つは基礎事項の積み重ねの上に成り立っているという前提を忘れてはならないことに今更ながら気が付いた次第です(遅いわwwwww)。

まさに「木を見て森を見ず」ですね(ガーソorz)。

むしろ、わたしにとっては基本情報も充分に難しい試験ですけどね(ぁ。

その意味で、基本情報を受験したことは、今一度原点に立ち返って自身を見つめ直す上で、大変有意義だったと思います(ニヤw)。

改めて、基礎内容をしっかりと抑えた上で、高度情報に挑もうと考えております><。
一足飛びに挑戦して合格出来るほど甘くはないよね・・・やっぱ(ガーソorz)。

まさに「基礎なくして応用なし」ですね><。

午前Ⅰ試験の免除を有効活用する!?


一応、平成28年度のネスペ試験にて、2年間の午前Ⅰ試験の免除を勝ち取ったので、この高度情報の午前Ⅰ試験の免除が有効なうちに、今度こそネスペ試験に合格したいと考えております><。

2年越しに再び勝ち取った午前Ⅰ試験免除><
h28au-am1exam-exemption.jpg
コレがあるとないとでは雲泥の差です><

正直、午前Ⅰ試験は、高度情報を受験する際に、IT知識全般の学習を強いられるため、受験生にとってかなりの負担になっている事から、この試験が免除される事の意味は大きいですからね(ぇ。

午前Ⅰ試験の範囲は膨大なため、その全てを網羅する事は非常に困難で、しかも徒に時を費やしてしまうため、効率の良い学習が求められます><。

しかも、知識水準は応用情報以上のレベルとかなり高いハードルをクリアする必要があり、その学習は決して容易な事ではありません><。

事実、この午前Ⅰ試験で毎年涙を飲む方も少なからずおられます><。

わたしも油断するとたちまち足を掬われかねない、決して軽視出来ない試験です><。

そのような試験に掛ける時間を節約できるというのは、非常に大きなアドバンテージなため、この免除制度は非常に有難いと思っております(ぉ。

だからこそ、その免除が有効なうちに合格したいと考えるのは至極当然の事だと言えます(ぇ。

もっとも、だからと言って基礎事項を疎かにすれば、例によって悲惨な結果が待ち受けている事でしょう><。
この試験が「基礎なくして応用なし」なのは既に述べた通りです><。

そこで、今回わたしは基礎に立ち返って次に示すような学習方法を考えてみました。
まさに一つ一つの基礎事項を確かめながら、着実に力を付けていくのに相応しい方法だと思います(ぇ。

ある意味実験的な試みになるかとは思いますが、次に示す方法で果たしてネスペ試験を攻略するための応用力が身に付くのか実践してみたいと考えております(ぉ。

スポンサーリンク




基本情報・応用情報の過去問題からネットワーク・セキュリティ分野を学習する


昨今の情報セキュリティ分野の重視傾向を踏まえて、ネスペ試験の本格的な学習に取り掛かる前に、まずは下位の試験の午後試験のネットワーク及び情報セキュリティ分野の問題を確実に解けるように学習する事で、ネスペ試験の午後試験に必要な基礎力が身に付くのではないかと考えました(ぇ。

具体的には、過去の基本情報及び応用情報のネットワーク、情報セキュリティ分野の午後試験問題を解く事で、ネスペ試験を攻略するのに必要な基礎力が養えるのではと考えた次第です(ぉ。

但し、今回の学習ではネットワークの基礎的スキルを客観的に問う午前Ⅱ試験の学習は視野には入れていません(えーw)。

既に午前Ⅱ試験で出題される内容は充分に理解しているものとして話を進めたいと存じます^^;。
悪しからず、ご了承願います><。

よって、この学習を採る際には、午前Ⅱ試験で出題されるネットワーク知識を充分に抑えておく必要があります。
つまり、表面的にネットワーク技術全般についての理解が求められます。

その上で、より深い理解が求められる午後試験問題で、一つ一つの知識が結び付くように技術体系を整理する事で、ネスペ試験の難解な記述問題にも対応出来るように基礎力を養うという目的があります(ぇ。

実際、下位試験とはいえ、基本情報、応用情報共に午後試験問題では一筋縄ではいかない問題が出題されており、その一つ一つは基礎事項の組み合わせではあるものの、しっかりと技術体系を理解していなければ解答を導き出すことは出来ません><。

特に、応用情報のネットワーク分野の問題は記述的要素を求められるものもあり、生半可な理解では解答に辿り着く事は出来ません><。

下位試験だからと甘く見ていると思わぬしっぺ返しを喰らう事でしょう><。

また、先に述べた通り、昨今の情報セキュリティ意識の高まりにより、年々、情報セキュリティ要素の含まれた問題が出題される傾向にあり、今後はこの情報セキュリティに関する知識も看過する事は出来ません><。

よって、こちらに関してもネットワーク分野と同様に重要で、しっかりと学習する必要があるかと存じます^^;。

但し、こちらに関しては、基礎知識というよりむしろネットワーク知識に絡めて出題される事が多いため、基本はネットワークで必要な考え方を抑えつつ、状況に応じて情報セキュリティ知識を仕入れていけば良いと考えます。

つまり、実際の事例問題に即して、情報セキュリティの考え方を身に付ける事で、記述問題にも対応できる力が養えるものと考えます。

午前Ⅰ試験を受験する場合は、情報セキュリティに関する細かな知識や用語に至るまでしっかりと抑える必要があるかとは存じますが、午後試験対策で取り組む場合は、問題に出題されている基本的な用語を抑えた上で、情報セキュリティ知識を活用した答案が書ければ充分だと考えます。

もっとも、ネットワークと情報セキュリティは密接に関係しているので、両者の関わりをしっかりと理解しておく必要があり、そのために過去の午後問題を活用すべきだと考えます。

それらの学習を行う事で、ネスペ試験に通用する知識や考え方が身に付くものと思われます(ぉ。

ネットワーク、情報セキュリティ分野の問題を午後試験の過去問から抜粋!


先の見解を踏まえ、過去に基本情報及び応用情報で出題されたネットワーク、情報セキュリティ分野に関するものを抜粋させてご紹介させて頂こうと思います(ぇ。

下位試験の問題とはいえ、基礎事項に不安のある方は是非真剣に取り組まれることをオススメします。
むしろ、結構難しいので良い勉強になると思います^^;。

また、知識に自信のある方でも、思わぬ盲点がある事に気付かされるかもしれないですヨ(ニヤw)。

改めて、自身の知識の棚卸し及び基礎事項の確認用として取り組まれてみては如何でしょうか。

その上で、しっかりと基礎事項を固めた上で、ネスペ試験の午後問題に取り組むことで理解が進むものと考えます。

今一度、基礎に立ち返る事で新たな発見や、理解が曖昧な箇所の理解が図れるものと存じます。

一見、遠回りに思える方法かもしれませんが、「急がば回れ」とあるように、着実に石橋を叩いて渡っていく事で、揺ぎ無い基礎力を身に付ける事が出来ると考えております。

そして、その身に付けた基礎力を武器に難関のネスペ試験に挑もうではありませんかwwwww。

以下、情報処理技術者試験公式サイトに収録されている基本情報、応用情報の午後試験過去問より、ネットワーク、情報セキュリティ分野のテーマを抜粋したものになります。

それぞれ、平成21年~29年春までの過去問を抜粋しました。
時間の許す限り抑えておくようにしましょう。

出来れば2回以上は繰り返し、しっかりと午後試験に必要となる基礎力を身につけましょう。

基本情報、応用情報の過去問からネットワーク分野の問題を抜粋!


【ネットワーク分野編】(平成29年5月15日現在)

年度/期試験名答え問題出題テーマ/解説及び動画等
H21春期応用情報解答午後問5DHCPの利用
H21秋期基本情報解答午後問3データ送信とその符号化
H21秋期応用情報解答午後問5リモートアクセス
H22春期基本情報解答午後問4動画のストリーミングサーバの設置計画
H22春期応用情報解答午後問5無線LANの設定
H22秋期基本情報解答午後問3CRC(巡回冗長検査)
H22秋期応用情報解答午後問5ネットワーク障害の原因と対策
H23特別基本情報解答午後問4ルータの経路制御テーブルの更新
H23特別応用情報解答午後問5リバースプロキシサーバの導入
H23秋期基本情報解答午後問3ネットワークの構築
H23秋期応用情報解答午後問5SOHOネットワークの構築
H24春期基本情報解答午後問4データ転送時のフロー制御
H24春期応用情報解答午後問5携帯電話サービスを使った無線LAN
H24秋期基本情報解答午後問3電子メールで用いるMIME形式
H24秋期応用情報解答午後問5ロードバランサを用いた負荷分散
H25春期応用情報解答午後問5
アプリケーションサーバの増設※
H25秋期基本情報解答午後問3インターネットプロトコルのアドレス表記
H25秋期応用情報解答午後問4ネットワーク障害調査
H26春期基本情報解答午後問4
H26春期応用情報解答午後問5サブネットを活用したファイルの保護対策
H26秋期応用情報解答午後問5メールサーバの移行
H27春期基本情報解答午後問4ホスト名の衝突
H27春期応用情報解答午後問5DHCPを利用したサーバの冗長化
H27秋期基本情報解答午後問4Webサイトにおけるセッション管理
H27秋期応用情報解答午後問5ネットワークの設計
H28春期基本情報解答午後問4イーサネットを介した通信
H28春期応用情報解答午後問5スイッチ間の接続経路の冗長化
H28秋期基本情報解答午後問4Web画面の表示に要するデータ転送時間
H28秋期応用情報解答午後問5IP電話の導入
H29春期基本情報解答午後問4無線LANにおけるデータの送信
H29春期応用情報解答午後問5レイヤ3スイッチの故障対策※
※解説なし

