Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


16
2016  18:26:54

元ネットワークエンジニアの平成28年度京都検定2級対策講座を申し込んでみた(ぇ

第13回京都検定イメージ画像その4chionin-sanmon_image01.jpg

京都検定を受検される皆様、現在の学習状況は如何でしょうか。

先の記事で、京都検定2級及び3級に申し込み、受検意欲に満ち溢れていた(笑)ものの、あれから基礎学力自体は殆ど変化のない状態で、正直少し停滞気味と言っていいかもしれません^^;。



自分なりに学習方法とか纏めていたんだけど、2級はほんと闇雲に学習しても、雲を掴むようでまるで手応えが感じられないですね^^;。

改めて、この試験の奥深さ、難しさに苦戦を強いられている今日この頃です^^;。

わたしは京都検定2級を受検すると宣言した日以来、少しずつ学習を重ねているものの、求められる膨大な知識量に加え、まだフィールドワークを始めて日が浅いということで、現状では到底2級合格レベルには達しておりません><。

これでも、自分なりに京都の史跡を深く掘り下げ学習しているつもりではいるのですが、実際には公式テキストのレベルを少し補足した程度に過ぎず、根本的な学習指針を掴めるまでには至っておりません><。

新版 京都・観光文化検定試験公式テキストブック

一応、学習の一助になればと、京都府民の特権(笑)を活かして、毎週月曜日に好評放映中の「京都・国宝浪漫」を欠かさず見るようにしてるんだけどねw。

何気にこの番組のレベルは、公式テキストで説明されているレベルを僅かに超えていたりします(ニヤw)。
それに、とても丁寧に解説してくれているので、初心者でも問題なく番組内容が理解できると思いますよ(ぉ。
これで、ローカル番組じゃなければ文句なしなんだけどね^^;。

マジ、京都検定の勉強にもってこいの番組だと思いますw。

ただ、神社・仏閣の国宝に限定しているため、その他の情報にまではあまり触れていないんだよね^^;。
放映時間の関係もあるから、その辺りは仕方ないとは思うけどね^^;。

尚、今回の画像は、浄土宗の総本山であり、山号を「華頂山」と称する知恩院にそびえ立つ巨大な三門になります(ぉ。
三門に掲げられている扁額(へんがく)に、しっかりと山号である「華頂山」の文字が記されてますね(ぉ。

この三門は江戸時代に徳川秀忠の命により建てられたと言われ、現存する二階建ての二重門としては最大級のものとなるそうです。

以前から知恩院の名は聞き及んでいましたが、実際に観覧した記憶はありませんでした^^;。

そのため、是非観覧したいと思い、知恩院に足を運んだのですが、ご本尊の「法然上人御影(ほうねんしょうにんみえい)」が祀られている御影堂(みえいどう)が現在修復工事中ということで仕方なく観覧を諦めた次第です(ガーソorz)。

どうやら暫くは修復工事のため、本尊を拝むことは叶わないようです^^;。

でも、折角知恩院まで来たのだから、もう少し見ていこうと思って、三門から少し離れている黒門側にある「瓜生石(うりゅうせき)」なる「知恩院の七不思議」として語り継がれている伝説の石をその目で見てきました(ニヤw)。

道のど真ん中にあるから、最初見落としそうになったさ(ぁ
uryuuseki.jpg
これが伝説の「瓜生石」というヤツなのねw

何でも、この石は、知恩院が創建される前からあるそうで、言い伝えによると、八坂神社の牛頭天皇(ごずてんのう)がこの地に降臨して、一夜のうちに瓜が生えて実ったと言われています。

ちなみに牛頭天皇は、祇園祭に登場する厄災を払ってくれる有難い神様です。

見た目は何の変哲もない大きな石が埋まっているという感じなんだけど、そんな凄い伝説があったんだね(ぉ。

また、その石の下には、二条城まで続く抜け穴があり、秘密の出入口であったなどとまことしやかに囁かれているようです(ぇ。

普通に考えて、知恩院と二条城の間には鴨川が流れているので、地下通路を掘るのは無理なんだけどね(えーw)。
それに地下水も流れているし、一体どうやって掘ったんだろうね(ぇ。
そこは皆さんのご想像にお任せしたいと思います(ニヤw)。

「平成28年度京都検定2級試験対策講座」を受講します


現状、学習状態にかなりムラがあり、お世辞にも効率の良い学習が行えているとは言えず、12月の本試験での2級合格はかなり厳しいのではないかと考えています。

そこで、2級攻略の糸口を掴むべく、京都新聞文化センター主催による「京都検定試験対策講習会」を受講することにしました(ぇ。

このまま、過去問中心に学習を続けてもいいんだけど、闇雲に学習するよりは要領を得た学習を心掛けることで、その効率は大きく違ってくるのではと考えています。

2級の他に3級と1級でそれぞれ開催される予定なので、学習に不安を抱えている方は、受講してみるのもアリかもね(ニヤw)。

平成28年度 京都検定試験対策講習会

京都検定試験対策試験講習会実施日時・内訳等

受講料は税込で6000円と値が張りますが、2級で問われる重要ポイントを中心に集中講義が受けられるとの事なので、試験で問われるポイントを効率よく整理し、併せて学習方法を学ぶ事で、難関の2級を突破する実力を身につける糸口になればと思っていますw。

この試験を突破する鍵は、何と言っても学習ノートの作り方にあると思うので、如何に効率よくポイントを纏めることが出来るかに掛かっていると思います^^;。

尚、講習は一日のみで行われ、朝10時から夕方17時までのお昼休憩を除く6時間みっちりと行われる予定になっています。
折角、高い受講料を払っているのだから、一言一句聞き逃さない姿勢で臨みたいと考えています。

この6時間で多くのモノを得て、12月の本試験に向けた対策を取りたいと考えています。

京都以外に東京でも受講できるようですので、京都検定の受検を考えておられる方で、日時の都合の合う方は一度受講を検討されてみては如何でしょうか。

尚、わたしが受講を考えているのは、10月2日(日)開催分で、「京都商工会議所」にて行われる予定です。

余談ですが、京都商工会議所の初代会長高木文平(たかぎぶんぺい)で、「京都電気鉄道株式会社(京電)」の初代社長として日本初の電気鉄道(路面電車)を開通させたことで有名な方ですね。

ハイ、ここ試験に出ますよ(ダマレw)。

気になった方は、その開通区間も復習しておきましょうw。
過去に出題されているので、要チェックです^^;。

その他にも別の日程で同じ内容の講習が開催されますので、よかったら検討してみてねw。
現時点で充分な実力のある方は、受講しなくても大丈夫だと思うけど、わたしみたく、実力がショボショボ(笑)な方はこの機会に是非如何ですか(ぉ。

京都検定関連書籍はこちらがおすすめ

↓ ↓ ↓

京都検定関連書籍はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 京都検定

0 Comments

Leave a comment