Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


03
2016  22:25:27

元ネットワークエンジニアの情報セキュリティマネジメント試験まであと2週間程となりました^^;

情報セキュリティマネジメント試験今回から新設される情報セキュリティマネジメント試験ですが、受験される皆さま、学習状況は如何でしょうか。

現時点(2016年4月3日)で、試験まで残す所あと2週間といったところですが、午前試験の学習を終えて午後試験対策も佳境に差し掛かっている頃だと推測します。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験の受験票が届きました

情報セキュリティマネジメント試験受験票

そんな折、本日(2016年4月3日)受験票が自宅に届きました。
いよいよ、本試験も間近に迫ってきたということで、今一度気を引き締めて取り組んでいきたいと考えております。

皆さんのところにも随時届き始めていると思いますが、受験日当日になって慌てないよう、今のうちに受験票に写真を貼ってしまいましょう。

また、受験会場の場所のチェックと、土足厳禁かどうかも併せて確認しておくと、安心して受験に臨めると思いますよ。

何気にチェックせずに、受験会場に着いてから土足厳禁だと知って、慌てる方も例年多いですからね^^;。

特に毎回受験票の写真を貼り忘れる方は多いので、真っ先に貼っておくと気持ち的にも楽になること請け合いです。

既にご存知の方も多いとは思いますが、当日の受験票の写真の貼り忘れ受験できなくなりますので、くれぐれもご注意ください><。

今回の試験は皆さんにとってもわたしにとっても、初めての経験となり、どのような問題が出題されるのかはある意味、出たとこ勝負とも言えそうです。

そのため、現時点でできることはなるべくこなしていきましょう。

信じた一冊をとにかくやり抜くことが大切です。

どのテキストも出題される項目と分析をしっかり行って作成されているので、これと決めたテキストを信じて頑張っていきましょう。

わたしにとっては、昨年秋以来の試験となり、あの忘れもしない情報処理技術者試験で初めて赤点を取って落とされたあの屈辱から立ち直る第一歩だと考えています。

情報処理技術者試験

今更思い出したくもありませんが、その時の模様は下記の記事に纏めています。
正直、読み返す度、生きているのが嫌になるくらい辛い経験でしたorz。



本当に生きる気力をなくして、一時は何も手に付かないほど落ち込みました><。
考えてもみてください、大人になって赤点を取るような経験なんてまずないと思いますよ><。

学生時代に置き換えると、補習を受けさせられるレベルですよ・・・これはorz。
ひどい場合には、進級できない可能性もあるかと思うとほんと恐ろしいです・・・。

学生時代、偏差値70を超えていたわたしにとってこれは許し難い状況です・・・。
むしろ、自分がここまでどうしようもないお馬鹿さんなのだと思い知らされることとなりました><。

もう一度二本の足で立って歩き出せるように、今度の試験で自信を取り戻し、再び高度情報試験に立ち向かうための契機にしたいと考えております。

そのためにも是非情報セキュリティマネジメント試験を攻略し、明るい未来(笑)を取り戻したいと考えております。

つまり、皆さんやわたしにとって初めての試験であると同時に、わたしにとっては過去のトラウマを払拭するためのリベンジ試験でもあるわけです><。

午後試験を攻略するために何が必要か

情報セキュリティマネジメント午後試験攻略

ここからは、情報セキュリティマネジメント試験を攻略するための、午後試験学習の取り組み方について考えていきたいと存じます。

試験まであと2週間余り、やれることは限られています。
悔いを残さないためにも、今やれることをしっかりと実行していきましょう。

もし、現時点で午前試験学習に注力されている方がおられましたら、速やかに午後試験学習に切り替えていただくことをおすすめ致します。

但し、午後試験の学習に切り替える目安として、お使いになられているテキストや問題集に収録されている午後試験の模擬問題で8割以上の得点を確保できるようになっておくことが条件となります。

本試験では、6割(全50問中30問)正解できれば午前試験をクリアできますが、新設の試験のためまだ過去問が存在せず、どのような問題が出題されるのかは未知数です。

よって、8割程度の理解があれば、多少点数を下げても合格ラインはキープできると考えた次第です。
さすがに8割理解できていて、本試験で6割以下になることは考えにくいでしょうから^^;。

不安なら8割5分程度の理解で、本試験で7割超えを狙ってみてもいいと思います。

ちなみにわたしの現時点での午前試験の理解力は8割8分程で、これくらいなら本試験でも何とかなるかなと推測しています。

どんな問題が出るかは本試験を受けないとわかりませんが、学習した内容を信じて試験に臨む所存です。

本試験では満点を取る必要はありませんから、ある程度のところで切り上げることが必要だと考えます。

午後試験はその性質上、午前試験の学習のみでは充分ではありません。
実際の事例に基づいた出題がなされるため、知識以上に問題文を読み解く力が求められます。
そして、それは一朝一夕に身に付くものではありません。

情報処理技術者試験で出題される問題文は長文でかつ論理的思考を求められますので、ただ文章を読み流すだけで設問に答えられるほど甘くは作られていません。

学生時代に学習した現代文等と同じく、文章中からヒントとなる記述や言葉を見つけ、それを基に解答を導いていく力が求められます。

現代文が苦手だった人には情報処理技術者の午後試験は難しく感じると思います><。
かくいう、わたしは学生時代現代文が大の苦手でしたorz。

この力を養うには実際に過去に出題された問題を解き、その解答パターンを徹底的に頭に叩き込む必要があります。

勿論、丸覚えではダメで、なぜその答えになるのかを徹底的にわかるまで理解する必要があります><。

厳しい事を言えば、それができないといくら知識があっても午後問題を解くことは適いません。

わたしの例を出して恐縮ですが、過去この午後問題の論理的思考ができず、何度も辛酸を舐めさせられてきた経験を持つわたしからのアドバイスと思って頂ければ幸いです。

過去問を一切解くことなく、いきなり本番であの長文を読み解ける方は、余程読解力に優れた方なのだと思います。

稀に無勉で合格してしまう天才もいるのが情報処理技術者試験なのですが、才能のある方はほんと羨ましい限りです。

しかし、わたしを含め大半の方はしっかりと問題演習を重ね、解き方を身に付けなければ午後試験を攻略することは容易ではないと思います。

よって、普段から問題文を読むだけでなく、なぜそのような考え方が必要なのかをしっかりと理解するようにしてください。

また、問題演習を行う場合ですが、お手持ちのテキストや問題集をお使いになるのも良いですし、余力がおありのようなら、先日の記事で紹介させて頂きました情報セキュリティ分野で過去に出題されている問題を解いて出題パターンに慣れておくことをおすすめ致します。



かくいうわたしは午後対策殆どできてないんだけどね^^;。
やっぱり午後試験の長文問題学習は負担が重いです・・・。
あと2週間余り何とか頑張ってみるかな^^;。

もう一度自信を取り戻すために残された時間を精一杯足掻いてみます><。

それでは、今回受験される皆さん、共に頑張っていきましょう!

情報処理技術者試験対策講座をお探しならこちらがおすすめ♪

↓ ↓ ↓

情報処理技術者試験対策講座をお探しならこちら

今回の情報セキュリティマネジメント試験でわたしが使用したテキストはこちらになります

↓ ↓ ↓

(PDF・スマホ単語帳付)徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 平成28年度(2016年度)

情報セキュリティマネジメント試験学習書籍はこちらになります

↓ ↓ ↓

情報セキュリティマネジメント試験学習書籍はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 情報セキュリティマネジメント試験

0 Comments

Leave a comment