元ネットワークエンジニアの初心者にやさしいWeb制作のことがとてもよくわかる本ですw

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本web_creation01.jpg

今回は、現役のWebデザイナーさんが、初心者向けにWeb制作をとてもわかりやすく解説している書籍をご紹介致します。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

Webデザイナーを目指すわかばちゃんがWeb制作を学んでいくというお話になります。

個性溢れる萌えキャラたちが登場して、おもしろ可笑しくWeb制作を学ぶことができますヨw。

本書の特徴については後述させて頂きますね(えーw)。

以前ご紹介させて頂きました下記の記事の書籍同様、こちらの書籍もWeb制作に登場する各種技術用語を萌えキャラ化し、Web制作の過程をマンガ調にわかりやすく説明することで、初心者にも無理なく理解できるようになっています。



これまで何となくWeb制作に携わっていた方も、お仕事で迫られてWeb制作を行っている方も、趣味で作ってみたいという方も、本書を読めば、正しいWeb制作の流れが理解できるようになると思います。

また、萌えキャラを用いていることで、専門的になりがちなWeb制作のイメージをもっと身近に感じることが出来ると思います。

表紙から萌え萌え(笑)で楽しそうな感じですね(ニヤw)
wakabachan_web01.jpg
萌えっ娘たちと楽しくWeb制作を学んじゃいましょうw

萌えキャラを使っていると言っても、決してヲタ向け(笑)ではないので、Web制作について学びたいすべて方にオススメだと思います。

萌え絵に多少抵抗のある方でも、本書の内容は少しネットをかじったことのある方なら、どなたでもすんなりと理解できる内容になっているため、マンガを読むような感覚で気軽に読めますヨw。

これまで、Web制作にあまり乗り気でなかった方も、本書を読めば今すぐにでも作りたくなってくるかもね(ニヤw)。

本書は、約300ページほどあるので、結構なボリュームなのですが、内容はとても平易で、初心者にも無理なく理解できるように書かれています。

むしろ、読んでいるうちに続きが気になって次から次へとページをめくっていることでしょうw。

わたしは、読んでいるうちにすっかりのめり込んで、気が付いたら最後まで読み終えていましたw。

何時の間にか読み終えていたそんな感覚ですね。

何より読んでいて楽しいので、萌えキャラたちの会話を聞きながら、何時の間にかWeb制作のイロハがしっかりと理解できていることに気が付く事でしょう。

また、ギャグも織り交ぜているので、笑いながら楽しくWeb制作を理解できること請け合いですw。

何気に、Web制作のイロハを理解して、Web制作に取り組んでいる方って殊の外少ないんじゃないでしょうか^^;。

かくいうわたしは、今回本書に目を通させて頂いて、今まで如何に何も考えず作業を行っていたのか痛感させられました><。

恐らく大半のWeb制作者はネットの情報等を頼りに独学で作業されていることが殆どだと思います^^;。

そのように、独学で作業していると陥りやすいことなどが、本書で随所に述べられています。

むしろ、独学に頼ってただ何となく作業していると、大事なことなのに、ついつい見落としがちになっていることって意外に多いと思います。

以下、本書で特筆すべきポイントを幾つか纏めてご紹介したいと思います。

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」の特徴

わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本イメージ画像
©2016 本の森.JP All Rights Reserved.
Web制作を行う際の、企画から運用に至るまでの実際の流れを、順番にわかりやすく説明してくれています。

また、その一連の流れを実際に体験できるように、サンプルファイルを用意し、本書に従って作業することで、Webサイトが作れるようになっています。

よって、紙面だけでは伝わらない、実際に作ってみるということが可能となっています。

具体的には、企画→デザイン→コーディング→公開→運用の流れに沿って説明されているのですが、この一連の手順について基礎からわかりやすく説明してくれています。

裏表紙に内訳が書かれていますねw
wakabachan_web02.jpg
楽しく学びながらスタイリッシュなWebサイト制作経験をしちゃいましょう♪

大まかにWebサイトの企画から制作を行う流れについて学習し、外部に公開した後のマーケティング手法に至るまで幅広く学ぶことができます。

まず、Webサイトを作成する目的を考えるところから始まり、ターゲット層の特定などについて述べています。

次にWebサイトの目的に沿ったデザインを行うための考え方について触れています。

目的とデザインが固まったところで、実際にWebサイトを作成するために必要な技術について学びます。

ここでは、主にHTMLやCSSのWebサイトの構築を行うための言語や、Webサイトを動的に魅せるためのスクリプト言語であるJavaScriptやそれに派生したjQuery、データベースと連携してページを自動生成するPHPについて紹介しています。

これらの作業を総称してコーディングと呼んでいます。

簡単に言うと、プログラミング言語を用いてコンピュータが処理可能な形式のプログラム(ソースコード)を書く作業ですね。

特に本書では、Web制作の要となるHTMLとCSSに、より紙面を割いて説明しています。

二つの技術の違いや、その使い分け方などを萌えキャラを使ってわかりやすく解説してくれています。

次に、作成したWebサイトを外部に公開するための作業について述べています。

Webサイトを外部に公開した後は、その運用方法について学びます。

最終的には、集客を行う際に必要となる事柄や、作成したWebサイトをどのように改善していくべきかなどをわかりやすく解説してくれています。

このように、順を追ってWebサイトの作成方法を解説してくれているので、これまでWebサイトを作ったことがないという方でも、無理なく制作に入っていける内容になっています。

また、難しい言い回しや専門用語などは使用していないため、ネット初心者でも無理なく理解できるようになっています。

常に初心者目線に立って、Web制作について触れられているので、抵抗なく読み進められると思いますヨw。

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」をオススメしたい方


・Web制作に興味のあるすべての方

・Webデザイナーとして働き始めたばかりで何をしていいのかわからない方

・Web制作を一通り学んで実際に作ってみたい方

・ネット上の情報や市販の書籍が難しくて理解できない方

・ブログをカスタマイズしたい方

本書は、趣味でWeb制作を行われている方から、実際に業務で携わっておられる方まで、幅広く対応する入門書としての位置付けが強いと思われます。

よって、万人に対応した内容になっていると思います。

ただ、すでにWebデザイナーとしての基礎を抑えている方や、プロの方にとっては少々物足りないかもしれないですね。

しかし、これまでただ何となくWeb制作を行われてこられた方、あるいはこれから始めようとされている方にとっては、本書は最初の一冊として最適だと思います。

Web制作のための技術について触れている書籍は数あれど、実際の企画から運用までを一連の流れとして、順を追って説明してくれている書籍はそう多くないと思います。

まして、本書ほどその内容を噛み砕いてわかりやすく説明してくれている書籍は他にないと言っても過言ではないかもしれません。

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」のポイント


本書のポイントとして、一見Webデザイナー向きにイロハが書かれているように思わせ、実はブロガー向けにも非常に役に立つノウハウがふんだんに盛り込まれていることがあります。

勿論、筆者はWebデザイナー向けに書かれたとは思いますけどね。

特にHTMLやCSSに関する解説のところは、ブログをカスタマイズする際にとても役立つと思います。

実際に本書を読んでみて、今すぐにでも使いたいと思った手法が幾つもありました。

入門書とはいえ、抑えるべき所はしっかりと抑えている辺りさすがだと思います。

ブロガーがHTMLやCSSを意識して作業する場面は、Web製作者に比べれば少ないのではないかと思います。

つまり、ブログデザインやブログに施す装飾としての意味合いこそ強いけれど、それらが具体的にどのような役割を持ったものかについて意識する場面が少ないと言えます。

本書では、そのような普段あまり意識しないようなWeb制作を行う上での決まりごとなどにも言及し、正しいWebサイトの作り方について解説してくれています。

例えば、HTMLのタグに階層を設ける理由や、見出しタグ、段落タグ、リストタグやテーブルタグの使い分けなど、Webサイトを作るうえで守るべきルールと、どうしてルールを遵守する必要があるかについても触れています。

ホームページなどのWebサイトを運営されている方にとっては、恐らくこのような事柄は常識であることが多いと思います。

しかし大半のブロガーにとっては、日々記事を更新したり、ブログカスタマイズを施す中で、これらのHTMLやCSSのルールを意識することは殆どないと思います。

むしろ、ブログデザインの一環として、段落タグやテーブルタグを使っているケースが多いのではないでしょうか。

特にテーブルはブログのレイアウトに使われることが多く、本来の目的で使われていない場面が多いと思います。

このようなことについても本書では触れており、HTMLとCSSの使い分けについて詳しく解説してくれています。

きっと、Webサイトのイロハを知らずに作業を行っていた方にとっては、目から鱗だと思います。

事実、わたしは普段そのようなことを殆ど考えていなかったので、リストを作る際もリストタグとか一切使用せずに作業をしていたことに気が付かされました^^;。

ところが実際にリストを作る際には、構造的にそれがリストであることを示さないといけないわけです。

段落でもないのに、段落タグを使ってリストのように見せるのは間違っているわけです。

詳しくは本書に書かれていますが、正しいタグを使うことでグーグルのクローラーに正しくサイトの構造を認識して貰うことができるようになります。

例えば、表を作る目的もなく、ただデザインのためだけにテーブルタグを使うのはおかしいわけです。

このように一見して気が付きにくい所にも焦点を当て、丁寧に解説してくれています。

しっかりとルールを守ることで、グーグルに親和的なWebサイトを作っていきましょう^^。

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」で基礎からWebを学ぶ


本書が、これまで一度もWebサイトを作ったことがない方でも、問題なく理解できる内容になっていることは前述した通りです。

また、Webサイトを作ったことがある方でも、正しくWebサイトを作るための方法を順を追って学ぶことができます。

将来的にマーケティングや集客を目的としたWebサイトの作り方を本書で学ぶことができます。

更に、スマホ向けにサイトを作る場合に必要なレスポンシブWebデザインの基礎についても学ぶことができます。

基礎といっても簡単なカスタマイズなら本書で充分にできるようになっています。

確かに、本書の内容は、Web制作を行う上で基本となる事柄が多いですが、独学等でWeb制作を行っていると、そのような基本的な内容を理解しないまま、ただ何となく作業を行っていることが往々にしてあると思います。

本書では、そのような何となく作業しているような事柄についても、わかりやすく説明してくれています。

例えば、Webサイトやブログのカスタマイズを行う際、余白を設けてデザインの見栄えをよくしたりすることがあると思いますが、その際にCSSでpadding(パディング)やmargin(マージン)を使って余白を作っていると思います。

その際、パディングやマージンの違いを意識して使っている方がどのくらいおられるでしょうか^^;。

お恥ずかしながら、わたしはこの両者の違いを理解しないまま、それらを用いてこれまでブログカスタマイズを行ってきました。

ですが、本書の解説を読めば、両者の違いの疑問は氷解すると思います。

実にうまく説明されていると思いました。

何気にこのような技術用語の解説って、ネット上で幾度か目にしていたのですが、説明を読んでも理解できないことが多く、よくわからないまま、ただ何となく使っていたんだよね^^;。

それが、本書のわかりやすい説明で理解できたので、今後の作業に大いに活かせそうです。

基本的な所ではありますが、意外にこのような違いを意識して作業している方は少ないのではないでしょうか^^;。

その他、タグの階層に関する上下関係を理解して、それらを使いこなすための方法や、CSSの記述の優先順位や、セレクタやその詳細度などについても丁寧に解説されています。

正直、一度設定したCSSのルールセットは、後から書いたものが適用されることは知っていましたが、ルールセットが同じ場合、そのセレクタの詳細度によって、適用される設定が決まることは本書を読んで初めて知りました^^;。

もっとも、Web関係のお仕事をされている方なら常識かもしれないですね^^;。

過去にWebサイトを作ったことがあるとはいえ、HTML5にまで進化した今のWeb体系での作業は皆無のため、そのようなルールが設定されているとは露知らずでした^^;。

わたしみたくブロガーの方はあまりこのようなことは知らないかもしれませんね^^;。

もし、わたしみたく知らなかった方は、本書を一度読まれてみると良いかもしれませんね。

Web制作を一通り学びたい方は、本書を手に取られてみては如何でしょうか。

勿論、お仕事でWeb制作が必要な方にも本書が大いに力になってくれることでしょう。

きっとWeb制作の何たるかがわかると思いますよw。

また、企画から順を追って理解できるため、集客を目的としたWebサイトを作れるようになると思いますよ。

ご興味のある方は是非w。

おすすめWeb制作関連講座はこちら

↓ ↓ ↓

おすすめWeb制作関連講座

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」はこちらになります

↓ ↓ ↓

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」はこちら

上記以外のWeb制作関連書籍はこちらになります

↓ ↓ ↓

Web制作関連書籍はこちら

スポンサーリンク



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する