Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


28
2014  22:09:33

元ネットワークエンジニアのちっぽけなプライドにしがみ付いていた醜い人生模様><

ここの所、後ろ向きな話ばかり書いていますが、どうしてこんな事になっているのか、コレまでの経験を踏まえてわたしなりに考えてみました><。

わたしの人生をコレほどまでに貶めているモノ、ソレは他ならぬ己のひねくれた根性と他人から見たら何て事のないちっぽけなプライドさ・・・。

わたしに足りないもの・・・、それは謙虚さです・・・。

今更こんな事を言ったところで何も始まりませんが、わたしのコレまでの社会の最底辺での生活、一向に改善されない暮らし向き、それはうまく社会に適合する事が出来なかったダメ人間の成れの果ての姿に他なりません><。

思えば、あの時、素直に話を聞いていれば、仕事に取り組む姿勢や、態度も変わっていただろうと今にして思うことが多々あります><。

そう、わたしの最大にして最悪の欠点、それは人の話を素直に聞いて受け入れる事が出来ない事なのです><。
ひょっとしたら、人の話を聞いても理解することが出来ていないのもその事に関係している希ガス^^;。
全ては己の心構えが最初からなっちゃいないのデス><。

いや、たとえその場は聞いていたとしても、ソレは単なる聞いているフリに過ぎず、本心から心を入れ替えようと思ったり、行動に移そうとはしてきませんでした><。

ソレどころか折角助言してくれた相手に対して、むしろ怒りの感情を覚え、反省どころか怒りの矛先を向けてイライラを募らせるという事ばかりしてきた気がします・・・。

そして気が付けば、わたしは他人が指摘する事は全てお小言に捉えてしまい、最初から素直に受け入れる気持ちにすらなっていなかったのだと今更ながら痛感しています><。

人の話を素直に聞いて、ソレを自身の糧とし、今後の行動に反映させる事によって自身が人として成長する事が出来ると考えます><。

しかし、わたしはこの文章を書いているこの瞬間も今尚、注意を受けた相手の言う事を素直に受け入れる事が出来ていません><。

ほんと、つくづく自身がとんでもなくひねくれた性格をしていることを痛感します><。

思えば、かつてこのブログでもわたしに注意を促そうと働きかけてきた方が何人かいらっしゃいました^^;。
その際も、わたしは、書き込まれた内容に怒りを覚え、相手の意図を充分に汲もうとはしていませんでした><。
よくよく考えてみれば、わたしの為を思って指摘してくれたことだったのに、ソレを怒りの余り聞く耳持たず一方的に突き放して来たのは他の誰でもないわたし自身です・・・。

このわたしの気の短さと己のちっぽけなプライドが邪魔をして、コレまでの人生もかなり損をして来たと今更ながら猛省している所存であります・・・。

こんなうだつの上がらない人生を送ってきて今更ですが、四十路を越えてもまだこんな有様ではほんと何の為に人として生きているのかわからなくなりそうです・・・。

いい加減、本気で変わる努力をしないと、冗談抜きでお先真っ暗な人生が待ち受けている事でしょう・・・。

ほんと、この気の短さと自己満足にしかならないちっぽけな理論武装によるプライドを自ら叩き壊さないと、この先、誰にも見向きもされなくなることでしょう><。

仕事が人並みにこなせないのは、きっと、そんな素直に人の言う事が聞けず、あまつさえ、ソレを自分に対する非難と捉え、被害妄想に陥る事によって、仕事が手に付かなくなり、怒りの感情が先行してますます相手の言う事が受け入れられなくなっていくという負のスパイラルに自ら嵌り込んでいるからでしょう><。

それは、業務知識があるとか仕事が卒なくこなせるとか、そんな次元より遥かに前段階の話です><。
そんなところで躓いているわけですから、そりゃ仕事がうまくいくわけないよね・・・。

こんな有様では、仕事仲間として信頼されるという事も必然的に難しくなってきますよね・・・。
結果、任せてもらえる仕事も少なくなり、信頼もされず、出来るだけ関わりたくないと思われても仕方ないのかもしれない・・・。
実際に、コレまでのわたしがそんな感じだったから、仕事もろくに割り振って貰えず、評価にも繋がらず、仕事が長続きしないという結果になっているのだと思います・・・。

きっと、わたしみたいに職場にうまく溶け込めないという方達は、最初に相手に与える印象が悪く、どこか生意気に思われたり、指摘されたことに対して素直に受け入れることが出来ず、言い訳ばかりしてはいないだろうか・・・。

また、わたしみたいに大した知識も無いのに、頭でっかちで屁理屈ばかりこねてはいないだろうか・・・。

あるいは、すぐに頭に血が上って、相手に食って掛かったりしていませんか^^;。

これらは全てわたしに当て嵌まる事なのですが、このような行動が自らの仕事の幅を狭め、信頼を失い、社会に見捨てられる要因となっているのかもしれないのです・・・。

でも、だからと言って、短気なのが直ぐに直るかと言えば事はそう簡単ではなく、一朝一夕にとはいきません><。

しかし、変わらなければ、自分の人生が辛く苦しいものになるだけです・・・。

今あるプライドをなくしたり、気の短さを克服したり、素直に助言を本心から受け入れることは正直簡単な事ではありません><。

しかし、行動に移さなければ何も変わらないのです><。

これまでわたしが述べてきた中で少しでも思い当たる節のある方、少しずつでもいいと思いますから、克服していってみては如何でしょうか。

こんな事言っているわたしは超がつくほど短気な上にプライドが凄まじく高いので、そう簡単には素直にはなれないかもしれませんが、それでも少しずつ変わっていければと思います><。

今度こそ、変わりたい・・・、少しでも人生が好転するように・・・。

スポンサーリンク


 自己啓発

0 Comments

Leave a comment