Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


15
2014  22:19:38

元ネットワークエンジニアのLPICLv2(202)出題重要度分析w

今更ながらかもしれませんが、「Ping-t」でのLPICLv2(Ver4.0)に対応した「最強WEB問題集」及び「コマ問」のリリース時期が発表されました。


以下のスケジュールで導入予定との事です。

LPIC Lv2 201・・・2月上旬~中旬
LPIC Lv2 202・・・2月下旬~3月上旬


以上から、本格的にVer4.0に対応した学習を「Ping-t」で行えるのは、早くても2月以降となります。

また、202試験を受験される方にとっては、2月下旬以降になりそうです^^;。

前述した通り、LPICLv2の試験範囲はVer4.0に移行した事により、見直しが図られており、現状の学習環境でどこまで補えるかは未知数です^^;。

もっとも、現行の試験環境で既に何人か今年に入ってから合格者が出ていますので、現状は試験開催側としても試行錯誤の段階なのかもしれないですね^^;。

ただ、202試験合格者の体験記に目を通した所、やはりLDAPの出題内容はLv3相当の内容が問われているらしく、生半可な学習では厳しいかもしれません^^;。
Lv3にまで踏み込んだ学習を行っておいた方が無難かもしれません^^;。

また、皆さんがもっとも気にされているであろう「nginx(エンジンエックス)」ですが、受験された方によると2~3問の出題で、ソレほど細かい内容は問われなかったそうですw。

基本的な内容をググって調べておけば現状では充分ではないかと存じます。

もっとも、私が受験したわけではないので、具体的にどの程度のレベルが問われるかは未知数ですけどね^^;。
ただ、合否を左右する程の出題数ではないようですw。
最悪、捨ててしまっても合格は充分に可能かもしれません(ヲィw)。

まあ、今の段階で受けるとなると情報が圧倒的に不足しているので、ある程度のリスクを負う必要があるかしれません^^;。

正直、時間的余裕のある方は、情報が出揃うまで待ってからでも良いかもしれません^^;。
現状では、正直申しまして必ず合格出来るとは言い切れません><。

取り敢えず、今の段階で言える事は、出題傾向を分析して、重要度の高いものを確実に正解出来るようにする事が合格への近道だと言う事です。


LPI-JAPANの公式サイトによると、LPICLv2(202)の出題範囲別重要度を以下のように規定していますw。

ココで示されている重要度は学習を行う上でとても大切です。
学習を始める前にまずはどの項目がどの程度重視されているか確認する事が肝要です。

なぜなら、重要度別に学習する事で、出題確率の高い項目を重点的に学習する事が出来、効率の良い学習を可能とするからですw。

せっかく、公式で重要度を示してくれているのですから、コレを利用しない手はありません。

それでは、さっそく202の重要度別出題範囲を見て行きましょうw。

以下、重要度の高い順に並べてみました。



重要度5


209.1 Sambaサーバの設定
最も高い重要度に位置付けられています。
重点的な学習が必要です。
設定が複雑ですが、必ず抑えておく必要があります><。


重要度4


208.1 Apacheの基本的な設定
Apacheの設定はよく出題されています。
細かな設定までしっかり抑えておく必要があります。
また、サーバ構築する上での基本になるところです。

210.4 OpenLDAPサーバの設定
従来Lv3で出題されていた範囲になります。
Lv3相当の知識が要求され、学習に時間を費やす必要があるところです。
内容の理解が困難な所ですが重要度が高く、この分野を切り捨てると合格は困難になります。
求められるレベルは高いですが、腰を据えてじっくり学習しましょう。

211.1 電子メールサーバの使用
Postfixに関する詳細な知識が要求されます。
代表的なメールソフトの一つとして取り上げられる事が多くなっており、しっかりとその機能と役割を理解しておく必要があります。

212.3 セキュアシェル (SSH)
セキュアなシステムの構築は、高度に情報化された現代社会にとって必須の技術となりつつあります。
Linuxを運用する上でセキュリティ知識は必要不可欠となっています。
高度なセキュリティ知識を持つ技術者が求められており、重要度が高く設定されています。
しっかりと内容を抑えておきましょう。


重要度3


207.1 DNSサーバの基本的な設定
DNSサーバを構築する上で基本的な設定を抑えておく必要があります。
従来201試験で出題されていた範囲ですが、サーバ構築技術として202側に盛り込まれたと考えます。
私も含め、この分野を苦手としている方は多いですが、基本的な内容は確実に抑えておきましょう。

207.2 DNSゾーンの作成と保守
DNSの基本的な設定を抑えた上で、その役割と機能についても抑えておきましょう。
この知識は、DNSサーバを構築する上で必要になってきます。

208.2 HTTPS向けのApacheの設定
SSLを用いたApache設定になります。
セキュアなシステムを構築する上で求められる技術の一つで、その必要性が叫ばれています。
今後のシステム構築で、欠かせない技術となりつつあります。
設定方法から実際の使用方法まで抑えておく必要があります。

209.2 NFSサーバの設定
Linuxではファイルシステム上にマウントして使用する事が多くなっています。
実際の運用の場面でNFSファイルをマウントするケースは多く、その技術体系及び設定内容を理解しておく必要があります。
一通りの設定方法及び運用方法は抑えておく必要があります。

210.2 PAM認証
認証技術として非常に多くの場面で使われます。
Linuxでは認証を必要とするケースが多く、その内容を抑えておく必要があります。

212.1 ルータを構成する
アドレス変換やフィルタリング知識について問われます。
具体的にはiptables等の設定を抑えておく必要があります。
また、ネットワーク全般について理解しておく必要があります。

212.4 セキュリティ業務
IDS等の侵入検知システムに関する知識及び各種設定ファイルについて抑えておく必要があります。
セキュリティ警告を行う各種組織及びユーティリティの知識が問われます。


以上、重要度3までを抜粋してみました。
まずは、この辺りまでを確実に抑えてみましょう。
もっとも、コレだけでも相当な分量ですけどね^^;。
ほんと、202の試験範囲は膨大です><。


以下は重要度2になります。
コチラは余裕があれば抑えておきましょう。
あくまで、優先度5~3を重点的に学習しましょう。


重要度2


207.3 DNSサーバを保護する

208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装
串って重要だと思ったけど、ソレほどでもなかったのね(ニヤw)。

208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装
新傾向のところだけど、そんなに重要ではないみたい^^;。
取り敢えず、現状は様子見かなw。
一応、設定ファイルくらいは抑えておくかな。

210.1 DHCPの設定
DHCPって重要そうに見えたけど、ソレほどでもなかった罠(ガーソw)。
某Ciscoだと結構重要なのにね(ダマレw)。
まあ、LPICだと捉え方も違うのでしょうねw。

210.3 LDAPクライアントの利用方法
コチラは従来から202で出題されていたところだけど、Lv3で出題されていた「LDAPサーバ」の方がより重視されるみたいね。
こっちはまあソレなりに抑えておけばいいのかもw。

211.2 ローカルの電子メール配信を管理する
同じメールソフトでもprocmailはソレほどでもないみたいね^^;。
まあ、基本くらいは抑えておくかなw。

211.3 リモートの電子メール配信を管理する
参考程度に抑えておけばいい感じw。
どんな設定ファイルがあるか知っているくらいで充分そう。

212.2 FTPサーバの保護
FTPサーバもあまり重視されていないみたいねw。
まあ、詳しく学習していたらキリないしね(ダマレw)。
正直、試験範囲細かすぎるから、メリハリ抑えないと袋小路に迷い込みそうorz。

212.5 OpenVPN
VPNについてどんなものかわかっていればいい感じw。
設定ファイルは知っておいた方が良さそう。
まあ、細かく抑えなくても大丈夫かもw。


以上が、重要度別202出題範囲となります。
尚、重要度1に該当するものはありません。
よって、どの項目も一応目を通すくらいはしておいた方が良いかもしれません。

とりま、まずは重要度5~3を確実に抑えておきましょう。
この範囲をしっかり抑えておけば、合格にぐっと近づく事が出来ると思います。

さて、わたすもこの独自の分析を元に学習を進めていこうかな(ニヤw)。
人柱(笑)にはなりたくないけど、工夫して学習すれば合格する事は充分可能な希ガスwww。


実際に新試験で202に合格されている方がおられる以上、決して不可能ではないはずw。

現在、202試験に向けて学習されておられる皆さま、共に新試験を打倒するべく研鑽を積んでいきましょうw。
関連記事

スポンサーリンク


 Linux技術者認定資格LPICLv2

2 Comments

Habitat  

リメンバー

資格ゲッターさん

こんばんはっ Habitat ですっ

うーーん まさに、去年の CCNA の再現を見てるみたいです。。
改訂が入った直後ってほんと動きにくいんですよね

かといって動かないわけにもいかないし、周りの状況を見極めながら情報収集するのも大変です。。
CCNA のときも改訂直後に合格された方たちは、あまりまだ変わってなかったみたいなこといわれてたんだけど、LPIC Level 2 がそれにあたるかどうかは確かに不明ですね。。。

あと、ないかもしれませんが4月の消費税増税に便乗した値上げがないかを少し危惧しています。チケット先に買っといたほうがいいかなぁ・・

それと、資格ゲッターさんが記事で最後におっしゃってた、
「合格されている方がおられる以上、決して不可能ではないはず」
これが、わたしが今回 LPIC のモチベを下げないですんだ要因だと思います
Ping-t では毎日のように合格者が記載されたりしてます
この流れに乗っていきましょうww
(Ping-t の回し者じゃないですww)

2014/01/15 (Wed) 23:00 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: リメンバー

Habitatさん

毎度の事ながらコメント遅れスマソ><。

>改訂が入った直後って
正直、現状では危険ですね^^;。
やはり情報が足り無すぎるので、受かったとしてもギリギリとかそんな感じかも^^;。

>この流れに乗っていきましょうww
流れは大切ですが、今のままだと最悪爆死(笑)の可能性がありそうです><。
もう少し慎重に動いて、様子見をするかもしれません^^;。
実務経験者なら何とかなるような雰囲気ですが、私は202試験に相当するような業務をしたことがないので、自身には当て嵌まらない気がします^^;。

コレは先にCCNPを受けた方がいいのかも・・・。
まあ、暫し考えます^^;。

2014/01/20 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment