Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


03
2017  23:17:20

元ネットワークエンジニアの過去記事の修正をする際に抑えておく3つのポイント(ぇ

ブログ記事の修正作業blog-article-difficulty.jpg

先日、晴れてブログアクセス10万ヒットを迎えた事もあり、これまでのブログ記事を見直すべく、現在、修正作業を行っておりますが、過去記事のあまりの体裁の悪さに、どこから手を着けていいのか途方に暮れていたりします><。



我ながら、本当に、初期の頃に書いた記事の内容はヒドイもので、記事の体というものをまるで成していません><。

もっとも、今でも記事の書き方というものをしっかりと把握出来ているわけではないですけどね(ぁ。
むしろ、まだまだ改良の余地があり、世間的に見ても、良い記事というものを書けているようには思えません><。

改めて記事を書く事は容易いことではないと思います><。
当ブログを始めて早3年9ヶ月になりますが、まだまだ満足の行く記事は書けておりません><。

この先、一定以上の水準を満たした記事が書けるようになるのか、現状ではまったくわからない状態ですorz。

それでも、最初の頃に比べれば幾分マシにはなっていると思います^^;。

しかし、このまま現状を看過していては、この先、ブログの質の向上を図ることが出来ず、いずれ人知れず淘汰されていく事でしょう><。

特に、検索エンジンに役に立たないサイトと判断されれば、即座に検索結果から姿を消すことになるでしょう><。
そして、その兆候は既に如実に現れ始めています><。

過去記事のあまりの惨状に一体どこから手を着けるべきなのか><


実際、過去記事を読み返していると、思わず目を覆いたくなるようなヒドイ内容の記事が目に付き、半ばやっつけ仕事で書いたような内容スカスカの記事が多く見受けられる有様です(ガーソorz)。

特に、ブログの更新のみが目的となっている記事があり、そのような記事は誰かにとって有益なものではなく、むしろ必要とされないゴミ記事と言っても過言ではないでしょう><。

当ブログにはそのような記事が沢山あり、特に目的もなくただ書き連ねたような無意味な記事が未だに残されています><。

よって、そのような記事に加筆・修正を加え、少しでもまともな記事に再構成する必要性を感じている次第です><。

本当に、この辺りで少々荒療治でも、これまで書き連ねた記事に手を加えていかないと、現在書いている記事とのバランスが取れず、実際、ひどく不恰好な状態になってしまっています(ガーソorz)。

そこで、次に掲げる過去記事の修正に必要な3つの項目を中心に、如何に過去記事の体裁を整えるか考察を加えていきたいと存じます。

1.記事の内容を想起できるアイキャッチ画像を取り入れる


過去何度か言及してきている事になりますが、やはり、記事を書く際には、その記事の内容をイメージした画像を取り入れる事が重要です。

なぜなら、記事のみでは、文字の羅列に留まり、視覚的に記事内容をアピールする事が出来ないからです><。
いくら記事を書いたところで、それが読者の目に止まらなければ意味がありません^^;。

それがどんなに素晴らしい内容であったとしても、目に止まらなければ読んで貰える事はないですからね><。

まあ、本音を言えば、記事を書くたびにその内容に応じたイメージ画像をチョイスするのは正直骨の折れる作業なんですけどね(ヲィw)。

こう見えて、逐一、画像を加工した上にサイズまで調整していますからね^^;。

しかし、現状、アイキャッチ画像でアピールされていない記事に目を通して貰える可能性はかなり低いため、手間が掛かってもブロガーによる自助努力は不可欠だと言えます(えーw)。

ブロガーにとって一番重要なのは、自らが書いた記事を読んで貰う事であり、誰かしらにとって有益な情報をもたらす事にあると考えます。

もっとも、最近では記事代行サービスによる記事の外注化が行われるようになってきていますが、基本はやはり自らが発信したい内容を記事として書き連ねていくことにあると思います。

確かに、記事を書くのは容易な事ではないので、外注化による効率化を図るのも一つの手段だとは思いますけどね^^;。

しかし、わたしはこれからも自らの手で情報を発信していきたいと考えております。

いずれにせよ、記事に画像を取り入れる事で、記事を読んで貰える確率は比較的に上がることでしょう。

わたしの場合、上記に示した、記事に画像を取り入れるという作業を当初まったく行っておらず、数百という記事を書き連ねた今となって、一つずつ修正を加えていかなければならない状態となっております><。

これからブログを始めようとされている方は、当初から記事をしっかりと書き、画像を取り入れる事で、記事内容を充実していって頂ければと存じます。

くれぐれもわたしの轍を踏まないようにしてくださいね(ダマレカスwwwww)。

スポンサーリンク




2.ブログ記事は2000字以上4000字程度で書くようにする


特に記事の字数が決まっているわけではありませんが、昨今の検索エンジンは中身の薄いブログ記事の順位を下げる傾向にあり、たとえ有益な内容を書いていたとしても、ユーザにとって役に立たないものと判断し、検索順位を下げられてしまう危惧があります><。

事実、文字数が少ない記事は検索エンジンに拾われる可能性が低く、内容の如何はあれど、概ね、文字数が多い記事が検索順位の上位を占める傾向にあります^^;。

但し、検索アルゴリズムの改善により、文字数が多くても、中身が伴わない記事と判断されれば、順位を下げられてしまいます><。

よって、いい加減な記事を書くと、高い評価を受けることは出来ないでしょう><。

しかし、有益な記事を書く事で検索エンジンの評価が上がり、記事が検索され易くなる事は事実です。

したがって、ある程度の文字数があり、それがユーザにとって役に立つものであれば、多くのアクセスを集める事が可能になるわけです。

基本的に文字数が多ければ多いほど、検索エンジンに拾われやすくなるため、ここでは一定の基準として最低文字数を2000文字と定めさせて頂きました。

また4000字程度までとしているのは、あまり内容が多すぎても読み手の消化不良を起こすため、適切な範囲として設定させて頂いた次第です。

但し、実際の所、2000文字以上の記事を書くのは容易な事ではありません><。
しかも、それを毎回となると、かなり構成を練って書く必要があり、ブロガーの負担は決して軽くはありません^^;。

そのように考えると、昨今、記事代行業者が台頭しているのも無理ないかもしれないですね^^;

尚、2000文字というのはあくまで基準ですので、この文字数が厳しいのであれば、1000文字以上でも記事の内容如何によっては充分勝負出来ると思います(ぇ。

ただ、昨今の状況を考えると、最低でも1000文字以上は記事を書く際に必要かと存じます^^;。

ちなみに、わたしの過去記事の多くは、その1000文字という字数をクリア出来ておらず、これらに対する手直しが急務となっております><。
正直、1000文字書くのもかなり大変だと思います><。

このような短い文面の記事が多数ある事により、わたしのブログのアクセスは頭打ちになっている可能性が高いと考えられます><。

一刻も早く、こういった内容の薄い記事の改善を図ることが求められます><。

もっとも、記事内容を修正すると言っても、その数軽く数百に上るため、決して容易な事ではないのですけどね><。

今後、記事を書かれる皆さんは、大変ではありますが、是非1記事あたり2000文字以上を目標に書いていって頂ければと存じます。

3.記事の中で強調したいものや主張したいものを明確にする


皆さんはブログ記事を書かれる際に、強調したい箇所を太字にしたり、カラーリングしたりマーキングされているでしょうか。

この作業は一見地味に思えますが、記事の読み手に対して、注目すべきポイントや目を通して欲しい箇所を明確に指し示す事が出来、読み手にとって記事を読む際の助けとなります。

また、検索エンジン対策として、記事内で強調したいキーワードを太字にする事で、検索エンジンに拾って貰い易くなり、ユーザのニーズを満たしたブログ記事を書く事で多くのアクセスを集めることが可能になります。

もっとも、わたしはその作業を殆ど行えておらず、検索エンジンによる集客には明らかに失敗していますけどね(ガーソorz)。

まあ、キーワードにも色々あって、アクセスを集めやすいものとそうでないものとがあるので、その見極めが大切になってくるんだけどね(ぁ。

よって、面倒でも、自身が記事内で強調したい文言や、キーワードとして目立たせたい文字等を太字にし、またカラーリングなどでアピールする事で、記事内で伝えたいことを明確にする事が出来ます。

もっとも、予めこのような機能が設定されているツールならいざ知らず、手動でこれらの作業を行うのは大変なんだけどね><。

わたしの場合は、ほぼこれらの作業を手作業で行っているため、非常に効率が悪く、とても面倒な作業となっています(ガーソorz)。
ワードプレスなんかを使うとほぼ自動化できるんだけどねぇ(ぇ。

このブログではそれは無理ぽorz。

そのため、これらの作業がついつい後回しになっちゃうんだよね(だめぽwwwww)。

それでも、この作業を行うと行わないとでは、明らかに記事の閲覧数に差異が出てくるので、今後は極力手を抜かず、記事の強調作業を行っていきたいと考えております><。

例によって、過去記事の大半がこの作業を行えておらず、今後それら数百に及ぶ記事の手入れ作業を行っていく必要があり、今から気が滅入りそうになっているのは内緒(ガーソorz)。

皆さんはくれぐれもわたしのようにならないよう、日々の作業を行っていってくださいね><。

ほんと、何も知らないまま、ブログを始めるのは非常に危険な事かもしれないですね><。

今頃になってその事を身を持って痛感している次第です(ガーソorz)。

以上、過去記事を修正する際に抑えておく3つのポイントでしたw。

何気に、これらって過去記事に限らず、記事を書く上で留意すべきポイントと言えるかも(ぁ。

とりま、これからブログ記事を書こうとされている方はくれぐれもご注意願います><。
また、記事の修正に取り組んでおられる方は着実に作業していって頂ければと存じますw。

記事の作成ポイントを抑えた@は訓練あるのみダネ(ぇ。
ソレわたしにも言えたりする(ニヤw)。

日々是修行也wwwww。

ブログ記事を書くならこちらがオススメ♪

↓ ↓ ↓

ブログ記事を書くならこちら

関連記事

スポンサーリンク


 アクセスアップ考察

0 Comments

Leave a comment