見ての通り、各年度、各試験毎に出題テーマが多岐に渡っており、抜粋した問題をしっかりと解いて理解するようにすれば、必要充分な基礎知識が身に付くものと考えます。

また、問題によってはネスペ試験の過去問で出題されているようなテーマもあり、基礎から学習する事でしっかりとテーマに沿った理解が出来るようになるものと考えます(ぉ。

尚、問題を解くというよりは考え方を学ぶことに主眼を置いていただければと存じます。
大事なのは、問題が解けることではなく、しっかりと基本となる考え方を身に付けることにあると考えます。

また、問題によっては解説動画や解説サイトを紹介させて頂いておりますので、理解の一助としてご利用頂ければと存じます。
解答、解説を公表してくださっている有志の方々に心より感謝申し上げます。

全ての問題についてご用意できるわけではありませんが、ご活用頂ければと存じます。
わたしも大いに利用させて頂こうと考えております。

但し、既に述べた通り、ただ問題が解けるだけでは不十分で、なぜそのような考え方が必要なのかを常に念頭に置いて理解に努める必要があります。

そのような学習を行う事で、ネスペ試験に必要な考え方の基礎力を身に付ける事が出来るものと考えます。

以上の内容を意識して学習に取り組むことで、ネスペ試験攻略に必要な土台となる考え方が身に付くものと考えております。
是非、一度取り組んで見て頂ければと存じます。

わたしもこの方法で基礎から着実に積み上げていこうと考えております。

それでは、次に情報セキュリティ分野の過去問を抜粋したものをご紹介致します。

基本情報、応用情報の過去問から情報セキュリティ分野の問題を抜粋!


【情報セキュリティ分野編】(平成29年5月15日現在)

年度/期試験名答え問題出題テーマ/解説及び動画等
H21春期基本情報解答午後問4パケットフィルタリング
H21春期応用情報解答午後問9ファイアウォールの設定
H21秋期基本情報解答午後問4利用者認証
H21秋期応用情報解答午後問9公開鍵基盤を用いた社内認証システム
H22春期応用情報解答午後問9DNSサーバのセキュリティ対策
H22秋期基本情報解答午後問4認証システム
H22秋期応用情報解答午後問9検疫ネットワーク
H23特別応用情報解答午後問9サーバへのサイバー攻撃
H23秋期基本情報解答午後問4情報セキュリティにおけるリスク
H23秋期応用情報解答午後問9Webアプリケーションのセキュリティ対策
H24春期応用情報解答午後問9セキュリティインシデントへの対応
H24秋期基本情報解答午後問4セキュリティ事故の対応
H24秋期応用情報解答午後問9電子メールのセキュリティ対策
H25春期基本情報解答午後問4ICカードを利用した入退室管理システム
H25春期応用情報解答午後問9PCのマルウェア対策
H25秋期基本情報解答午後問4VPN(Virtula Private Network)
H25秋期応用情報解答午後問8Webサイトのセキュリティ強化策
H26春期基本情報解答午後問1情報資産についてのリスクアセスメント
H26春期応用情報解答午後問1営業支援サーバへのSSLの導入
H26秋期基本情報解答午後問1ネットワークセキュリティ
H26秋期応用情報解答午後問1ネットワークやWebアプリケーションセキュリティ※
H27春期基本情報解答午後問1インターネット受注管理システムのセキュリティ
H27春期応用情報解答午後問1電子メールのセキュリティ
H27秋期基本情報解答午後問1ログ管理システム
H27秋期応用情報解答午後問1ソーシャルネットワーキングシステムのセキュリティ
H28春期基本情報解答午後問1Webサーバに対する不正侵入とその対策
H28春期応用情報解答午後問1Webサイトを用いた書籍販売システムのセキュリティ
H28秋期基本情報解答午後問1販売支援システムの情報セキュリティ
H28秋期応用情報解答午後問1生体認証システムの導入
H29春期基本情報解答午後問1ファイルの安全な受け渡し
H29春期応用情報解答午後問1マルウェア対策※
※解説なし

こちらは、以前紹介させて頂いたものに最新の情報を追加させて頂いたものになります。

詳しくは下記の情報セキュリティマネジメント試験対策の記事を参照願います。



既に述べた通り、情報セキュリティ分野については、詳細な内容というよりは、むしろ考え方を身に付けるために活用頂ければと存じます。

よって、問題を解くというよりは、ネットワーク分野同様、考え方を学ぶことに主眼を置いて頂ければと存じます。

こちらもネットワーク分野同様、各試験、各年度毎に出題テーマが多岐に渡っており、抜粋した問題をしっかりと解いて理解する事で必要充分な知識が身に付くものと考えます。

例によって、有志の方によって、詳細な解説や動画が提供されていますので、是非有効活用頂ければと存じます。
わたしも大いに活用させて頂こうと考えております(ニヤw)。

それでは、今秋(平成29年度)のネスペ試験を受験される皆様、是非合格目指して頑張っていきましょう。
わたしも今度こそは捲土重来を果たすべく、鋭意学習に取り組んでいきたいと考えております><。

ネットワークスペシャリスト試験対策はこちらがオススメ♪

↓ ↓ ↓

ネットワークスペシャリスト試験対策はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 ネットワークスペシャリスト

0 Comments

Leave a comment