Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


12
2015  20:45:50

元ネットワークエンジニアの10年前に出会いたかったネットワークエンジニア垂涎の良書です

ネットワークエンジニアの教科書network-engineer_textbook_image01.jpg

様々な事情で基礎を学べなかった方に是非オススメしたい一冊です。

ネットワークエンジニアの教科書

会社では決して教えてくれないネットワークエンジニア垂涎の内容です。

この本はネットワークエンジニアにとってバイブルと言っても過言ではありません
networkengineer.jpg

何度も何度も繰り返し読み込んでいます

本が擦り切れてボロボロになるくらいまで読んで、頭に叩き込んでしまいましょう。
内容は素晴らしいの一言です。

ネットワークエンジニアの教科書
シスコシステムズ合同会社 テクニカルアシスタンスセンター
シーアンドアール研究所 (2015-09-11)
売り上げランキング: 10,290


出来る事なら10年前に出会いたかった良書です。

なぜ、10年前かと言えば、丁度その頃に足を踏み入れた場所がIT業界だからです。

もし、あの当時このような教科書的存在に巡り会えていたら、その後のわたしのIT人生は大きく変わっていたかもしれません。

当時から比べると本当に良い世の中になったと思います。

目から鱗とはまさにこのことです。

ネットワークエンジニアとしてのイロハから、この世界で生き残っていく為のノウハウまで詰め込まれています。

また、各種ネットワーク系資格の学習を始める足掛かりにも大いに利用できます。
さすがに本書だけでは厳しいですが、基礎はしっかりと詰め込まれています。

CCNA等シスコ系のネットワーク資格をお考えなら、本書はスタートラインとして最適なのではないでしょうか。

執筆陣もシスコシステムズ関係者ですから。

特に本書では、昨今注目を浴びている無線通信技術の高速化について詳細に説明しており、無線通信技術のイロハから、最近の高速化通信の流れまでを図などを用いてわかりやすく解説してくれています。

無線通信技術に興味をお持ちの方、あるいはこの分野があまり得意ではないという方にとっては良い学習になると思います。

無線通信技術は文字通り無線ですから、実際のイメージが湧かず捉え難い概念だと思いますが、皆さんは無線通信技術についてどの程度理解されていますでしょうか。

例えば、携帯が繋がりやすいと言われるプラチナバンドの周波数帯はなぜ800MHz付近※が良いのか等、電波の性質を踏まえて分かりやすく解説してくれています。

※正確には700MHz~900MHz付近になります

その他、ネットワークエンジニアとして抑えておくべき内容を全体的に俯瞰した内容になっており、様々な技術に精通していく上で必要不可欠なポイントについて述べられています。

なぜ、このような教育を会社は行ってくれないのか。
この本を読むと、昨今の日本社会のIT教育全般に関わる問題点が見えてきます。

どうして日本でIT技術者が育たないのか。
それは、本書のような知っておかなければならない事項を知らずして業務に当たっているからです。

そして、それらは日々の業務の中で学ぶ事が困難な事項ばかりです。
なぜなら、実際の業務はそのような基礎の積み重ねにより成り立っているものだからです。

つまり、何も学んでこなかった、あるいは自己流で必要なものを身に付けて来なかった人にとっては、基礎となる土台が揺らいだまま只管上積みしている状態で、いつ崩れてきてもおかしくはないのです。

事実、基礎がしっかりしていなかった事により、わたしは途中から業務に付いていけなくなりました。

最初に少し社会人研修みたいものを軽く受ける程度で、業務についての基礎知識を殆ど学べなかったわたしのように、いきなり未知の業務に挑戦するのは、舗装されていない山道を案内役もなく歩くようなものです。

いつ迷子になってもおかしくないのです。

また、どこに行けばゴールに辿り着けるのかもわかりません。

本来なら新人教育としてしっかりと教え込むべき内容なのですが、人件費の削減や即戦力の採用等、企業側の事情でないがしろにされてきた事実があります。

最近になってようやく基礎教育の大切さに気付き、私財を投じて教育を行う企業も現れ始めましたが、まだまだ少数派なのが現状です。

かくいう、わたしも基礎教育皆無でいきなり現場に放り出され、今日までIT業界で生きてきた一人です。

きっとわたしのような境遇の方は殊の他多い事でしょう。
勿論、そのような境遇でも頭角を現し、持ち前の才能やセンスで業界の第一線で活躍されている方もおられますけどね。

ですが、このような不十分な教育しか受けられない世の中はもう沢山です。
結局このような状況がITエンジニアの離職率の高さに繋がり、業界全体での技術水準の頭打ちに繋がっている現実があります。

今後、情報化社会の波により、IT技術はますます社会にとって不可欠となってきます。
その為のエンジニアの需要も高まり続ける事でしょう。

これからITエンジニアを目指される方で、ネットワークエンジニアに興味をお持ちの方には、実際の業務に就かれる前に是非本書をお読み頂きたいと考えております。

また、現役のネットワークエンジニアの方にも是非お読み頂きたいと考えております。
きっと、様々な気付き、あるいはこれまで知らなかった事項について知る事が出来ると思います。

教科書と銘打ってはいますが、かなり読み応えのある内容になっています。

そのような基礎知識があるとないとでは、業務に対する取り組み方が大きく変わってくることでしょう。

この本を執筆されたシスコシステムズ関係者に心より御礼申し上げます。

本書は未来に繋がる一冊だと思います。

ネットワークエンジニアの教科書
シスコシステムズ合同会社 テクニカルアシスタンスセンター
シーアンドアール研究所 (2015-09-11)
売り上げランキング: 10,290

インフラエンジニアの教科書
佐野 裕
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 51,384

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門
みやた ひろし
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,058

ルーティング&スイッチング標準ハンドブック 一番大切な知識と技術が身につく
Gene 作本 和則
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 36,200



関連記事

スポンサーリンク


 資格取得に役立つ書籍

0 Comments

Leave a comment