Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


03
2014  23:58:10

元ネットワークエンジニアの業務に適した資格を取る必要性を考えてみたw

先日、7ヶ月常駐勤務した会社を去ることになり、自身がどうして次のプロジェクトに組み込まれる事なく、解雇されたのかを私なりに考えていました><。

その大きな要因はやはり業務経験の浅い事により、使い物にならなかった事ですが、何より私が会社内で生き残る努力に欠けていた事だと痛感しました><。

具体的には、業務で求められる技術や知識を貪欲に身に付けようとしていなかった事です><。

誰かが似たような事を書いていた気がしますが、所詮目先の資格に目が行き過ぎて他の事が疎かになると、肝心の業務を行う為のスキルは何も身に付かず、業務に直結しない資格を取ったとしても、その成果を試す場もなく、結局折角取った資格の知識もやがて陳腐化してしまうのです><。

そして、私は業務に直結しない資格ばかり取っていた事で、資格のスキルを活かす事もなく、気が付いた時にはその大半が陳腐化してしまっていましたorz。

特にこれから性懲りもなく(笑)取得しようとしているCiscoの資格がまさにソレで、折角取ったCCNAやCCNPのSWITCH資格も、現場で数年使うこともなく、シスココマンドを扱う機会も皆無だった為、既にその大半を忘れつつあります><。

今、期限切れによる失効を免れようと、CCNPのROUTE試験に立ち向かうため、ようやく本格的に学習に取り組み始めましたが、やはりコマンド操作を殆ど忘れているので、ほぼゼロからのスタートに近い状態になってしまっています><。

今更ながら、技術系の資格というものは、常に現場で機器に触れていないと、折角取った資格も宝の持ち腐れどころか、その宝の価値もあっけなくなくなってしまうのデスorz。

その証拠に先日までの業務では少なからずLinuxのコマンド操作には触れていたので、暫くの間は大抵の事は対応出来ると思いますw。

LPICLv2を取ったのはもう2ヶ月以上前になりますが、ソレでも業務でLinuxを扱っていた事で多少の操作なら問題なく行う自信があります(ニヤw)。

しかし、Cisco資格と同様に、全くLinuxを使わない職場に配属され、自宅でもLinuxを全く使わないようになってしまえば、恐らく1ヶ月も経たないうちにその操作の殆どを忘れてしまう事でしょう・・・。

ほんと、人間の忘却能力には呆れ果てますね(ちょw)。

考えてみれば、資格を取る為に血反吐(笑)を吐く思いをして必死で理解して覚えたはずの数々の技術や知識をいとも簡単に忘れてしまう事が出来るのが何とも皮肉ですよねorz。

ソレに掛けたお金も相当なものなのにね・・・。

でも、何もしなければ綺麗サッパリ忘れてしまう(笑)のが我々人間という悲しい存在なのデス><。

まあ、私が出会った人の中には稀に瞬間記憶能力ってやつで一度見たり聞いたりしたものは絶対に忘れないというトンデモ人種(笑)もいましたけどねwww。
ってか、そんな人は別格なので、一緒にしちゃダメかも^^;。

まったく、俺らみたいな只の凡人には到底無理な話でヲワタwww。

そう考えると、普通の記憶力や理解力を持つ人にとって何が最適かを考えた場合、やはり、最も求められるのは、自身が従事している業務に関する知識や技術でしょう。

コレは何も資格試験があるからとかではなく、ただ純粋にその業務で求められるから学習して身に付ける必要があるからというものです。

その学習を私は怠り、世間一般にネットワークエンジニアに求められる資格ばかりを追い掛けていました><。
正直、仕事で求められる知識や技術にはあまり関心を持っていませんでした><。

勿論、その求められる知識や技術に関する資格試験があるのなら、ソレに向かって邁進すべきでしょうw。

ですが、必ずしも自身が従事する業務にそのような資格試験があるとは限りません^^;。

しかし、ソレでも自身がその業務を遂行する為に、必要な知識や技術を自ら学び身に付けていく必要があるわけです^^;。

コレは考えてみれば、至極当然の事なのですが、ソレが出来ていない人って殊の外多いのではないでしょうか^^;。

私の場合であれば、メールサーバの管理業務でのLotus Dominoサーバや、そのサーバ上で運用しているNotesメールに関する知識や技術になります^^;。

更に、そのLotus Dominoサーバと連携して動いているOracleサーバに関する知識や技術も学習する必要があります^^;。

その他にもスパムメールをブロックする為のアプライアンス製品であるProofPointに関する知識や、サーバサイドメールフィルタとしての役割を持つGUARDIANWALLに関する知識等、一般的なサーバやメールソフトに留まらない、様々な製品やソフトウェアに関する自主学習が必要とされていた事は紛れもない事実です><。

正直、これら一つ一つの製品の学習を行う事は簡単な事ではありませんが、そういう地道な努力を積み重ねて、しっかりとした技量を身に付ける事が出来る人が結果的にこの世界で生き残っていけるのでしょう^^;。

コレは何もネットワーク・サーバに留まらず、IT技術全般に言えることだと思います^^;。

いや、むしろ、仕事をする上に於いてどんな業種でも求められる事だと言えます^^;。

そう考えれば、業務で必要になる度に、決められた事しかやって来なかった私に未来がなかったのも当然なのかもしれません^^;。

どんな世界でも、常に、何を求められているか、何をすべきか、どうすればもっと効率よく業務を行えるかを考え、ソレを実行に移せなければ、この先生き残っていくことは出来ないのかもしれません><。

その為に、今自分に与えられている業務を理解し、業務に深く精通する事で、より効率の良い業務を追求していく必要があると考えますw。

結果的に常日頃そのように動く事で、トラブルに見舞われた時にも適切に対処する力が身に付くのだと思います^^;。

揺るぎない応用力を身に付ける為に、どんな仕事であっても、まずは自分の仕事を徹底的に調べる事から始めると良いのかもしれませんw。

今の自分に最も適した資格を取る事、そして、自分に求められている知識や技術を徹底的に学習し、その道のプロになる程までに極める事が出来れば、自ずと道は開けるものだと信じて、共に頑張っていきましょう><。

もし、次に働く場所が見つかったのなら、資格云々の前に自らが業務を行う為に何が必要かを考え、実行に移していきたいと考えています><。
きっと、同じ場所で長く勤める事が出来ている人達はソレが出来ているのでしょうw。

ほんと、人生楽には生きられないものですね(ダマレw)。
出来れば何も考えずに気ままに生きたいんだけどね(シネヨwww)。

スポンサーリンク


 IT資格全般

1 Comments

クラフト  

No title

>そして、私は業務に直結しない資格ばかり取っていた事で、資格のスキルを活かす事もなく、気が付いた時にはその大半が陳腐化してしまっていましたorz。

>特にこれから性懲りもなく(笑)取得しようとしているCiscoの資格がまさにソレで、折角取ったCCNAやCCNPのSWITCH資格も、現場で数年使うこともなく、シスココマンドを扱う機会も皆無だった為、既にその大半を忘れつつあります><。

以下、長文になります。
主さんははっきり言えば、私よりは立派です。
私は資格すら受けない人間ですからね。
お気づきだとは思いますが、CCNAとっても「CCNAとっただけの使えない人間」として扱われるのがIT業界の常駐派遣です。

私は特定分野にできるだけこだわるようにしているんですよ。
私の場合はIPフォンで、さらに言えば客先常駐やプロジェクト派遣みたいな仕事はしません(単純に相手にされてないんですけどねw)

なんでそんな考えにしているかというと、私は特定派遣エンジニアだった時代、何人も20代の同期や後輩が「CCNAやSCSA取得のために借金して待機部屋で勉強し時間無駄にした姿」を見ているからです。

2000年前後から某Ciscoゴールドパートナーに大量に人員供給するために「CCNA取得だけさせて送り出す」ことをやったがために基礎が未熟なエンジニアを大量に排出しているのがIT業界の現状のひとつでもあります。

はっきりいって、そのCCNAホルダーのほとんどが監視などを経験して3年以内に消えていきます。
資格を取ったことの意味すら考えずに3万も5万も使い、漫然と流されてです。

それなら、資格なんていっそ取らないほうがまだましなのかもしれません。
というのが私の考えです(最近は資格吟味し取得もありかと思ってます)

ただ、CCNP(R&S)やLPICはかなり妥当な資格ですよ。
Cisco系は高いのがネックですがね。

2014/11/07 (Fri) 11:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment