Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


29
2014  21:30:22

元ネットワークエンジニアのMCSE取得への道(セカンドショットキャンペーン編)

本日はMCP取得に当たり是非利用して頂きたい「Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」の活用方法についてご説明致します。

(注)尚、今回紹介させて頂きますのは、「一般の方向け」ですので、予めご了承願います。
また、プロメトリック社で行われているものとなります。
他社でも同様のキャンペーンが行われていますが、こちらでは取り上げません。
受験料等が異なる場合がありますので、ご利用の際はご注意願います。

このキャンペーンを利用する事で、試験に一度失敗しても二度目の試験を無料で受験する事が出来ます。
つまり1回分の受験料で2回まで試験を受ける事が可能となります。
但し、セカンドショットキャンペーン対象試験科目である事、及び、2回目を受験出来るのは1度目と同一科目のみとなるので、ご注意願います。

キャンペーン期間は以下となっております。
2013年9月3日(火)~2014年5月31日(土)

対象となっている試験科目は以下の通りです。
MCP : Microsoft Certified Program(070/074/MB*で始まる試験)
これら以外の試験は対象外ですので、予めご確認頂きますようお願い申し上げます。

尚、「Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」についての詳細は以下を参照願います。
http://it.prometric-jp.com/event_campaign/campaign/ms_2nd2013/ge/ge_index.html


それでは、以下で「Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」の申し込み方法について述べていきたいと存じます。


【Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」申し込み及び受験チケット番号入手方法】


1.プロメトリック社の「キャンペーン:MCP セカンドショットキャンペーン【一般の方向け】」のサイトに移動します。
URL:http://it.prometric-jp.com/event_campaign/campaign/ms_2nd2013/ge/ge_index.html

Microsoft MCP Second shot_1


2.サイト移動後、画面をスクロールし、「キャンペーン参加方法」にある「申し込みと受験の流れ」をクリックします。
尚、申し込みサイトに移動する前に、記載されている「注意事項」に目を通して頂き、内容をよく理解して頂いた上で次のステップに進んで頂きますようお願い申し上げます。

Microsoft MCP Second shot_2


3.プロメトリック社の「キャンペーン:MCP セカンドショットキャンペーン【一般の方向け】申し込みと受験の流れ」のサイトに移動します。

Microsoft MCP Second shot_3


4.サイト移動後、画面をスクロールし、「MCPセカンドショットキャンペーン」の受験手順を確認した上で、「MCPセカンドショットキャンペーン専用受験チケット申込みページへ」をクリックします。

Microsoft MCP Second shot_4


5.「Microsoft Second Shot Vouchers(申込みページ)」のサイトが開きます。
英語のページが開きますが、落ち着いて次の手順に進みましょう。

Microsoft MCP Second shot_5


6.「Follow these five (5) simple steps below:」(以下の5つの簡単な手順に従ってください」とありますので、各項目を確認します。

Microsoft MCP Second shot_6

と言っても入力が必要なのは最初の①のみで入力内容は以下の通りです。

Fisrt Name:名前をローマ字で入力します(例)TARO

Last Name:姓をローマ字で入力します(例)YAMADA

Country where you will take the exam:試験を受ける国を入力します。
(例)日本で受験する場合は、プルダウンメニューから「JAPAN」を選択します。

E-mail Address (This e-mail address is where your voucher will be sent) :受験チケットの送り先に指定するメールアドレスを入力します。

Confirm E-mail Address (This e-mail address must match the above e-mail address) :確認の為上記と同じメールアドレスを入力します。

②~⑤は入力項目がないので、読み飛ばして頂いて問題ありません。


7.⑤にある「Submit(送信)」をクリックします。

Microsoft MCP Second shot_7


8.バウチャー(受験チケット番号)が発行されます。
また、同時に申込み時に指定したメールアドレスにバウチャーが送付されます。
送付されているか確認しましょう。

Microsoft MCP Second shot_8

尚、MCP セカンドショットキャンペーンで有効となるバウチャー(受験チケット番号)は以下の通りとなります。
念のため、使用可能なバウチャーかどうかご確認願います。

MCP:GDから始まるもの
  B6から始まるもの
  CMから始まるもの

これら以外から始まる英字のものは対象外ですので、くれぐれもご注意願います。

以後、この取得したバウチャー(受験チケット番号)を使用して、プロメトリック社のサイトよりMCP試験を申し込んで頂ければ、「Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」が適用され、2度目の受験料が無料になります。

尚、入手したバウチャーで一度でも試験申込みを行うと、そのバウチャーは有効となり、同じバウチャー番号で新たに試験申込みを行う事は出来なくなります。
その際には、今回紹介した手順を参考に、再度バウチャーの入手を行って頂ければ新たなバウチャーが発行されるので、そのバウチャーで申込みを行って頂くことで「Microsoft セカンドショットキャンペーン」を利用する事が可能になります。


簡単ではありますが、以上が「Microsoft MCP セカンドショットキャンペーン」の利用方法の説明となります。

スポンサーリンク


 マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE)

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/03 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: MCSAMCSE割引キャンペーン

匿名希望さん

例によって米公開スマソ><。

>該当科目の受験料が割安になります
財力があれば、その方法を取りたかったですが、今お金がないのと失敗するリスクを考えて、1科目ごとに確実に取っていきたいと考えております><。
まあ2回までは受験チャンスがありますが^^;。
パックで申し込んだら貯金尽きて資格取る前に人生が終わります(ちょw)。
てか、紹介して頂いた70-680ではパック受験は無理そうですね^^;。

とりま、現時点では、まずMCSA取得が目標です><。
最低でもMCSEまでに10万近く掛かる訳ですから・・・。
無職には辛すぎる金額ですorz。

確かにコストパフォーマンス的には効率の良い方法なんだけどね^^;。
何気に格安バウチャーが某所を探せば手に入るので、トータルすればそれほど差はなかったりします(ニヤw)。

2014/02/03 (Mon) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment