Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


30
2016  22:29:56

【悲報】元ネットワークエンジニアの今度こそ本当にプリコネサービス終了><

プリンセスコネクトサービス終了
プリンセスコネクトイメージ画像
Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.


前回述べた通り、プリコネサービス終了予定日が、メインストーリー実装遅れにより1ヶ月延期となっておりましたが、変更後の終了告知通り、2016年7月29日15時をもってプリコネのサービスが終了と相成りました><。



思わぬ1ヶ月のプリコネプレイ期間の延長となりましたが、新たに実装された最終章である12章の攻略以外は、ひたすらレベル上げに費やし、それ以外は時折魔星獣と戦うといったくらいで、取り敢えず当初掲げていたサービス終了までにプレイヤーレベルを200にすることを目標にプレイを続けた次第です^^;。

まあ、気が向いた時にサクッとプレイするくらいの感覚でいましたので、そんなに根を詰めてプレイしていたわけではないですからね^^;。

そして、結局、プリコネの目玉企画であったプリンセスバトル(プリバト)には一度も参加するなく、サービス終了の時を迎えるに至りました(ガーソorz)。

キャラを全然鍛えていなかったとは言え、一度くらい記念で参加しておいてもよかったかも^^;。

もっともギルドにも一度も加入することなく終わったので、もとよりギルド戦であるプリバトには参加出来ないとは思うけどね^^;。

何気に地味に、魔星獣討伐の救援要請と加勢経験をサービス終了間際に経験したので、それで満足だったりする(えーw)。

我ながら、プリコネやってて全然欲がなかったかも^^;。

昔ネトゲやってた時はもっとがっついていたものだけど、それだけ俺も歳を取ったということかorz。

@は、サービス終了記念に持っていたプラチナチケットとジュエル全て注ぎ込んでガチャに挑戦したけど、結局一度もSSRが出ずにサービスが終了してしまったのが、少し残念かもね^^;。

以下、ありったけのチケットとジュエルを注ぎ込んで出たSRカードです><。

pricone_finSR01.jpg

最後の最後にSR怜たんげっちゅダゼ(ダマレゴミwwwww)
pricone_finSR02.jpg
最後の馬の餞(はなむけ)かな(ニヤw)

みじゅぎ姿のぬこたまきたんげっちゅダゼ(ぶひぃぃぃwwwww)
pricone_finSR03.jpg
たまきたんエロ可愛いよたまきたん(*´Д`)ハァハァ(最悪だwwwww)

小悪魔ロリッ娘よりたん可愛いよよりたん(シンデシマエwwwww)
pricone_finSR04.jpg
ナニコノ悪魔っ娘な天使たんわwwwww

pricone_finSR05.jpg

変態ドMっ娘(笑)な空花たんがエロ可愛すぎて生きているのが辛い(ナラシネヨwwwww)
pricone_finSR06.jpg
最後の最後にプリコネが誇る変態っ娘を引き当てるとわwwwww

SRはそれなりに出るんだけどねぇ^^;。

サービス終了間際でさえ、SSR出ないとか、どんだけ確率絞っていたんだか(ガーソorz)。

SSRマジゲーム始めてから一度も出なかったおorz。

一度でいいからSSRというものにお目見えしてみたかったなぁ^^;。

祝プリコネのプレイ目標レベル200到達www(ぇ




まあ、当初の目標であったプレイヤーレベル200には何とか到達することが出来たので、その点は満足かも(ニヤw)。

何だかんだ言って最終レベル200越えで、当初の目標を達成できました(わーい^^)
pricone_finLv.jpg
ちなみに画像の場所は最終章12章の最終エリアですw

この辺りのレベルになると経験値がかなりきつくなってくるので、なかなかレベルが上がらず涙目だけどね><。

積極的にプリバトとかに参加していたら、無限平原とかでもっと効率よくレベル上げ出来たかもしれない罠(ガーソorz)。

まあ、マイペースでまったりとプレイしていたからこれでいいかもw。

ともあれ、サービス終了のその瞬間までプレイを続けられた皆さま、本当にお疲れ様でした><。

おのれ、貴重なシコリティ(笑)の高いゲームだったのに(最悪だwwwww)。

色々と可能性を感じるコンテンツだっただけに、サービス終了となってしまったのは残念ですが、世に数多のソシャゲが氾濫する中で、時代の潮流に乗り切れず淘汰される運命となったのでしょう^^;。

まさに、世は栄枯盛衰のソシャゲ戦国時代(笑)ですからねorz。

正直飽和状態にあると言ってもいいかもしれないですね^^;。

そんな中、また面白いゲームに巡り会えること切に願っています><。

@何気にプリコネプレイ300日を達成していた罠wwwww




前回の記事で、プリコネのプレイ継続300日はサービス期間の関係でさすがに間に合わないかもとかのたまっていましたが、何とサービス終了日のまさにその日にギリギリ達成することが出来ました。

我ながら何という見事なタイミングwwwww。

決して狙ったわけではなく、マジで偶然で吹いたwwwww。

サービス終了が一日早かったら達成出来てなかったと思うと、ある意味ツイていたのかも試練(ダマレカスwww)。

pricone_fin300anniversary1.jpg

pricone_fin300anniversary2.jpg

pricone_fin300anniversary3.jpg

でも、途中で回線が切れてしまうのがぢつにわたしらしいかも(ちょwww)。

本来ならまだ記念アイテム獲得画面が表示されるはずでしたが、サーバが落ちて以降の画面が表示されませんでしたとさ(ガーソorz)。

プリコネサービス終了後ログイン可能もゲームは不可><




サービス終了後にログインを試みたところ、サービス終了告知にあった通り、プリコネをプレイすることはできなくなっており、代わりにアイテムの払い戻しのみが可能になっていましたとさ^^;。

その状況に直面して、本当にサービスが終わってしまったんだなと実感するに至りましたとさ><。

お馴染みのこのログイン画面も見納めか^^;
pricone_finlogin1.jpg

pricone_finlogin2.jpg

pricone_finlogin3.jpg

pricone_finlogin4.jpg

pricone_finlogin5.jpg

返金フォーム以外操作できなくなっていて、一抹の寂しさを感じましたTT。

本当にサービスが終わってしまったことを実感せざるを得ませんね><。

以下、最後に実装された最終章第12章のラストバトルの模様並びにエンディングに至る道筋を振り返ってみたいと思います。

これから先、めっちゃ長くなりますので、お読みいただく方はそのつもりでお願い致します(ぇ。

これと言ったプレイは出来ませんでしたが、メインストーリーを最後までプレイ出来てよかったですw。

最終章~覇瞳皇帝(カイザーインサイト)とのラストバトル~




ラスボスのネーミングが激しく厨二(笑)ですがお気にならさず(ヲィwww)。

七冠(セブンクラウンズ)と呼ばれる、プリコネの舞台であるアストルムの世界を構築したウィズダムという天才集団の頂点に君臨するラスボスになります。

これまでも、跳躍王(キングリープ)、変貌大妃(メタモルレグナント)、誓約女君(レジーナゲッシュ)等のそれぞれが特殊能力を持つ七冠との死闘を潜り抜けてきています。

ネーミング通り、跳躍王は驚異的な跳躍で相手の攻撃を避けながら攻撃を繰り出すことを得意としています、また、変貌大妃は見たままをコピーすることができ、その者の能力までもコピーした偽者だけど本物に限りなく近い傀儡(くぐつ)を作り出すことが出来ます。

しかも同時に偽者を複数作り出すことも可能なので、非常に厄介な相手だと言えます><。

また、誓約女君は、アストルムの世界をデータとして捉え、乱数聖域(ナンバーズアヴァロン)という特殊能力を使って乱数を調整することで、ゲームデータを直接書き換え、相手の行動を制御することが出来ます。

自在にフィールドのデータを操るという極めてチート(笑)な能力の持ち主です><。

実際にかなりの強敵でした><。

それにしても、どの七冠の二つ名(笑)も激しく痛い(笑)ですねwwwww。

揃いも揃って厨二病こじらせずぎwwwwww。

ちなみにラスボスの覇瞳皇帝の特殊能力は、予知による先読みです。

攻撃・防御両面において、相手の未来を読み、裏をかいた行動を取ることが出来ます。

普通に戦ってはまず勝ち目ないでしょうね(ぇ。

でも、相手の予知を上回る不規則行動が可能であればあるいは?

つまり予測不可能な行動を取ればいいわけですね。

もっとも、予定調和を上回る攻撃を繰り出すのは容易ではありませんけどね^^;。

そんな一縷の可能性に賭けてプリンセスナイト一行は、覇瞳皇帝に戦いを仕掛けていきます。

尚、覇瞳皇帝はアストルムのシステムを制御しているAI(人工知能)であるミネルヴァを自身に取り込むことで、いまある世界を書き換え自身の理想とする世界に作り変えようとしているこれまでのいきさつがあります。

この辺りのやり取りは、もっと前の戦いの段階なので、ここでは描かれていません^^;。

ちなみに伏せている箇所は主人公であるプリンセスナイトのセリフになります。

つまりゲームをプレイしているプレイヤー自身ですね。

以上を念頭に以下をお読み頂ければと思います。

尚、一部抜粋して紹介しています(ぇ。

pricone_fin1.jpg

pricone_fin2.jpg

pricone_fin3.jpg

pricone_fin4.jpg

pricone_fin5.jpg

pricone_fin6.jpg

pricone_fin7.jpg

pricone_fin8.jpg

pricone_fin9.jpg

pricone_fin10.jpg

pricone_fin11.jpg

pricone_fin12.jpg

pricone_fin13.jpg

pricone_fin14.jpg

pricone_fin15.jpg

pricone_fin16.jpg

ラスボスなのに弱すぎwwwwww
pricone_fin17.jpg
メインストーリーだから勝てるように作ってあるんだけどね(ニヤw)

pricone_fin18.jpg

pricone_fin19.jpg

pricone_fin20.jpg

pricone_fin21.jpg

pricone_fin22.jpg

pricone_fin23.jpg

pricone_fin24.jpg

pricone_fin25.jpg

pricone_fin26.jpg

pricone_fin27.jpg

pricone_fin28.jpg

pricone_fin29.jpg

pricone_fin30.jpg

pricone_fin31.jpg

pricone_fin32.jpg

pricone_fin33.jpg

pricone_fin34.jpg

pricone_fin35.jpg

pricone_fin36.jpg

pricone_fin37.jpg

pricone_fin38.jpg

pricone_fin39.jpg

pricone_fin40.jpg

ここでまさかの分岐!?
pricone_fin41.jpg
誰を選ぶかによって未来が変わる?

と思ったのだけど、全パターン試したところ、多少の差異はあるものの、結果は全て同じなんだよね(ぇ。

確かにゲームを完結させるための最終ストーリーなのだから、無難な所で纏めるのがいいのかもねw。

てっきり誰を選んだかで、その後の未来が変わると思ったのだけど、そうはならなくてちょっと残念かも^^;。

まあ、サービス終了したゲームだし、体のいい所で完結させたといった感じかなw。

そんなわけで、「最終章~アストルム再構築世界の狭間で~」に続きますw。

覇瞳皇帝との戦いで傷付き、辛くも勝利するも、VR世界からのログアウトが間に合わず、アストルムの世界の崩壊と再構築に飲まれた主人公の命運は如何に?

って大分端折っているけど、たぶん次を読めば何となくわかるかも(えーw)。

最終章~アストルム再構築世界の狭間で~(完全ノーカット版w)




ミネルヴァによるアストルム世界の崩壊と再構築から舞台は再び幕を開けます。

VR(仮想現実)の世界から主人公であるプレイヤーは、果たして無事にリアル世界に帰還できるのでしょうか><。

尚、これより物語はメインストーリー以降のサブストーリーへと入ります。

最終章第12章の覇瞳皇帝を打倒した後の話になるので、厳密には第12章ではないですね(ぇ。

でも、お話が続いているので、この際第12章の中に纏めて含めちゃいます(ニヤw)。

では、物語の続きをご覧あれw。

ここからサブストーリーに入ります。

「いつか、また会う日まで!」のお話が展開されますが、敢えてお話を幾つかのパートに分けさせて頂きます。

その方がわかりやすいですしw。

pricone_fin42.jpg

pricone_fin43.jpg

pricone_fin44.jpg

pricone_fin45.jpg

pricone_fin46.jpg

pricone_fin47.jpg

pricone_fin48.jpg

pricone_fin49.jpg

pricone_fin50.jpg

pricone_fin51.jpg

pricone_fin52.jpg

pricone_fin53.jpg

pricone_fin54.jpg

pricone_fin55.jpg

pricone_fin56.jpg

pricone_fin57.jpg

pricone_fin58.jpg

pricone_fin59.jpg

pricone_fin60.jpg

pricone_fin61.jpg

pricone_fin62.jpg

pricone_fin63.jpg

pricone_fin64.jpg

なんて無欲な主人公、まるで俺みたいだ(ヲィwww)
pricone_fin65.jpg
自分より世界の恒久を願うとか、器の大きさが違うぜwwwww

謎空間(笑)にいる状況で冷静すぎだろ、この主人公www
pricone_fin66.jpg
マジ達観してやがるゼ(ダマレw)

しかも、それが飾らない心からの本心とか、マジこいつ最終解脱者(笑)カヨwwwww
pricone_fin67.jpg
人間出来すぎで吹いたwwwww

pricone_fin68.jpg

pricone_fin69.jpg

pricone_fin70.jpg

pricone_fin71.jpg

pricone_fin72.jpg

pricone_fin73.jpg

pricone_fin74.jpg

pricone_fin75.jpg

ぢつはフィオたんは、覇瞳皇帝の攻撃から主人公を庇い、攻撃を受けた事で、その存在が消滅してしまったんだよね><
pricone_fin76.jpg
アストルムで、主人公と行動と共にしていたナビ妖精たんで、何時も傍に居て場を和ましてくれる存在だったんだよねw

pricone_fin77.jpg

フィオたんも世界を救った英雄の一人だったのかwwwww
pricone_fin78.jpg
その割に、危なくなったらちゃっかりどこかに姿をくらましていたけどね(ニヤw)

pricone_fin79.jpg

pricone_fin80.jpg

pricone_fin81.jpg

pricone_fin82.jpg

pricone_fin83.jpg

pricone_fin84.jpg

こうして主人公はフィオたんの導きにより、リアルへの帰還の途に着きます。

果たして無事にリアルへと帰還できるのでしょうか。

そんなわけで、「最終章~リアル(現実)への帰還~」へと続きますw。

厳密にはサブストーリーなんだけど、細かいことは気にしないw。

更にいうと副題はわたしが適当に考えて付けているだけで、実際はすべてサブストーリーである「いつか、また会う日まで!」の中に含まれている罠(えーw)。

でも、この方が臨場感があっていいでしょ(ダマレカスwww)。

まだまだ終わらんよ(ニヤw)。

最終章~リアル(現実)への帰還~(完全ノーカット版w)




VR世界であるアストルムより、フィオたんの導きを経て現実へと帰還する流れとなります。

pricone_fin85.jpg

pricone_fin86.jpg

pricone_fin87.jpg

pricone_fin88.jpg

pricone_fin89.jpg

自分の事より仲間たちの事を第一に心配するまさに主人公の鏡wwwww
pricone_fin90.jpg
自分の方が遥かに大変だったのにね^^;

この娘はどんな時も明るい笑顔だよねwwwww
pricone_fin91.jpg
まさに太陽のような娘だね(ニヤw)

優衣たんの笑顔に安堵したゼ(シネヨwwwww)
pricone_fin92.jpg

いつも気丈に振舞っていた怜たんなんて泣いているしwwwww
pricone_fin93.jpg

仲間思いの主人公かっけ~wwwww
pricone_fin94.jpg
俺なら真っ先に自分の身の安全を確認するけどね(だめぽwwwww)

今回の一連のアストルムの騒動に巻き込んだ元凶さんのご登場です(ちょwww)
pricone_fin95.jpg
全てはこのお姉さんから始まった物語でした(ぇ

そう、七冠の中でも最高の頭脳と能力を誇る稀代の天才「模索路晶(もさくじあきら)」その人にw。

アストルムの世界を作り上げ、ミネルヴァという制御システムを生み出したウィズダムの暴走を止めるべく、他の七冠の野望を阻止せんと一人反旗を翻し、動いたことで、主人公がその騒動に巻き込まれていったわけですね(ぇ。

ちなみに、アストルムの頭脳とも言うべき、ミネルヴァの開発はほぼ彼女によるものですw。

運悪く(笑)、晶に目を付けられ、プリンセスナイトに仕立て上げられた(笑)ことから、この物語はその幕を開けたのですw。

pricone_fin96.jpg

こうして、主人公はリアルへと帰還し、少しずつ日常の生活を取り戻していくのでした。

しかし、再構築されたアストルムの世界には!?

何だか思わせぶりな締め方ですが、あまり大したことではないので期待しないように(えーw)。

そんなわけで、「最終章~それぞれの道」に続きますw。

最終章~それぞれの道(完全ノーカット版w)




主人公がリアル世界に帰還してから数ヶ月の間、アストルムがプレイ不可となり、それからしばらくして運営から大幅なアップデートの告知がなされます。

そして、その日から再びアストルムは広く開放され、多くのプレイヤーがプレイに興じていくようになります。

これはそんなアストルム復興後のお話ですw。

pricone_fin97.jpg

pricone_fin98.jpg

pricone_fin99.jpg

pricone_fin100.jpg

pricone_fin101.jpg

pricone_fin102.jpg

pricone_fin103.jpg

pricone_fin104.jpg

ネネカとありますが、七冠の変貌大妃(メタモルレグナント)のことを指しています、むしろこっちが本名ですw
pricone_fin105.jpg

pricone_fin106.jpg

pricone_fin107.jpg

pricone_fin108.jpg

なんと主人公はあれ以来、アストルムにログイン出来なくなっていました><
pricone_fin109.jpg
ミネルヴァの意思によるものなのかな?

そして、七冠についてもログイン出来なくなったようです^^;
pricone_fin110.jpg

きっとミネルヴァたんに自我が芽生えたんだね(ニヤニヤwwwww)
pricone_fin111.jpg

不思議だよねぇ(ぇ
pricone_fin112.jpg
どんな理由があるのかまではお話では触れられていないからねぇ^^;

mimiというのは、VR世界にダイブするための装置で、SAO(ソードアートオンライン)で言う所の「ナーブギア」みたいなものですね(ぇw
pricone_fin113.jpg

大変な目に遭ったからねぇ><
pricone_fin114.jpg
むしろ、トラウマになっているとか(ぇ

そうだね、ミネルヴァたんの配慮なのかもw
pricone_fin115.jpg

張本人がナニを偉そうにwwwww
pricone_fin116.jpg
まさにおまいう(笑)だねぇwww

pricone_fin117.jpg

pricone_fin118.jpg

pricone_fin119.jpg

pricone_fin120.jpg

pricone_fin121.jpg

pricone_fin122.jpg

pricone_fin123.jpg

恩着せがましいわwwwww
pricone_fin124.jpg

君子豹変す(ヲィw
pricone_fin125.jpg

pricone_fin126.jpg

ラジラジとありますが、跳躍王(キングリープ)のことを言っていますw
pricone_fin127.jpg

真那さんとありますが、覇瞳皇帝(カイザーインサイト)のことを指しています、むしろこっちが本名ですw
pricone_fin128.jpg

ミネルヴァによる意識の修復作業も不可な状態でしたからね><
pricone_fin129.jpg
敵だったとは言え、これからも昏睡状態が続くのでしょうね><

いきなり誰?
pricone_fin130.jpg
まあ、ゲームをプレイしていればすぐに誰かわかるけどねw

pricone_fin131.jpg

pricone_fin132.jpg

pricone_fin133.jpg

この辺りのくだりはサブストーリー「世界で一番悪いヤツ」で触れられていますw
pricone_fin134.jpg
元々は七冠側の刺客でしたが、ある時からミネルヴァ側に付くことになりますw

彼女もまたミネルヴァ側に付いて動いていました(ぇ
pricone_fin135.jpg

pricone_fin136.jpg

pricone_fin137.jpg

どうやら主人公はリアルで彼らに会ったことはないようです
pricone_fin138.jpg
でも、アストルムでは七冠側の刺客として幾度も刃を交えています(ぇ

pricone_fin139.jpg

pricone_fin140.jpg

ここでようやく事態を飲み込む主人公、ってか誰か教えてあげてwwwww
pricone_fin141.jpg
何も知らないのは主人公だけとかヒドスwwwww

pricone_fin142.jpg

pricone_fin143.jpg

ネトゲ入り浸りの生徒会長とかワロスwwwww
pricone_fin144.jpg
いや、仕事しろよ(ちょwww)

pricone_fin145.jpg

いや、むしろこれほど威厳のない生徒会長も珍しいのですがっwwwww
pricone_fin146.jpg

pricone_fin147.jpg

pricone_fin148.jpg

リアルの世界で、能力が使える!?
pricone_fin149.jpg
一体どうやって?

この辺りのくだりもサブストーリー「世界で一番悪いヤツ」で触れられていますw
pricone_fin150.jpg
知らぬは主人公だけなり(ヲィw

pricone_fin151.jpg

pricone_fin152.jpg

pricone_fin153.jpg

pricone_fin154.jpg

pricone_fin155.jpg

pricone_fin156.jpg

事情を知った主人公の心中は如何に?
pricone_fin157.jpg
ぢつはノウェムたんは、超能力の持ち主で、その数々の能力はアストルム世界で再現されていたのです

七冠の能力も彼女の持つ特殊能力を元に開発されたものなのです。

しかし、そのため、ノウェムたんはウィズダムに実験体として扱われ、随分ヒドイ扱いを受けていたようです><。

特に七冠にモルモットのように扱われたという悲しい過去があります><。

そんな中、優しく接してくれたのは晶だけで、そのため、七冠であっても彼女だけには心を許しています><。

pricone_fin158.jpg

pricone_fin159.jpg

手品じゃないんだけどね^^;
pricone_fin160.jpg
確かに傍目から見たら、瞬間移動や魔法とか見せられても俄かには信じられないからね^^;

恐らく晶は、肝心な所はうまくぼかして伝えたのでしょうね^^;。

そのため、能力がどういったものかはわかっていないようです^^;。

優衣たんは何かを察していそうですねw
pricone_fin161.jpg
さすが勘の鋭い娘だわw

pricone_fin162.jpg

pricone_fin163.jpg

pricone_fin164.jpg

pricone_fin165.jpg

pricone_fin166.jpg

pricone_fin167.jpg

ナニコノハーレム飲み会wwwww
pricone_fin168.jpg
ヲイ、主人公、ちょっとそこ代われwwwww

pricone_fin169.jpg

pricone_fin170.jpg

いや、ひよりたんは天然でしょwwww
pricone_fin171.jpg
むいろ計算高いのは怜たんだしwwwww

一人冷静な優衣たんでしたw
pricone_fin172.jpg

pricone_fin173.jpg

pricone_fin174.jpg

pricone_fin175.jpg

pricone_fin176.jpg

くるよ(ちょwww
pricone_fin177.jpg
そういえば、今いくよさんはお亡くなりになられましたねTT

そして、物語はいよいよ佳境へと向かいます。

そんなわけで、「最終章~エンディング~」へと続きますw

最終章~エンディング~(一部抜粋w)




英雄たちの道半ば、今後の展望を示した後、エンディングのテロップが流れ、プリコネに登場した数多くのキャラと共に豪華声優陣が表示されましたw。

その模様を見ていると感無量ですねwwwww。

とても感慨深いものがありました。

なんせ、総勢50名以上の萌えキャラとその担当声優たん陣ですからねwwwww。

ほんと、これだけの有名萌え声優たん陣で展開されたゲームだけに、サービス終了したことは本当に残念の一言です><。

pricone_fin178.jpg

pricone_fin179.jpg

pricone_fin180.jpg

pricone_fin181.jpg

pricone_fin182.jpg

pricone_fin183.jpg

pricone_fin184.jpg

pricone_fin185.jpg

pricone_fin186.jpg

pricone_fin187.jpg

pricone_fin188.jpg

pricone_fin189.jpg

pricone_fin190.jpg

繭宮つむぎたん(CV:木戸衣吹たん)はワタスの推しメンでした(ニヤw)
pricone_fin191.jpg
ゲームが続いていれば、色々と彼女に関するイベントの展開が見られたかもしれないですねw

pricone_fin192.jpg

pricone_fin193.jpg

ナニコノ美少女図鑑わwwwww。

改めて、物凄い豪華な萌え声優たんのラインナップですね(ニヤニヤwwwww)。

これだけの有名萌え声優たん陣が出演されているゲームってひょっとして皆無じゃね(マジカwwwww)。

グラブルのように大人気を博しているゲームもありますが、純粋に美少女だらけでコレほどの萌え声優たんを起用したソシャゲってこのゲーム以外他にないんじゃね(ぇ。

少なくとも俺が知る限り、これだけのブヒキャラ、耳が幸せすぎた数々の萌え声優たんによる萌えボイスの共演は他に類を見ないと思いますwwwww。

確かにゲームのグラやクオリティは一昔前と言った感じで、今の潮流からは少し遅れている感はありましたが、これだけの大型コンテンツがそのサービスを終了してしまったのは本当に残念の一言です><。

出来ることなら何時の日か、プリコネが復活する日が来ることを切に願います><。

恐らくわたしを含め、プリコネファンの方は少なからずおられることと思います><。

その方たちの切なる思いが、ゲームの復活だと思います><。

近い将来、一回りも二回りも成長したプリコネが見られる日が来ることを楽しみにしていますw。

現実問題、サービス終了したゲームを復活させるのは難しいとは思うけどね^^;。

そんなわけで、このエンディングの大団円をもってプリコネワールドは一応の終焉を迎えることになりますw。

でも、これで終わりじゃないんだな、コレガ(ぇ。

まだもうちょっとだけ続くんじゃよ(ニヤw。

以下、「最終章~アストルムは永遠に~」へと続きますw。

アニメで言えば、所謂「Cパート(笑)」といったヤツですな(ニヤニヤwwwww)。

最終章~アストルムは永遠に~(完全ノーカット版w)




主人公がいつものようにアストルムで仲間と待ち合わせをしていると、モンスターに襲われている娘と遭遇します。

ほんと、お約束(笑)のように誰かのピンチに遭遇するヤシだな、コイツわ(ニヤニヤwwwww)。

しかもおにゃのこ限定な辺り、一体どこのエロゲ主人公ダヨ、まったくwwwww。

ってか、何時の間にアストルムにログイン出来るようになったんだというツッコミ(笑)はなしの方向で(えーw)。

きっと、ミネルヴァたんが充電期間を経たと判断して、アストルムを再び開放したのかもしれませんね(ぇ。

これはそんな主人公が再びアストルムをプレイするようになったお話ですw。

pricone_fin194.jpg

pricone_fin195.jpg

pricone_fin196.jpg

pricone_fin197.jpg

おっぱい美少女たんキターwwwww
pricone_fin198.jpg
ナニコノ狙ったようなアホ毛装備(笑)のブヒっ娘わwwwww

主人公の美少女なおにゃのこ遭遇率マジ高すぎwwwww
pricone_fin199.jpg
その遭遇スキル今すぐ俺によこせ(最悪だwwwww)

pricone_fin200.jpg

pricone_fin201.jpg

狙ったような初心者キターwwwww
pricone_fin202.jpg
これは手取り足取り(意味深w)教えるしかないジャマイカ(最低だwwwww)

pricone_fin203.jpg

自ら毒牙(笑)に掛かりにくるとは、殊勝な心掛けジャマイカ(シネヨwwwww)
pricone_fin204.jpg

pricone_fin205.jpg

ハーレムギルドに入れる気満々ジャマイカwwwww
pricone_fin206.jpg
そこのおにゃのこ、今すぐ逃げて~wwwww

お約束のちょろいん(笑)カヨwwwww
pricone_fin207.jpg
既に手遅れ(笑)だったかwwwww

pricone_fin208.jpg

ここで正妻(笑)登場と来たかwwwww
pricone_fin209.jpg
一体どんな正妻戦争(笑)が繰り広げられるのやら(ちょwww)

pricone_fin210.jpg

何とも思わせぶりな展開ダナ(ニヤw)
pricone_fin211.jpg
新キャラ紹介とか、続編を期待してしまうジャマイカ(ニヤニヤwwwww)

pricone_fin212.jpg

俺たちの戦いはこれからだwwwww。

見事なおれたたエンド(笑)ジャマイカwwwww。

ナニコノ主人公ハーレム加入エンドわwwwww。

おっぱい美少女たんが新たに加入とか、そこのプリンセスナイト、ちょっと俺と場所代われwwwww。

まったくもって裏山ケシカランwwwww。

ひょっとして続編あるのか(ぇ。

忘れた頃に「プリンセスコネクト2」とか出す気じゃないだろうな(ニヤソwwwww)。

何だか妙に期待してしまうジャマイカ(甘いわwwwww)。

甘々と稲妻(笑)じゃないけどね(えーw)。

そんなわけで、最後までお読み頂きありがとう御座いましたw。

我ながら凄まじく長くなってしまった(ダマレクズwwwww)。

でも、これで本当にサービス終了だから、別にイイヨネ(ヲィwwwww)。

アストルムは永遠に 完(キリッwwwww)

スポンサーリンク


 プリンセスコネクト!

4 Comments

もこっち  

夏アニメ

資格ゲッターさん

どうも、もこっちです。
今年も夏アニメの季節がやってまいりました。

私の今季1番のお勧め作品は「ラブライブサンシャイン」です。
それぞれキャラに個性があり面白いです。
先週はかなり面白い回でした。1年生が個性がありすぎです。
生徒会長がラブらいばー、主人公がまさかの尊敬してるアイドル名を間違える
中二病、ずらまるなどなど毎回、見ごたえあります。

あとは、もはや夏の風物詩となりつつあるプリズマイリヤドライですね。
今季はシリアスがおおめです。あと、マーボー店の店主に草生えました。
田中さんが良いキャラしてる。

ではでは、





2016/08/02 (Tue) 21:30 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: 夏アニメ

もこっちさん

コメありり^^。

>夏アニメの季節が
夏バテになりながらも、怒涛のごとく消化してますよっとw。

>「ラブライブサンシャイン」
何気に主人公の千歌たんの中の娘の伊波杏樹たんがいのりん(水瀬いのりたん)たんと同じ事務所の後輩ということで、今後の杏樹たんに期待していたりする(ニヤw)。
自身もラブライバーでしかも主役をげっちゅしたんだから、是非ブレイクして欲しいですね(ぉ。

>かなり面白い回でした。
堕天使ヨハネの厨二っ娘たんが痛面白すぎて生きているのが辛いwwwww。
素が出ないように意識しているのが却って笑えるよね(ニヤニヤw)。

あと、ずらまるたんがいちいち可愛すぎるんですがっwwww。

そして、思わず○イエース(笑)したくなったのが、ルビィたんで、あの舌足らずな声が辛抱溜まらん(最悪だwwwww)。
しかもこの作品がアヌメ初作品とか、末恐ろしいあざかわ(笑)っ娘だぜwwwww。

この娘(降幡愛たん)も杏樹たん同様、このアヌメでブレイクしそうなヤカンwwwww。
アヌメ初作品にしてスターダムに駆け上がったらマジスゴス(ガクブルwwwww)。

@鞠莉たんのハーフなカタコトぶりに吹いたwwwww。
中の娘の鈴木愛奈たんが、これまでとは違ったイメージのキャラを演じている事で、新たな境地を切り開きそうなヤカンwwwww.。
何気に鬼斬の静御前たんの中の娘で、ブヒり捲くっていたのは内緒(ニヤw)。

このアヌメで鈴木愛奈たんのロリっ娘のイメージが書き換えられそうだから困るwwwww。

まったく、マクロスΔのフレイヤたんの中の娘の鈴木みのりたんといい、才能溢れる若手がどんどん出てきてるよねwwwww。

ほんと才能ある娘ばかりなので、@は如何にいいアヌメに恵まれるかだよねw。
最近のアヌメは当たり外れが激しいので、良いアヌメに恵まれるかはほんと時の運だよね^^;。

>生徒会長がラブらいばー、主人公がまさかの尊敬してるアイドル名を間違える
今の所、にこにーたんに相当する娘は出てきていないけど、どことなく、無印のミューズのおにゃのこたちの特徴を少しずつアレンジしているような感じだよねw。

もっとも、生徒会長のダイヤたんは、ほぼエリチたんと同じキャラ付けだけどwwwww。
勿論、主人公の千歌たんはほのかすたんのように、その明るさと情熱で周りを動かしていくタイプだねw。

>夏の風物詩となりつつあるプリズマイリヤドライ
シリアルな割にはギャグ多くて吹いたwwww。

ってか仲間になったギル頼もしすぎwwwww。
あの慢心王(笑)とは思えんwwww。

>マーボー店の店主に草生えました。
まったくどこのジョージだかwwwww。
あのおっさんの声、言峰綺礼にしか聞こえんwwww。
どこの愉悦部だwwwww。

> 田中さんが良いキャラ
あの娘不死身すぎだろwwwww。
トールハンマー食らっても服だけ消し飛ぶご都合設定吹いたwwwww。

そして、どれだけ攻撃食らっても、「ズンガズンガするです」ってそれ激辛マーボと同じ感想なんですがっwwwww。

福圓たんいい演技するよねwwwww。

追伸:
個人的に残念だったのは、期待していたおにゃのこロボアヌメ(笑)のレガリアが第4話で一旦打ち切りになったことかな^^;。
マジで突然打ち切られて草wwwww。

期待の新人声優の本渡楓たんが主役のユイたんを演じていただけに、何とも残念かも><。
折角のオパーイ姫たん(笑)だったのに(ちょwww)。
@あやねるたん演じるブヒっ娘のレナたんもお預け(笑)になってしまったジャマイカ(ダマレカスwwww)。
まあ、9月1日にまた第1話から放映する予定なので、制作陣には今度こそちゃんとしたものを作って欲しいものですね^^;。

しかし、クオリティが打ち切りの理由なんて前代未聞かも><。
そんなに出来が悪かったのだろうか・・・。
4話まで見た感じではまだまだ謎だらけだったけど、以降解明していくものだと思っていたのに^^;。

まあ、作り直すなら、誰もが納得出来る物に仕上げて欲しいですねw。

他にもまだまだありますが、全部書いているとキリがないのでコレで締めます(えーw)。

ってか、俺がアヌメの感想書くのやめたのは、際限なく書いてしまうからに他ならないからです><。

冗談抜きで俺が本気出したら2万でも3万字でも平気で書いてしまい、勝手ながら俺が疲れ切ってしまうからです(ヲィw)。

@ブログでアヌメの事を書くのは色々規制があって面倒なので、止めたのもあります><。

とにかく著作権が厳しいので、書きたくても怖くて書けない・・・。

画像や動画とかを使っているといつペナルティを受けるかわかりません・・・。

このことは、当ブログのようなレンタルブログであろうが、独自ドメインであろうが等しく変わりません><。

実際、独自ドメインも運用していますが、著作権周りは本当に怖いです><。

恐らく、アヌメの感想を書いているサイトは常にその恐怖に脅えておられることでしょう・・・。

更に世俗的な事になりますが、アヌメに関するコンテンツは手間が掛かる割には殆ど儲からないというのがあります><。

なぜなら、単価が安く、売れたとしても殆ど利益にならず、利益率は非常に低いと言わざるを得ません><。

以上の理由から、わたしが今後アヌメの感想を書く事は恐らくないでしょう><。

ここまで本音を晒したのは初めてかもw。

そんなわけで、申し訳ありません><。

以上です。

失礼しました^^;。

2016/08/03 (Wed) 01:05 | EDIT | REPLY |   

もこっち  

夏アニメ

資格ゲッターさん

どうも、もこっちです。

早い返信ありがとうございます。

なるほど、アニメ感想をやめた理由が分かりました。
中の人までチェックしててすごいですね。
私はただ見てるだけですけどね
新人かなくらいの認識しかありませんでした。

大人になるとなかなかアニメを見てる人がいなくて、共感得られる人が
いなくてついつい投稿してしまいました。
あにこ便とかみてても面白いですけどね。

ではでは、体に気を付けて、、

2016/08/03 (Wed) 12:32 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: 夏アニメ

もこっちさん

>アニメ感想をやめた理由が分かりました。
ご理解頂けて何よりです。

きっとあにこ便の中の人もそのことを承知の上で運営されていると思いますよ^^;。

わたしはブログ削除されたくないのでやっていませんが、最悪削除されても文句言えません><。

独自ドメインの場合は消されないけどねw。

でも検索順位を下げられたり圏外に飛ばされる可能性はあります><。

なるべくならリスクを負いたくないのが本音です><。

その意味で、リスクを冒して運営されている方はありがたい存在ですね(ぉ。

>中の人までチェックしてて
萌え豚かつ声豚ですから(最悪だwwwww)。
萌え声優たんは常に抑えています(キリッwwwww)。

>なかなかアニメを見てる人がいなくて
只でさえ今アヌメの規制が厳しくて、この手のアヌメサイトどんどんなくなってますからね><。

大人の見ている割合が少ないというのもありますが、規制の影響でアヌメに触れる機会そのものが激しく減っているのが問題ですね><。
まあ、現代人は多忙な方ばかりですし、アヌメ視聴に興じている余裕ありませんからね><。

俺みたいな例外(笑)もいますが(シネヨwwwww)。

いずれにせよ、現在のアヌメ規制は本当にヒドイものがあります><。

ほんと、頭の固い連中ばかりで嫌になるよね><。

ってか、アヌメ規制すればするほど、円盤売れなくなると思うのだけど・・・。

実際に一部の人気アヌメ以外円盤爆死状態ですからね・・・。

いい加減提供側は自らの首を絞めていることに気が付くべきですね><。

追伸:今期で一番ブヒれるのは、「NEW GAME!」で決まりでしょ(異論は認めん(ヲィwwwww)。

青葉たんがロリ可愛すぎて生きているのが辛いwwwww。

あぁ^~心がぞいぞいするんじゃぁ^~wwwww。

ナニコノ合法ロリたんわwwwww。

マジで○学生にしか見えなくて○イエース必至(ちょwww)。

ひふみん先輩たんとねねっちたんの青葉たんとのロリっ娘百合キマシぶりがもはや辛抱溜まらんぞ(最悪だwwwww)。

おのれ、こんな美少女たんだらけの会社どこにいけばあるんだ(ダマレカスwwwww)。

こんな可愛い娘だらけの会社なら喜んで入社するゼ(ニヤニヤwwwww)。

でわでわ、お互い夏バテ及び熱中症にはくれぐれも気をつけましょう><。

以上、駄文失礼シマスタ(ダマレクズwwwww)。

2016/08/03 (Wed) 20:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment