Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


14
2014  00:39:34

元ネットワークエンジニアのLPICLv2(201)受験予定者に朗報ですwww

先ほど、メールチェックをした所、「Ping-t」からのお知らせメールが届いておりました。
どんな内容かと中身をチェックした所、皆が心待ちにしていたであろう内容がそこにはありました。

その内容とは下記の通りです。

LPI認定教材初!Ver4.0対応 「最強WEB問題集LPIC Lv2-201」&「コマ問プレミアムLPIC Lv2-201」 リリース!(2014-02-13)

年初にLPICLv2の出題内容が大幅に見直され、その変更内容に戸惑った方は多い事と存じます^^;。
また、出題範囲改定により受験を見合わせておられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方達に朗報が舞い込みました。
待ちに待った受験の機会が訪れたのです。
コレで最新Ver(4.0)に対応した学習を開始する事が出来ます。
市販テキストに先駆けて、最新Verに対応した学習を行う事が可能となったのですw。

この流れを受けて、市販テキストも続々と刊行されていくことでしょう。

201の受験を考えておられる方は、早速着手されてみては如何でしょうか。

尚、残念ながら202の受験を考えておられる方は今暫く待つことになりそうです^^;。
記載されている内容によれば、予定より対応作業が遅れているとの事で当初よりリリース時期がズレ込むらしいです^^;。


LPIC Lv2-202(Ver4.0)対応問題集リリース予定:3月下旬~4月上旬


現段階で202を受ける事はその改定内容から鑑みても非常に困難の為、ここは素直に最新Verに対応した学習教材が出揃うのを待つのが得策かと存じます><。
その間、学習が停滞してしまうのが痛いけどね^^;。

でも、コレでLPICLv2の学習には着手出来るから、上のレベルを目指す人は遠慮なく学習を始めちゃってくださいwww。

今から始めれば、202を受ける頃には、丁度202に対応した学習教材がリリースされているかもね(ニヤw)。


以上、「Ping-t」からのお知らせをお送りしました。


さぁ、新しい教材を使ってLPICLv2の攻略を始めましょう(ダマレw)。
関連記事

スポンサーリンク


 Linux技術者認定資格LPICLv2

2 Comments

Habitat  

貴重な情報ありがとうございますっ

資格ゲッターさん

おはようございます Habitat ですっ

情報ありがとうございますっ
やったー 201 のチャレンジはじめれるぅ~っといいたいのはやまやまんですが・・・

応用情報(4月20日)に今月下旬から取り組まないと、たぶん受験レベルにも到達できない気がする・・

そのあとですかね~
半年契約した ping-t も3月初旬で切れるので更新どうしようかなぁ
4月末までは使うこともなさそう

それと、今月22日の CCNA というより、4月末まで CCNA も延期になる可能性大です・・
いま、ちょっとその原因でマジ凹みモードです・・今日記事にしとこ

2014/02/14 (Fri) 09:11 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: 貴重な情報ありがとうございますっ

Habitatさん

幾つもの試験が重なって大変な状況のようですね^^;。
はびさんにとっての優先順位は大事ですからねw。

特に開発エンジニアが本職なのだから、応用情報取得を最優先に考えておられるのは正しいと思いますw。

はびさんのこれまで培ってきた開発力が大いに試されるときだと思います。
是非存分に力を発揮してくださいね。
応援してますヨ^^。

今は力を蓄えて、来るべき時が来たらCCNAに挑み、是非栄冠を勝ち取ってくださいね。
また、Linux技術は開発技術者にとっては必須のものとなりつつありますw。

もっとも、はびさんの記事を見ていると、Linuxを楽しまれているようなので、元々素養は充分におありかと存じますw。
そこがわたしとは違うはびさんの強みですねw。
是非、その長所を伸ばされると良いと思いますw。

まあ、わたしが言うのも何ですが、LPICは性急に取得しなくても充分に時間があると思いますよw。
取得後5年間は有意性があるわけですし(ニヤw)。

今回幾つか面接の場で指摘されて気が付かされましたが、中途半端に色々な資格に手を出すよりも、まずは一つのものを確実に取得する事が肝要かと存じます><。

やはり、自身の業務に最も直結する可能性のあるものを真っ先に取るべきでしょうw。

私は今、LinuxかWindowsどちらを極めるべきか悩んでいますが、どっちつかずになるのが一番よくないと思います><。

どちらも極められるような天才なんて早々いないのだから、きっぱりと見切りを付ける事も重要なのではないでしょうか^^;。
それ以前に一つの事でさえ、極めるのは容易なことではありませんけどね・・・。

もっとも、もうWindowsに片足突っ込んじゃいましたけど・・・。

まあ、Windows技術者よりもLinux技術者が圧倒的に不足しているという現状を考えれば、重宝されるのはLinuxの方かもしれませんね・・・。

Windowsサーバが表舞台に出てきたとは言え、やはりLinuxの牙城はまだまだ健在ですw。
尚且つ、扱える人材が圧倒的に少ないので、市場では有利とも言われています・・・。

GUIなことも幸いしてか、Windowsサーバは扱える技術者が多く、飽和状態になっているとも言われています・・・。
ぶっちゃけ現時点で数が足りており、需要はそれ程多くないのが現状ですorz。
その為、Linux技術者に比べて単価が下がる傾向にあります><。

やはり、多くの技術者にとってLinuxの敷居は高いものなのでしょう><。
かくいう、わたしもLinuxの苦手意識が拭えず、未だに使いこなす事が出来ていません><。

もう一度よく考えて、どのようにするべきか判断したく存じます^^。

お互い大変でしょうが、確実に技術を身に付けていきましょう><。

2014/02/14 (Fri) 10:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment