Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


31
2014  23:51:53

元ネットワークエンジニアのMCSE取得への道(Windows Server 2012評価版ダウンロード編)

本日は、「Windows Server 2012評価版のダウンロード方法」についてご説明致します。

Windows Server 2012と同等の機能を備えたOSですが、こちらは180日の試用期間が設けられたものとなります。
その間にサーバOSとしての評価を行い、製品版として用いるかどうか判断する事になります。
試用期間後も使用する場合は製品版を購入します。

今回は、Microsoftが実施するMCP試験「Windows Server 2012(70-410)」の対策用として評価版を導入したいと考えております。

また使用目的は主にWindows Server 2012の「サーバーマネージャ」の各種設定及び操作を実機にて確認するためのものとなります。

尚、最新版の評価版として「Windows Server 2012R2」のダウンロードも可能ですが、今回は「Windows Server 2012」対象の試験という事で除外しております。

それでは、以下で「Windows Server 2012評価版」のダウンロード方法についてご説明させて頂きたいと存じます。


【Windows Server 2012評価版のダウンロード方法(Firefoxにて実施)】

1. 「TechNet Evaluation Center」の「Windows Server 2012 のダウンロード」サイトに移動します。
URL:http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh670538.aspx

Windows Server 2012_trial1


2.「ダウンロードするバージョンを選択」の▼をクリックしてプルダウンメニューを表示し、「評価版(ISO)のダウンロード」を選択します。
選択後、「ダウンロードを開始する」をクリックします。

Windows Server 2012_trial2


3.サインインのサイトに遷移し、ログインを求められます。
Microsoftアカウントをお持ちの方は、アカウント及びパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

尚、アカウントをお持ちでない場合は、新規登録が必要になります。
その場合は、「Microsoftアカウントをお持ちでない場合」に続く「新規登録」をクリックして新規登録を行う必要があります。

Windows Server 2012_trial3


4.サインインを行うと、「Akamai NetSession Interface」ダイアログが表示され、「Akamai NetSession Interface」のインストールを求められます。
ダウンロードの時間の短縮を行う為に導入を行います。

「こちらをクリックして開始:」に続く「インストーラをダウンロードする。」をクリックします。

Windows Server 2012_trial4


5.ファイルの保存を求められるので「ファイルを保存」をクリックします。

Windows Server 2012_trial5


6.ファイルの保存が完了すると、ブラウザ(Firefoxの場合)のダウンロードアイコン(下向き矢印)が緑に変わるので、ブラウザ右上のダウンロードアイコンをクリックしてダウンロードしたプログラムを表示し、クリックします。

Windows Server 2012_trial6


7.ダウンロードされたフォルダが開くので、「my_downloader_installer.exe」がダウンロードされているかどうか確認します。

Windows Server 2012_trial7


8.「my_downloader_installer.exe」を確認後、同プログラムを起動します。
プログラムを起動すると、セキュリティの警告が出る場合がありますが、その場合は「実行」をクリックして続行します。

Windows Server 2012_trial8


9.「Akamai NetSession Interface」のライセンス条項が表示されます。

Windows Server 2012_trial9


10.ライセンス条項に目を通し、問題なければ「同意する(A)」を選択し、ラジオボタンが表示されたのを確認して「次へ」をクリックします。

Windows Server 2012_trial10


11.「Windows Server 2012評価版(ISOファイル)」の保存場所を求められるので、任意の場所を指定し「保存」をクリックします。
この例では、マイドキュメントフォルダ内にファイルがダウンロードされます。

Windows Server 2012_trial11


12.尚、「my_downloader_installer.exe」を実行する際に以下のようなダイアログが表示される事があります。その場合は「プライベートネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)(R)」のチェックボックスにチェックを入れ、「アクセスを許可する」をクリックする事によってファイアウォールのブロックを解除する事が出来ます。

解除を行わないと正常にインストール出来ません。
セキュリティ上特に問題なければ続行して頂いて構いません。

Windows Server 2012_trial12


13.「Akamai NetSession Interface」のインストールが完了すると「インストールが完了しました。」と表示されるので、「閉じる」をクリックしてダイアログを閉じます。

Windows Server 2012_trial13


14.「Akamai NetSession Interface」のインストール完了後、自動的に「Windows Server 2012評価版」のダウンロードページに遷移します。

Windows Server 2012_trial14


15.ダウンロードサイトにてファイルのダウンロードが自動的に開始されている事を確認します。
ブラウザ右側の項目の表記が「ダウンロード中」となっており、プログレスバーに動きがあれば、現在ダウンロード中であることが確認出来ます。

ダウンロードは環境にもよりますが、大容量のファイル(約3.5GB程)の為、時間を要する場合があります。
場合によっては1時間程度掛かる場合もあります。
お手数ですが、ダウンロード完了までお待ち願います。

Windows Server 2012_trial15


16.ダウンロードが完了するとプログレスバーが消え、「ダウンロードが完了しました!」と表示されます。

Windows Server 2012_trial16


17.ダウンロード完了後、ファイルの保存先に指定した場所に、isoファイルがダウンロードされている事を確認します。

Windows Server 2012_trial17


以上が、「Windows Server 2012評価版」のダウンロード方法となります。


次回は、今回ダウンロードした「Windows Server 2012評価版」を仮想環境にインストールする方法についてご説明させて頂きます。
尚、VirtualBoxにてインストールを行う予定です。

実機環境での学習を考えておられる方はご参照頂ければ幸いに存じます。
関連記事

スポンサーリンク


 Windows2012(MCSA)学習記録

0 Comments

Leave a comment