Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


16
2013  14:54:02

ネットワークエンジニアじゃなくても(笑)抑えておきたい技術用語(その17)

猛暑の中、衝撃的な出来事ばかりですっかり気が滅入っている今日この頃ですorz。
昨日の某所での花火大会中の屋台爆発事故は大惨事となり、その管理体制の不備が問われる事態となっています><。
遠くエジプトではモルシ政権後の政情不安が続き、これまでに638人もの死者が出ています><。

明るい話題と言えば、世界陸上とか高校野球とかスポーツの話題くらいですね^^;
それでも、まだ明るい材料があるだけマシなのかも・・・。

さて、気を取り直して今日のノルマ(笑)行ってみましょう。


秋期情報処理技術者試験(主に午前試験)を受験される方向けに出題予想用語を解説いたします。
尚、私の独断と偏見(笑)によるものなので、使用の際は用法用量を守って正しくお使いください(笑)。


出題予想用語その17


フリーミアム(Freemium)


意味:
フリーミアム(Freemium)とは、無料の意の「フリー」(free)と割増料金を表す「プレミアム」(premium)を組み合わせた造語です。
主にネットを活用するビジネスモデルの一つとして用いられます。

このビジネスモデルの特徴は、顧客となるユーザにサービスを無償提供し、口コミやネットワークでの宣伝活動及びWeb検索時のマーケティング活動を通じて多くの顧客を獲得する所にあります。

顧客を獲得した後は、提供する内容に付加価値を加え、内容を拡張したサービス(プレミアムサービス)を提供します。

このように無料サービスで獲得した顧客を有料サービスへと誘導することで収益基盤を確立する手法となります。

例えば、オンラインストレージサービスやWebメールサービスなどでの利用が挙げられます。
両者に共通する特徴として、ディスク容量が少なく機能最小限の無料アカウントとディスク容量が多く機能やオプションが豊富な有料アカウントでの利用があります。

よくタダほど高いものはないと言いますが、まさにその通りだと言えます。
無料サービスでの当初の容量や機能では物足りなくなり、気が付けば有料サービスに加入していたなんてこともあるんじゃないかと思います。
誰しも一度や二度は経験があるのではないかと存じます。

そう、人の欲望や願望は尽きるという事を知らないのです(笑)。
なんてあさましい生き物なんだ私たちは(ダマレ)。

一度無料という蜜(笑)で飼い慣らされた私たちは、有料でもいいからもっと良いサービスを受けたいと思うようになるわけです(笑)。

それこそ相手の思うツボなんだけどね(笑)。
このようにして私たちは気が付けば色々なサービスを有料で使わされている(笑)わけです。

しかも、自分だけの判断ならまだしも他者の評判や口コミ等で知らず知らずのうちに誘導されていくわけです。
手ぐすね引いて待ち構えているわけです(笑)。

でも、これだけサービスの質が上がっている現状を鑑みると、少しでも良いサービスを受けたいって思うのは人の性なのではないでしょうか。

サービスを提供する側と受ける側、双方の利益になっているのならバランスは充分に取れていると考えます。


フリーミアムについて学びたい方はコチラもオススメ




関連記事

スポンサーリンク


 IT技術用語解説

0 Comments

Leave a comment