Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


25
2016  23:59:36

元ネットワークエンジニアがブログ上書きの窮地から脱したもっとも簡単な方法

九死に一生を得るブログ上書きの窮地

つい先日の事ですが、誤ってブログを他の記事で上書きしてしまい絶体絶命の窮地に陥りました><。
思えば、書き掛けの記事を間違って消した事は数あれ(笑)ど、他の記事で上書きしてしまったのはコレが初めてかもorz。

これまで遭遇した事のなかったTo LOVEるに直面し、正直狼狽しましたが、色々試行錯誤した結果、九死に一生を得ることが出来、寸での所で過去記事を失わずに済みました><。

それにしてもまさか過去記事の復旧があんなに簡単な方法で出来るなんて発見するまで気が付かなかったさ(ぇ。
具体的な復旧方法については後述致します。
まさに灯台下暗し、もがけば大抵なんとかなるものですね(ダマレw)。

考えてみれば普段からブログのバックアップを取っていれば、過去記事を取り戻すのは容易だったのですが、生憎バックアップを取っておらず、ほんと肝を冷やしましたよ><。

そこで、今後同じような局面に直面した場合に大事な記事を取り戻せるよう、ここに書き留めておきたいと思います。
皆さんはくれぐれも適度なバックアップを怠らず行ってくださいね。
いつ何が起きて大切な過去記事が失われるかわかりませんからねorz。

ブログ上書きの窮地に陥った背景

ブログ上書きの窮地に至った経緯

ずばり寝不足で作業をしていた事にあります。
自分でもナニがどうなって記事を上書きしたのか未だに理解出来ておりません><。
意識が朦朧とした状態で作業なんてするものじゃありませんねorz。

そんなわけで、ブログのカスタマイズを眠気まなこを擦りながら行い、半ば寝ぼけている状態でした^^;。

そんな折、スマホでの最適化作業を行っているときにそれは起こりました。
最初は、まったく気が付かずカスタマイズ作業を続けていたのですが、ふと画面を見た時に「あれっ、おかしいぞ、記事を更新した覚えがないのに、記事がアップされてる?」とその違和感に気が付きました。

更にアップされていた記事番号が53番と明らかにおかしい番号で、「ちょw、これいつの記事だよ^^;」といよいよ状況が怪しくなってきました^^;。
53番ってそれ2年以上前に書いた記事じゃん・・・。
その記事がアップされているって事は・・・。

まさかとは思いましたが、不安は的中しました><。
過去記事を漁ってみたところ、53番の記事だけが見事に抜け落ちており欠番となっていました><。
むしろ、最新時間で上書き更新したので一番最初に来てしまっていたのですが・・・。

「コレってまさか過去記事を違う記事で上書きして消してしまった?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、マジか、過去記事マジで消してしまったのか><。」
「2年以上前の記事内容なんて覚えていないぞ><。」
「それに過去記事のバックアップも取っていなかったジャンorz。」

もっとも、探そうにも過去記事のタイトルが残っていないので、何が書かれていたのかすらわからない有様で俺本格的に詰んだかも(ガーソorz)。

「一体どうすれば過去記事を取り戻せるんだ><。」
「何とかしないと、過去記事が永遠に失われてしまう><。」

とにかく、ひどく狼狽し、慌てふためきながら一縷の望みに掛けてブログサービスに更新前のキャッシュが残っていないか調べてみたものの、案の定データは残っていませんでしたとさorz。

次に似たような状況に陥っていない人がいないかどうか手当たり次第ググって見たところ、キニナル情報をハケーンしたので、早速試してみることにしました。

それは、グーグルサーバに残されているキャッシュからデータを復元するもので、具体的には次のコードをグーグルクロームのボックスに打ち込んで、過去のキャッシュデータを表示させます。

コード内容:chrome://cache/

このコードを打ち込むことでグーグルサーバに残されている過去データにアクセス出来るのですが、肝心のデータはバイナリ化されている上に16進数の羅列で何が書いてあるのかまったくわかりません(ガーソorz)。
データ内容を確認するには、まずデータの不要部分を削除した上で16進数を専用ツールを使ってバイナリからテキストに変換し、更にそれをブラウザ上に読み込む事で初めて解読する事が出来るというものでした^^;。

一応、ブログの管理画面のアドレスで検索を掛けて該当データを探したのですが、具体的にどの情報が上書き前のデータなのかまったくわからず、この方法は泣く泣く諦めることにしました><。
ってか膨大な時間を要しそうでやってられん(ヲィw)。

そんなこんなでその後も悪戦苦闘しながら、過去記事を復活する方法を探し求めました><。

ブログ上書き窮地からの解決方法

ブログ上書き窮地からの解決

仕方なく、記事タイトルがわからないまま色々検索ワードを試していた所、ふとある事に気が付きました(ぇ。
そう、記事タイトルを忘れていてもその記事番号は残っているという事実を・・・。

ひょっとして、ブログ名と記事番号を組み合わせてググレば関係のある情報を見つける事が出来るのではと考え、藁をもつかむ思いで、以下のワードを入力して検索してみました。

検索ワード:資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう blog-entry-53

すると以下の結果が表示されました。

ブログ上書きの窮地1


ビンゴwwwww。
バッチリ53番目の記事がヒットしました(ニヤw)。
って消えた記事ってITパスポートの打倒物語(笑)の記事かwwwww。
貴重な体験記が消えてしまっているとかマジ泣きたいTT。
今更当時の記憶を呼び起こして書き直すことなんてできないしorz。

さぁ、後は検索内容の記事さえ読めれば、その内容を復元することで事なきを得ることが出来るはず?

さて、果たしてキャッシュを読み込む事は出来るのか・・・。

お、よく見ると表示されているURLに下向き三角の表示があるじゃんw。
さっそくクリックしてみるか、ぽちっとな(笑)。

ブログ上書きの窮地2


睨んだ通り「キャッシュ」メニューキターw
あとはこれをクリックすれば・・・
っと、一応別タブで開けるかな、右クリックとw。

ブログ上書きの窮地3


新しいタブを選んで開くっとw

ブログ上書きの窮地4


お、なんかそれっぽい画面出てきたかもw。
なになに、グーグルサーバに保存されているデータとな・・・。
今年の1月6日に保存されたのが最新キャッシュみたいねw。

一応内容を確認してみるか。

・・・ヨシ、過去記事のソレに間違いない^^;。
マジで助かった・・・、一時はどうなることかと思ったぞ><。
まさか、こんな方法で上書き前の内容を取り戻せるとは^^;。
すっかり盲点になっていたけど、コレで一安心カナw。

あとはこの内容をコピペして、ブログを53番の記事で日時を当時のものに指定し直して保存すれば復旧出来るはずw。

ちなみに、過去ログデータのキャッシュのソースコードも表示出来るので、以下のソースコードを表示させて記事の該当箇所をコピれば、画像データ等のHTMLタグもそのままブログに貼りつけることが出来るので、作業の手間を省くことが出来ますヨw。

ブログ上書きの窮地5


ほんと、一時はどうなることかと思いましたよ><。
マジ顔面蒼白状態でしたからね><。
生きた心地がしませんでしたよ><。

色々ありましたが無事に記事を取り戻すことが出来て感無量です><。

尚、確認したところ、以下のブラウザで同じように作業する事が出来ましたw

・Internetexplore
・sleipnir
・Firefox
・Google Chrome

また、いずれのブラウザでもgoogle検索及びyahoo検索にて過去ログのキャッシュを読み込む事が可能でした。
但し、yahooよりgoogleの方が再現精度が高いと感じました。
いずれにせよ、サーバにキャッシュが作られている状態であれば、更新されていない限りはデータを取り戻すことは可能のようです。

勿論、日頃からバックアップを心掛けて自己防衛に努めることが大切なんですけどね(ニヤw)。

ブロガーの皆さん、くれぐれも大切な記事を失わないよう気を付けてくださいね><。
ブログサービスが消したのなら諦めるしかないけど、自身の過失で失ったとなるとマジで後悔しても仕切れませんからね><。

ヒドイ目に遭いましたが、今回の事が良い教訓になりました><。
今後は定期的なバックアップを心掛けたいと思いますw。

ブログ関連書籍はこちらになります

↓ ↓ ↓

ブログ関連書籍はこちら

関連記事

スポンサーリンク


 お役立ち情報

0 Comments

Leave a comment