Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


25
2014  23:00:05

元ネットワークエンジニアのMCSE取得への道(MCSA編その1)

昨今のネットワーク業界とりわけサーバ業界の事情は、数年前のソレとは明らかに異なる様相を呈してきています^^;。
最近、ネットワークエンジニア職の面接でよく聞かれるのが、「Windowsサーバは扱えますか」という質問で、コレは一昔前に主流だったLinuxサーバ技術者の確保という目的よりも、明らかにそのニーズは高まってきています。

しかも、単にWindowsサーバが扱えるのみでは条件としては不十分で、更にソレに加えて仮想環境とりわけクラウド環境の構築経験及びその可否を問われるケースが非常に増えて来ています><。
もはや、時代のニーズとしてはLinuxサーバだけでは通用しなくなってきているのです><。

特にWindows系だとHyper-V等の仮想サーバは基よりクラウドに特化したシステムの構築経験はあるかなどが重視されます^^;。
例えば、Amazonが行っているAWS(Amazon Web Services)を扱うことの出来る技術者等、最新仮想化技術に精通した人材が求められる傾向にあります><。

数年前に主流だった技術は既に過去のものとなったケースも多く、技術者は日進月歩に発達する技術と向き合っていかなければならない時代が到来したのかもしれません^^;。
既存の技術に満足することなく、日々新たな技術を追い求める事こそ技術者の使命なのでしょう><。

とにかく、プラットフォームがかつてのLinuxサーバからWindowsサーバに移行しつつあり、今後Windowsサーバの技術力が求められるようになっていくことでしょう。

無論、コレまでもWindowsサーバの技術は求められてきましたが、導入に踏み切るにはコスト及び稼動スペックが高い為に二の足を踏んでいる企業が多かったと言う理由で、その普及は思ったより進んではいませんでした^^;。

しかし、昨今の技術革新によりPCのスペックは格段に上がり、高負荷なサーバでもダウンせずに運用する事が可能になりました。
また、サーバ導入に掛かるコストも以前より安価になり、Windowサーバに切り替える企業が増えて来ています。
何と言ってもWindowsサーバのウリはその安定性で、一度稼動させれば長期間安定して稼動する事が可能です。

Linuxサーバはその点、導入コスト及び要求スペックは低いものの、ディストリビューションやカーネルバージョンの違いで運用に支障を来たしたり、またカーネルパニック等が一度発生すると、その発生原因を突き止めるのが困難で、障害発生時にその特定が難しいという事が挙げられます><。

更に高負荷が掛かった場合にダウンする事が多く、常にCPU使用率やロードアベレージ等に気を配り、メモリ使用量に注意しながら、サーバダウンしないように適切に閾値を設定して管理する必要があります><。

Windowsサーバでは、稀にハートビートによる同期エラーは起きますが、基本充分なスペックを積んでいるので、そうそうダウンすることはありませんw。
但し、無茶な処理をさせればダウンする事もあるので注意が必要です><。

以上、私の運用エンジニア時代の経験からでした(ダマレw)。

ちなみに、以上のことは仮想化を行うとより顕著になります><。
Linuxで仮想化を行った場合のダウン回数は格段に上がります><。
サーバを纏める事が出来る代わりに、サーバに掛かる負荷が高くなり、ハングアップする可能性が高まるというわけです><。

まあ、最近のLinuxのカーネルは安定して来ているので、昔に比べてダウンする回数は減ってきてますけどね^^;。

少し脱線しましたが、安価に組める半面、障害のリスクのあるLinuxサーバよりも、多少お金を払ってでも、高スペックで安定稼動なWindowsサーバを選択するというケースが増えてきたというわけです^^;。

よって、コレからはLinuxサーバだけでなく、Windowsサーバにも精通している人材が求められる事でしょう。


前置きが長くなりましたが、以上の経緯からWindowsの開発元であるMicrosoftが実施するMCP試験を受験する事を決意致しました。

具体的にはWindowsサーバのスペシャリストを目指す為に、その技術力を証明出来る資格を取得したいと考えております。

その資格とは、MCSE(マイクロソフト認定ソリューションエキスパート) Server Infrastractureと呼ばれるもので、Windowsサーバ系資格の頂点に位置するものとなります。

MCSE:マイクロソフト認定ソリューション エキスパート
http://www.microsoft.com/ja-jp/learning/certification/mcse/default.aspx

尚、MCSEは最新の分類では以下の8つに分けることが出来ます。
どれか一つでも取得すればMCSEの称号を獲得する事が出来ます。
但し、後述致しますが、その取得は容易ではありません><。

新資格体系(2014年1月25日現在)

・MCSE Server Infrastracture
・MCSE Desktop Infrastracture
・MCSE Data Platform
・MCSE Business Intelligence
・MCSE Private Cloud
・MCSE Messaging
・MCSE Communication
・MCSE Share Point

それぞれの説明は割愛します(えーw)。
いや、単純にメドイし(ちょw)。

次に私が取得を目論んでいる(笑)「MCSE Server Infrastracture」の取得までの道のりを示します。

1.MCSA(マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト) Windows Server2012 取得
2.Windows Server 2012(70-413)及びWindows Server 2012(70-414)取得(順不同)
3.MCSE Server Infrastracture取得

以上3段階を経る必要があります><。
但し、1のMCSAを取得するには一定の科目を取得しなければなりません><。

MCSA: Windows Server 2012
http://www.microsoft.com/ja-jp/learning/certification/mcsa/windows-server/default.aspx

具体的には以下の通りです。

1.Windows Server 2012(70-410)取得
2.Windows Server 2012(70-411)取得
3.Windows Server 2012(70-412)取得
4.MCSA Windows Server2012 取得

1~3は順不同 いずれから取得しても可

以上の4段階を経る必要があります。
この時点で初めてMCSEに挑戦する権利が得られるというわけです><。
まったく、途方もない話です><。
あと、受験料が1科目19000円なので、お金もかなり掛かります><。
正直出費キツイっすorz。

但し、現在「MCP セカンドショットキャンペーン」なるものが開催されており、万が一受験に失敗したとしても、2回目の受験を無料で行えるというものですw。

つまり試験1回分の受験料を支払う事で2回まで同一試験を受ける事が出来ます。

尚、キャンペーン期間は以下の通りとなっております。
MCPの受験を考えておられる方は利用されてみては如何でしょうか。

キャンペーン期間:2013年9月3日(火)~2014年5月31日(土)

詳しい説明はコチラw。
http://it.prometric-jp.com/event_campaign/campaign/ms_2nd2013/ge/ge_index.html


以上を纏めると「MCSE Server Infrastracture」取得に必要な科目は以下の通りとなります。


Windows Server 2012(70-410)+Windows Server 2012(70-411)+Windows Server 2012(70-412)+Windows Server 2012(70-413)+Windows Server 2012(70-414)=MCSE Server Infrastracture

以上5科目を取得する必要があります><。

コレでも以前のMCSEより要求される科目数減っているんだけどね^^;。
改めて書き出してみると恐ろしい(ガクガクブルブルwww)。

尚、MCSEを取得するのは必ずしもWindows Server 2012関連資格である必要はありません。
詳細は割愛します(えーw)。

いや、だってどうせ取るなら最新サーバの方がいいでしょ(ダマレwww)。


とりま、途方もない道のりですが、MCSEホルダーとなるべくコレから挑んでいく所存です><。
といってもまずはMCSAの取得からですけどね^^;。

まずは、最も基礎的な内容である「Windows Server 2012(70-410)」から挑戦するつもりですw。

早速、本日テキストを仕入れてきた罠(ニヤw)。
ってか、何でベンダ資格のテキストってこんなに高いんだ^^;。
普通に4K超えてますからね><。
350ページくらいしかないのに、高いよママンorz。

MCSA_WindowsServer2012_TEXT_70-410.jpg
何気にMCPの勉強するの3年ぶりかwww、我ながら放置し過ぎたorz。

まあ、まずは一通り目を通してみるかなw。
実際の学習はVirtualBoxにWindows Server 2012 の評価版入れて操作を確認しながら進めていくつもりですw。
機会があれば、その模様も中継するかもね(ニヤw)。

さて、CCNP(ROUTE)の学習もあるから、正直並行学習するのは大変だけど、今後の為に頑張ってみるかな(ダマレw)。
途中で投げ出さないといいのだけど(ちょwww)。


MCSAの学習なら以下がオススメw

MCP教科書 Windows Server 2012(試験番号:70-410) (EXAMPRESS)
エディフィストラーニング株式会社
翔泳社
売り上げランキング: 34,448


MCP教科書 Windows Server 2012(試験番号:70-411) (EXAMPRESS)
エディフィストラーニング株式会社 阿部直樹、川合隆夫、甲田章子、高橋桂子、竹島友理、田島静
翔泳社
売り上げランキング: 116,825

スポンサーリンク


 マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE)

6 Comments

Habitat  

MS はちんぷんかんぷん

資格ゲッターさん

こんにちはっ Habitat ですっ

MCSE に挑戦されるみたいで・・・
っというか、すいませんマイクロソフト系の資格まったくわかってないですww

なので、今回の記事はとても勉強になりそう・・
操作の模様とか、記事化されたら結構参考にするひとでそうですね。。

私は、仕事では 2008 でしたが、手順だけでなく失敗したことや、トラブルになりそうなことが書いてあるとすごい助かるかもっ!

これからの、展開楽しみにしてますっ!!

2014/01/26 (Sun) 15:55 | EDIT | REPLY |   

shade  

Windows

ゲッターさん

こんばんは!
マイクロソフト系の資格について勉強になりました。
ありがとうございます!

AWSなどのクラウドインフラ環境では、
LinuxとWindowsが混在するシステムとかも当たり前のようにあります。
サーバで動かすアプリケーションに、OSが左右されてしまい、
このアプリケーションで、この処理をやらせるためのWindows(Linux)なんて
なったりします。

Linuxもわからないけど、Windowsはもっとわからないのですが、
ゲッターさんが言うように、インフラに限らないですが、
私の周りからもMicrosoft頑張っているというような声を聞きます。

結局、エンドユーザーからしたら、Windowsだろうが、Linuxだろうが
サーバを直接触る機会はないのだから、どっちでもいいはいいと思うんですけどね。
エンドユーザに近い企業ではなければ、WindowsかLinuxか…などの選定は
値段だけじゃなく、いろいろと考えることが多いと思いますね。

設計なんてできないですから、わかんないですけどww

私はADとかもよくわからないので、多少勉強する必要はありますが、
やるならとことん!な体質なので、手を出すからには、かなり覚悟を決めていることと思います。
その時が来たら、いろいろ教えてくださいね。

2014/01/26 (Sun) 18:16 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: MS はちんぷんかんぷん

Habitatさん

コメ遅延スマソ><。

>マイクロソフト系の資格
大丈夫w、ワタスもあんまりわかってないから(ちょw)。
ってか、クライアント系の資格は持っているけど、サーバ系資格に挑むのは今回が初めての罠^^;。
なので、ほぼゼロからのスタートデスwww。

>操作の模様とか
出来る限りカンガルwww。
ってコイツ煙に巻く気か(ちょwww)。

>2008 でしたが
サーバ使用経験があるのなら、2008でMCP取得狙ってみては?
サーバ2008の資格もありますよ(ニヤw)。
まあ、余裕があればだけどね^^;。
まずは目先の資格を確実に取得しなきゃだしね(ダマレw)。

2014/01/28 (Tue) 23:32 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: Windows

shadeさん

米遅れスマソ><。

>マイクロソフト系の資格について
いえいえw。
マイクロソフト系資格は沢山あるので、正直ドレを取ればいいのか袋小路に陥りそうで、慎重に資格を見定めなければならないですね^^;。

>LinuxとWindowsが混在するシステムとか
最近はそのような混合環境を扱える技術者が重宝されていますからね^^;。
コレがまたいなくて、どの企業も頭を抱えていますから^^;。
勿論、ワタスには㍉です(キリッwww)。

>Microsoft頑張っている
Mさん(笑)、Linuxの牙城を崩す為に必死ですからね><。
頑張るなら今でしょ(うぜぇwww)。

>エンドユーザーからしたら
それが正論ですw。
彼らからしたら、しっかりとサービス提供してくれるなら何であっても構わないからね^^;。
当事者にとっては懸念事項であっても、利用者からすれば取るに足らない問題なのが泣けるwww。
まあ、この業界ってそんな世界でしょ(ちょw)。

>いろいろと
確かにコスト面とかは気になるでしょうからね^^;。
コストパフォーマンス及びニーズを考慮する必要がある為に、様々な環境を構築する必要があるわけですからね^^;。

とりま、学習していて、気付きがあれば、その都度情報を提供していければと考えております(ニヤw)。

2014/01/28 (Tue) 23:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/03 (Mon) 07:17 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: ご無沙汰しております。

匿名希望さん

お久しぶりですね。
非公開で米頂きましたが、返事はさすがに非公開には出来ないので、そこはご勘弁くださいね><。

>1/25に
MCSE取得おめでとうございます^^。
凄いですねwww。
コレでWindows Server上級技術者の仲間入りですねw。
ほんと、わたしの知り合った方達は化け物ばかりだwww。
今の会社では厳しいなら、その資格を使って上流工程に入り込んでみては?

CCNP取るよりも遥かに難しい事を成し遂げるとは(ガクブルwww)。
わたしはMCSE取る自信ありません><。
折角のアドバイスを頂きましたが、学習をもうかなり進めてしまっているので、今からまた一からというのは、気持ちが萎えそうで怖いです><。
既に学習している70-410(Windows Server 2012)の受験を選んだ以上、ソレで貫くつもりです><。
Win7でMCSAを狙うのは気が付かなかった・・・。
そのような方法でもWindows Server2012のMCSE資格が取れるとは^^;。

>今さらどの面下げて
ブログをどのように扱うかは個人の自由なので、わたしが特に何かをいうつもりはないですよ^^;。
まあ、去り際の挨拶くらいはあってもいいかもしれないけどねw。
いずれにせよ、個々人の自由だと思いますよ。
大して気にしてないのでご安心を。

とりま、Win7ではどんな問題が出題されているのか、軽く見てみる事にします^^;。
それで行けそうならそっち取ります><。
2/5までに方向転換できればキャンセル料は掛かりません><。
明日書店で問題眺めて見ますw。

アドバイスありがとうございます><。

2014/02/03 (Mon) 21:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment