Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


03
2014  17:18:43

元ネットワークエンジニアの2014年LPICLv2(202)学習始動w

皆さま、お正月を如何お過ごしでしょうか。
本日でお正月も3日目、そろそろお正月気分から抜け出す準備(笑)をされている方も多いかと存じますw。

今年の始業は土日を跨ぐので、本格的な始動は1月6日(月)からという会社も多いのではないでしょうかw。
もっとも、私はまず就職活動から始めなければならない状態ですがorz。

そんなすっかりニート風味(笑)なわたしですが、何時までも正月気分に浸っているわけにも行かないので、本日よりLPICLv2(202)の学習を始動して行きたいと考えております。

但し、本年1月1日よりLPICLv2のバージョンは現行のVer3.5からVer4.0へと変わっており、ソレに伴い出題範囲の変更がなされているので、具体的にナニがどう変わったのかをまずは分析していきたいと存じますw。


LPI-Japanによると、現行の試験制度からの変更点として以下のサイトで記載がなされています。


レベル2の出題範囲改訂とレベル3の体系変更について
http://www.lpi.or.jp/ver4/


上記のサイトで、LPICLv2の出題範囲改定について201、202試験共に記載がなされていますが、今回は私が受験を予定している202試験に焦点を当てて分析していきたいと考えております。

尚、今回の出題改訂で注目すべき点としては、202試験で従来301試験に含まれていた内容が出題されるようになった事が挙げられます。

また、近年注目されている技術が新たに出題範囲に組み込まれた事も特筆すべき点です。

Linuxでの業務経験がある方は馴染みのある技術かもしれませんが、私のような半端な経験しかない者にとっては全くの未知の技術であったりします^^;。

つまり、全くのゼロからの学習が必要になるという事です><。

具体的に上記に挙げた内容がどのようなものであるかは後述したく存じます。


よって、コレまでのものに比べて新試験であるVer4.0は明らかにその難度が上がると言ってよいでしょう><。
この事は、只でさえ難関と言われる202試験がソレに輪を掛けて更に難しくなる事を意味しています><。

LPI-Japanによると「難易度は計量心理学を導入して適正に設定しています。」とありますが、実際のところ果たしてどこまでその難易度設定が適正であるかは今の所何とも言えません><。

コレから挑戦されるであろう勇敢な人柱(笑)様の挑戦を待って判断する事に致します(ヲィwww)。

いや、色々分析しているうちにマジで今受けるのは危険な気がしてきたんだよね(この弱虫がwww)。
だって、後述する301からの移行内容とか新技術の知識について殆ど何も知らない状態なんだもん(ダマレカスww)。


それでは、Ver4.0ではナニがどう変わったのか詳しく見ていく事にしましょうw。


202試験


主題


207:ドメインネームサーバ→従来(Ver3.5)では201試験の範囲→今回(Ver4.0)から202試験に追加

207.1 DNSサーバの基本的な設定
207.2 DNSゾーンの作成と保守
207.3 DNSサーバを保護する

備考:
出題内容自体は従来の試験(Ver3.5)とほぼ同様と考えられる。
従来通りの学習方法で概ねおk。
但し、DNSサーバを建てる等の学習工夫は必要><。


208:Webサービス

208.1 Apacheの基本的な設定
208.2 HTTPS向けのApacheの設定
208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装
208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装

備考:
Apacheに関する出題範囲に変化あり
従来は、「WEBサーバ」と一括りにしていた内容を「一般的なApacheの設定」と「HTTPSの設定」とに分けています。
学習する際には、それぞれ個別に学習する必要があると思われます。
また、プロキシとして従来からある「Squid」に加え、リバースプロキシとして近年注目を浴びる「Nginx(エンジン エックス)」が新たに出題範囲として加えられました。

現時点で、「Nginx(エンジン エックス)」に関する学習テキストが無い為、自身で情報を集める等の自助努力が必要です><。
コレに関しては私も自力学習を試みるつもりです><。
ぶっちゃけ、こんな技術名称初めて聞いたわwww。

何気にググって調べたところ、以下のサイトが中々良さそうなので、まずはココで基礎知識を学習するつもりデスw。
実際の試験ではどこまで問われるか未知数ですが、取り敢えず基本設定くらいまでは抑えておくと良いのかも(ニヤw)。

nginx連載1回目: nginxの紹介
http://heartbeats.jp/hbblog/2012/01/nginx01.html
直リンサーセン(ちょwww)


209:ファイル共有

209.1 Sambaサーバの設定
209.2 NFSサーバの設定

備考:
出題内容自体は従来の試験(Ver3.5)とほぼ同様と考えられる。
従来通りの学習方法で概ねおk。
余裕があれば、Sambaサーバを建ててみると理解が深まるかもw。


210:ネットワーククライアントの管理

210.1 DHCPの設定
210.2 PAM認証
210.3 LDAPクライアントの利用方法
210.4 OpenLDAPサーバの設定

備考:
概ね従来(Ver3.5)通りの学習方法で大丈夫だと思われるが、新たに「210.4 OpenLDAPサーバの設定」が追加されており、コレは従来301試験の出題範囲でしたが、この度の改定で202試験に移行しています><。

よって、現時点(2014年1月3日)ではこの項目に関してLPICLv2テキストでは有効なものがない状態ですorz。
従来の301用のテキストや問題集を用意して学習する必要があると思われます><。
もっとも、私はテキストの発売を待ちますけどね(ニヤw)。
何気に私はLDAPナニソレオイシイノ(笑)状態なので、いずれにせよほぼゼロからのスタートだったりします(だめぽwww)。


Linux教科書 LPIC レベル3
中島 能和 高橋 基信 濱野 賢一朗
翔泳社
売り上げランキング: 170,430


徹底攻略LPI問題集 Level3 [301/302]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
中島 能和
インプレスジャパン
売り上げランキング: 95,498


LPI認定試験LPICレベル3(301/302)「最短合格」テキスト&問題集
アイダックLinuxチーム
秀和システム
売り上げランキング: 443,893



211:電子メールサービス

211.1 電子メールサーバの使用
211.2 ローカルの電子メール配信を管理する
211.3 リモートの電子メール配信を管理する

備考:
概ね従来(Ver3.5)通りの学習方法で大丈夫と考えられる。
但し、最近は「Sendmail」より「Postfix」がメールソフトとして普及している為、前者の出題比率を下げている模様。
前者に関してはどのようなものか理解出来ている程度に留め、後者により焦点を当てた出題になっている模様。
学習する際は、「Postfix」を重点的に学習する必要あり。


212:システムのセキュリティ

212.1 ルータを構成する
212.2 FTPサーバの管理
212.3 セキュアシェル (SSH)
212.4 セキュリティ業務
212.5 OpenVPN

備考:
概ね従来(Ver3.5)通りの学習方法でおk。
但し、従来201試験で出題されていた「212.5 OpenVPN」が202試験に追加されている事に注意><。
コチラは201試験では「高度なネットワーク」に含まれていましたが、新試験(Ver4.0)より202試験の「システムのセキュリティ」項目に含まれる事になりました。


213:トラブルシューティング→全ての項目で新試験(Ver4.0)より201試験に移行w。

202試験では出題がなくなりましたwww。

やったね、たえちゃん(だからダレやねんwwwww)。

201試験受ける人はトラシュー頑張ってね(ヒドスwww)。

一応従来の出題範囲を記載しておきますw。


213.1 ブート段階の識別とブートローダのトラブルシューティング
213.2 一般的な問題を解決する
213.3 システムリソースの問題を解決する
213.4 環境設定の問題を解決する


以上、新試験(Ver4.0)の出題範囲になります。

301試験からのお下がり(笑)や、新技術について新たに学習する必要がある等、中々厄介な事(笑)になっています><。

まずは、勇気ある人柱(笑)達の挑戦を見守り、試験データやテキストが揃ってきた時点で受けようかと早くも方向転換を画策しています(このヘタレがwww)。

だって、未知の状態で試験受けるの怖いもん(ダマレゴミwww)。

ソレに貧乏だから、試験に失敗するわけにはいかないしね^^;。

受けるなら確実に受かる準備をしてからでないと、今の状態では危険すぐる><。


とりま、今回の私の分析を元に新試験(Ver4.0)にダイブ(笑)したいヤシは、是非人柱(笑)となって我に道を示すノダーwww。

貴重な人柱達の吉報を心待ちにしてるデスwww。


何て他人任せな人生なんだ、コイツはwww。
コレはヒドイwww。


Linux教科書 LPICレベル2 第4版
中島 能和
翔泳社
売り上げランキング: 84,179


Linux教科書 LPIC レベル2 スピードマスター問題集
大竹 龍史
翔泳社
売り上げランキング: 211,673


徹底攻略 LPI問題集 Level2 [Version 3.5]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
中島 能和
インプレスジャパン
売り上げランキング: 140,321

関連記事

スポンサーリンク


 Linux技術者認定資格LPICLv2

6 Comments

秘密  

No title

昨年の2連敗を未だに引きずっております。

「Linuxで実際にコマンドを試してみる」というのは、理屈はわかるのですが、実際にどうすれば良いのか分かりませーん。

「仮想環境を用意すればいい」例えばサーバの構築とかどうやるの?って感じですね。

2014/01/03 (Fri) 18:12 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: No title

秘密さん

>未だに
年が明けたのだし、綺麗サパーリ忘れて気持ちを切り替えていきましょう(ヲマエがイウナwww)。

>実際にどうすれば良いのか
環境を作ってくださいとしか^^;。
一度CentOSとかでインストール作業とか体験してみては?
仮想環境でもいいし、実環境でもどちらでもいいですが、環境作らないとコマンドの練習のしようがありません^^;。

参考までに以下のサイトで学んでみては?
今なら構築マニュアルも無料で貰えるよw。
入力要るけどね^^;。
既知だったらサーセン(ダマレw)。

コマンド練習したいだけなら、「04.CentOS6.4で端末(ターミナル)を起動する(GUI)」まででおkw。

LPICLv2のリベンジを考えておられるのなら全部実行されることをオススメしますw。

尚、セキュリティ的にはインターネットに公開できるレベルではないので、ネットワークに公開はしないでね^^;。

iptablesとかで武装しておかないと、公開した途端に総攻撃を受けます(ちょwww)。
くれぐれも気をつけてね(ダマレw)。

とりま、習うより慣れろデスwww。

CentOS6.4でサーバー構築
http://www.linuxmaster.jp/linux_skill/040linux/centos64/

内訳

01.CentOS6.4ファイルのダウンロード
02.CentOS6.4のインストールCD作成(burnatonceでライティング)
03.CentOS6.4のインストール
04.CentOS6.4で端末(ターミナル)を起動する(GUI)
05.CentOS6.4でWebサーバー構築(Apache2.2.24のインストール)
06.CentOS6.4でWebサーバー構築(Apache2.2.24の設定)
07.CentOS6.4でFTPサーバー構築(Proftpd1.3.4cのインストールと設定)

尚、仮想環境の構築なら以下でw。
情報がかなり古いけどね^^;。

または、マニュアルプレゼントでVMware Player5で使用する方法を手に入れる事が出来ますw。

VMware Player 3の使い方
http://www.linuxmaster.jp/linux_skill/2010/03/vmware-player-3-1.html

VMware Player 3のダウンロードとインストール
http://www.linuxmaster.jp/linux_skill/2010/03/vmware-player-3.html

2014/01/04 (Sat) 17:44 | EDIT | REPLY |   

秘密  

無料でマニュアルダウンロード

ゲッターさん

何というか、やはり私の意図が伝わらなかったですね。
「仮想環境を用意すればいい」に取り消し線引いたのは、「そんな初歩的なことを聞いてんじゃねーよ」という意味で、「コマンドを覚えるためにLinuxを使う」のではなく、「○○したいからLinuxを使う」という目的を持ちたかったのです。

たとえば、PCが欲しいとします。でもPCで何ができるのか分かりません。その状態でPCを扱っても、吸収できないと思います。

しかし、例えば「AKBの動画集めたいからPCが欲しい」であれば、目的は明確です。動画を集める方法(例えばファイル共有ソフトをダウンロ(ry)も自然と覚えるでしょう。

・・・で、今の私はLinuxを使って何をしたいというのがないので、仮想環境準備してもそこから先に進めません。コマンド入力の練習にしても、単に入力して結果を見るだけでは暗記とさして変わらないかと。その先にある栄光を掴みたいわけです。

それはともかくとして、下記サイトのご紹介ありがとうございました。

2014/01/04 (Sat) 19:18 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: 無料でマニュアルダウンロード

秘密さん

>私の意図が
むしろあの文脈でソレを読み取るのは至難の業かと^^;。
私は心理カウンセラーじゃないので(ダマレw)。

ちなみに、私は兼ねてから申し上げている通り、Linux大嫌いな人です><。
なので、何かをする為にLinuxを使っているわけではなく、必要に迫られて仕方なく操作を覚えただけです><。
よって、秘密さんの力になるどころか、私自身プライベートではLinuxなんて見たくもありません(ちょw)。
むしろ、仕事や資格学習で必要なければ、こんな使いにくいOS滅べばいいとさえ思っています(問題発言)(ヲィwww)。

>PCで何ができるのか
まさにその通りです^^;。
正直、Linuxがあることでナニが出来るかなんてわかりません><。
つか、大抵の事はWindowsで出来ちゃいますw。
サーバ構築もその軽さと無料で構築出来るのが売りですが、同じ事はお金を掛ければWindowsでだって可能です^^;。

強いて挙げるならお金を掛けずに様々な機能を組み込めると言ったところでしょうか^^;。
その度に難解なコマンド操作やコンパイル及びビルド作業を要求されますが^^;。
更に依存関係とかいう複雑なものまで入ってくるので、こんな怖いブラックボックス正直触りたくありません><。

>暗記とさして変わらないか
冷たいことを言いますが、LPICはぶっちゃけ暗記です(ちょw)。
正直、何の法則性も面白みもない概念やコマンド操作を覚えるのは苦痛意外の何物でもありません><。
ですが、Linuxを楽しめない私のような輩は、その苦痛に耐えているのです><。
むしろ、Linuxを楽しめる人ってマニアな人か開発エンジニアくらいのものでしょ^^;。
多少偏見あるかもしれませんが、やはり一般向けに普及させるにはまだまだ難しすぎますし、その用途も正直図りかねます^^;。

以上が私の見解です><。
お目汚し失礼しました><。

結論:業務スキルアップの為に仕方なくLinuxを使う><。

2014/01/05 (Sun) 02:41 | EDIT | REPLY |   

Habitat  

202・・

資格ゲッターさん

こんばんはっ Habitat ですっ

202の情報ありがとうございます。。
そして、早速始動されたんですねっ

ざっと見る限り、Linux でのサーバー構築関連というところでしょうか
それ+アルファ Level 3 内容も加わると・・・

なかなか、難易度が高くようですがそれだけ取得したときに得るものは
大きそうです。。
いまは、サーバー構築がメインになっているので結構タイムリーな
ネタだったろうけど、受ける頃にはもう今のプロジェクト終わってるもんなぁ

構築したサーバーで Webサーバと、FTPサーバ絡んだんで後で改めて
やったことの意味を知ることになるかもしれない・・・

まぁでも、まだ私は Level 1 で知識をかき集めるのが先だな・・
お互いがんばりましょうっ

2014/01/07 (Tue) 22:22 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: 202・・

Habitatさん

コメント遅れスマソ><。

>202の情報
情報分析しているだけで全然勉強出来てない罠(ちょw)。
はびさんは、こんなズボラに構わずサクッとホルダーになっちゃってねwww。

>Linux でのサーバー構築関連
そうですね、202はサーバ構築関連内容が多いですね^^;。
実際に構築していないとイメージが沸きにくいところですね^^;。
また、各種ファイル名や各ファイルの記載事項等かなり細かい所を問われます^^;。

>受ける頃には
あらら^^;。
ってか、私なんてサーバ構築のかけらもありませんでしたけどね^^;。
ひたすら、ディストリビューション環境の構築とビルド作業のみでしたからw。
鯖組める環境にあるだけで裏山www。

>Webサーバと、FTPサーバ
それは貴重な体験をしましたねw。
ApacheやTomcatの設定とかも経験しただろうしw。
LPICの学習時に大いに役立ちますよ(ニヤw)。

>知識をかき集める
まあ、Lv1で問われる内容ってあまり業務と関係ない隙間知識が多いからねぇ^^;。
業務に直結してくるのはLv2からだから、Lv1の学習は詰まらないかもしれないね^^;。
まあ、Lv2の為の地ならしだと思ってガンガレwww。

2014/01/12 (Sun) 17:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment