Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


07
2013  03:08:43

ネットワークエンジニアじゃなくても(笑)抑えておきたい技術用語(その1)

8月に入り、高度情報処理技術者試験までまもなく2ヶ月になろうとしています。

そこで、今回からズバリ今年の秋期試験に出題されそうな新技術用語を抜粋して解説していこうと思います。
対象者は全区分の情報処理技術者試験の受験者で、主に午前試験の対策となります。

尚、各技術用語は私の独断と偏見(笑)によるものであり、本試験での的中の保証はどこにもありません(ヲィ)。
まあ、当たったらラッキーじゃね(笑)くらいな感じでお願いします。
何気にこういう用語問題が解けると結構得点稼げますからね♪。


出題予想用語その1


ステルスマーケティング(Stealth Marketing)


一時期、ステマステマ(笑)と省略されてネット上でスラングのように飛び交っていたアレです(笑)。
かなり騒がれていたので結構浸透度高いと思います。
今でもちょっと何かの商品に関係する話題が出るとステマが飛び交っていますよね(笑)。

聞いたことはあるけど、実は本当のところ意味知らずに使ってたって人多いんじゃないかな。
かくいう、私も意味知らずにみんながステマって言ってるからマネして叫んでました(ヲィ)。

そんなわけでここで本来の意味を知って正しく使いましょう(笑)。
こういうのって意外に出題者が狙ってきそうな気がしませんか。
タイムリーなだけにそのまま出題せず、選択肢の一つに織り交ぜてきそうなヤカン(笑)。


意味:消費者に広告であると悟らせずに実施する宣伝行為とその手法。


簡単に言っちゃうと、サブリミナル効果みたいなものです。
さりげなく何度も商品をチラ見せして、無意識のうちに購買行動に繋げちゃうアレに似てます。
CMとかでよく使われています。

だから、何気なくある商品の話題を出していつの間にか宣伝しちゃっているのです。
人間の心理を突いた実によく考えられているマーケティング手法だと思います。
我々消費者は知らず知らずのうちに買わされちゃっているのです(笑)。

こんな感じでこれからもちょくちょく解説していくからよろしくね~♪。
いつもこんなユーモアにはできないけどね。
でも、面白い用語なら少しくらいハメ外しちゃうかもね。


ステマについて詳しく知りたければコチラもどうぞ


関連記事

スポンサーリンク


 IT技術用語解説

0 Comments

Leave a comment