Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


10
2017  20:24:59

元ネットワークエンジニアの基本情報技術者試験の受験票が届き、いよいよ逃げ道(笑)がなくなりました(ちょw

基本情報技術者試験その2escape-image01.jpg

数ヶ月前に記事を書いたきり、その後音沙汰がなかった基本情報技術者試験ですが、あれから、効率が悪いながらも一応学習だけは続けておりました^^;。

但し、基本情報で出題されるプログラム言語問題及び擬似言語で出題されるアルゴリズム問題には全く手も足も出ませんが(だめぽorz)。

正直、過去問何年分解こうが一向に出来るようになる気配がありません><。

一応、これでも午後試験の過去問3年分(6回分)は解いたんだけどね^^;。
兎に角、難解な言い回し計算問題が辛すぎて今にも心が折れそうです><。




正直、時間ばかりが無為に過ぎていった感が否めません(ガーソorz)。

事実、学習すれどもすれども一向に実力が身に付かない有様です><。
むしろ、こんな状態で本試験に合格する方が不思議な程ですorz。

最悪の学習状況の中、容赦なく受験票が届く><


そのような中、先日、平成29年度春期基本情報技術者試験の受験票が届き、いよいよ臨戦態勢に入ってまいりました(ぇ。

今回は緑色の封筒みたいねw
fe2017sp.jpg
この色って何だか地味ダヨネ(ぇ

例によって、受験票が届いた方は、後になって慌てないようしっかりと写真を貼っておきましょう(ぉ。
取り敢えず、写真が貼ってあれば受験出来ますからね(ニヤw)。

写真が貼っていないと受験出来ないので、是非忘れないうちに写真を貼っておきましょう^^;。

そんなわけで、一応受験票が届き、一先ず安心しておりますw

とわ言っても、先に述べた通り、合格するための実力がまったくと言っていいほど身に付いていないんだけどね(ちょwww)。

基本情報技術者試験でプログラムが圧倒的に足を引っ張る現状・・・orz


特にプログラムと擬似言語及びアルゴリズムの習得度があまりに低すぎるために、午後試験で大いに足を引っ張っている有様ですorz。

マジ、双方ともよくて2割~3割未満、悪いと一問も正解できずに0点になる事もあります><。
ほんと、頭悪すぎだよね俺wwwwww。

ってか、過去問解いて0点取るとほんとやる気なくなるよorz。

ほんとなんでこんなにプログラムって難しいのだろうか・・・。

一応コレでも曲りなりにJava言語習ったはずなのに、過去問読んでも全然わからないのですがっ><。

コレはわたしのプログラム経験が足りないのか、ソレともやはり素養がないために、プログラムコードを読み解けないのか・・・。

いずれにしても、明らかに本試験の問題を解く実力が養われていないものと思われ・・・orz。

尚、基本情報技術者試験の出題内訳は以下の通りとなっておりますw。

基本情報技術者試験実施概要について


【午前試験】

試験時間:150分
出題数:80問
回答数:80問
合格ライン:48問/80問(6割

【午後試験】

試験時間:150分
出題数:13問(大問)
回答数:13問中7問選択解答※
合格ライン:60点/100点(6割

配点:問1~問7各12点
問8~問13各20点
7問選択で計100点

問1.情報セキュリティ、問8.擬似言語(アルゴリズム含む)必須問題のため、受験者全員選択
問2~問7から任意の4問を選択する
また、問9~問13のいずれから1問を選択する

上記の通りとなっておりますが、午後試験に関してはいずれの問題も手強く、一筋罠ではいかないものばかりです><。

兎に角、どの問題も基礎知識を活用する事は基より、論理的思考力を求められる為、問題文中で与えられた条件を読み取って解答を導く必要があり、高度な国語力がないと手も足も出ないのが本音です><。

よって、わたしにとっては、基本情報の午後試験は一問たりとも油断出来ず、常に細部にまで注意を払って、条件を見落とさない事、問題文が言わんとしている事の理解の双方を常に意識する必要があります><。

その作業がとてつもなく頭を使うので、正直一問解いただけでフラフラになっているのが現実です><。

戦う前から基本情報技術者試験敗色濃厚orz


只でさえ、プログラムや擬似言語問題に手も足も出ず敗色濃厚なのに、ソレに加えて他の分野まで満足に問題が解けないのでは、端から勝負にすらならないのではと危惧しているわけです><。

例えば、情報セキュリティや、ハードウェア、ソフトウェア開発、データベースやネットワーク、プロジェクトマネジメントやシステム戦略など、どの分野も手強く、一切手を抜くことは許されません><。

この調子では、本試験で全ての問題を解き終わった時、脳内疲労で倒れてしまいそうなヤカン(ちょwww)。

正直、現時点で合格する自信はまったくと言ってありません><。
恐らく、午後試験は頑張っても5割程度取るのがやっとだと思います^^;

最悪の場合、プログラムと擬似言語で0点の可能性も><


もし、プログラムや擬似言語で0点の憂き目に遭ったなら3割以下も充分にあり得ます><。
なんせ、両者ともに配点が20点なので、双方ともに得点出来なかった場合、40点も失いますからね><。

そうなると、合格はほぼ絶望になってしまいますorz。

せめて、双方で5割は得点したいものです^^;。
ソレでも他の分野で失点をカバーするのは至難の業ですけどねorz。

つまり、かつてのように、またしても情報処理試験で赤点を取ってしまう可能性があるわけです(ガーソorz)。



もう、自分がどうしようもないオバカさんだという事がわかったので、むしろ開き直って試験に臨むのもアリかもナー(だめぽwwwww)。

午前試験にも失敗する可能性を拭い切れず・・・orz


何気に午前試験に失敗する可能性も大いにあるので、午後試験ばかりにかまけてられないんだけどね^^;。
なんせ、午前試験の計算問題の出来如何によっては、合格ラインを割る(48問以下)の可能性もありますからね^^;。

あくまで、俺の場合、知識問題や技術用語問題でどれだけ得点出来るかに掛かっています><。
勿論、ある程度計算問題も解けるようにしておく必要があります><。

本来計算問題は午後試験の事例問題に頻出していますが、午前試験にもその基礎となる計算問題が多くて15問程度は出題されますからね^^;。

いくら基礎レベルとは言え、しっかりと解く練習をしておかないと、本番でいきなり解けるほど甘くは作られていません><。

本日(2017年4月10日現在)を入れて@残り6日ほどとなりましたが、最後のあがき(笑)とばかり、出来る限りの事はしていきたいと思います><。

今回、基本情報技術者試験を受験される皆さまも、是非最後まで気を抜くことなく、共に試験合格目指して頑張っていきましょう><。

わたしは今回敗色濃厚ですが、何とか喰らい付いていきたいと思います><。
ぶっちゃけ、この手の試験は俺に向いてないんだよね(ちょwww)。

むしろ、基本情報は理系的要素の強い試験だから、生粋の文系人間の俺が攻略するのは至難の業ナンダヨorz。

今更負け惜しみ言ってんじゃねぇヨwwwww。

ダメ人間でサーセンwwwww。

基本情報技術者試験対策書籍はこちらがおすすめ♪

↓ ↓ ↓

基本情報技術者試験対策はこちら

スポンサーリンク


 基本情報技術者試験

0 Comments

Leave a comment