Get a network qualification

資格を取得することでネットワークエンジニアへの道が開けます。
ネットワークエンジニアの資格取得に役立つテキスト・勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
是非、資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

スポンサーリンク


15
2013  23:38:19

元ネットワークエンジニアのVirtualBox解説(Ubuntu13.10インストール編)

前回は、VirtualBoxの初期設定及びLinuxディストリビューションをインストールする為の準備を行いました。

今回は実際にVirtualBoxにUbuntu13.10をインストールしていきたいと存じます。


【Ubuntu13.10のインストール】


それではこれから実際に「Ubuntu13.10」のインストールを行っていきますが、その前にご準備頂きたいものがございます。

お手数ですが、お手元に手頃なメールアドレスを用意頂きますようお願い申し上げます><。

実は、Ubuntu13.10ではインストールを行う為に「Ubuntu One」なるストレージサービスに登録する必要があり、メールアドレスを入力しなければインストール出来なくなってしまいました><。

コレまでのバージョンではそのようなことはなかったのですが、今回の13.10からは少し手続きが煩雑になっております^^;。

何気に「Ubuntu One」サービスに登録するとクラウド環境で5Gのフリースペースが貰えるので、そのスペースを有効活用出来れば無駄にはならないけどね(ニヤw)。

正直、メドイ(笑)ですが、捨てアドでも何でもいいので、メールアドレスをご用意頂きますよう何卒よろしくお願い申し上げます><。
勿論、本格的に稼動するのなら、専用のアドレスが必要になりますが^^;。
練習用であれば捨てアドで充分ですw。


1.メールアドレスをお手元に用意して「VirtualBox」を起動し、「Oracle VM VirtualBox マネージャー」を表示します。

赤枠で囲まれた「起動」をクリックします。



Ubuntu13_install1.jpg


2.前回起動設定を行っていれば「Ubuntu13.10」が起動します。
起動中に幾つかのダイアログが表示されますが、そのまま「OK」をクリックします。
また、同様のメッセージを今後表示させたくなければ、「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックを入れて「OK」をクリックします。


Ubuntu13_install2.jpg

3.以下の画面が表示された場合は「OK」をクリックします。
インストール時にカラーモードは特に気にする必要はありません。


Ubuntu13_install3.jpg


4.以下のダイアログが表示されることがありますが、そのまま「OK」をクリックします。
簡単に言うとゲストOS(今回インストールするディストリビューション)上でマウスを使う為には仮想マシンの画面をクリックしてアクティブウィンドウを切り替えてくださいということです。
特に気にする必要はないかと存じます。


Ubuntu13_install4.jpg


5.「Ubuntu13.10」が起動すると以下の画面になります。
デスクトップ上に「Ubuntu13.10のインストール」アイコンがあるのを確認して、同アイコンをクリックします。


Ubuntu13_install5.jpg


6.言語選択画面になるので、「日本語」が選択されていることを確認して「続ける」をクリックします。
選択されていない場合は「日本語」を選択してから「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install6.jpg


7.「キーボードレイアウト」の画面になるので、キーボードレイアウトの選択で「日本語」が選択されていることを確認して「続ける」をクリックします。
選択されていない場合は、「日本語」を選択してから「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install7.jpg


8.「Ubuntuのインストール準備」の画面になります。
「最低必要な空き容量」及び「インターネットに接続されていること」共にチェックが入っていることを確認します。

この後の作業でインターネットの接続が必要になるので、この時点でインターネット接続を確立しておきます。

前回のセットアップ編の「ネットワーク設定」で設定した内容が正しければ、この時点でインターネットに接続出来ます。

もし、設定が誤っているとこの画面にチェックが付かない状態になっているので、今一度設定を見直しましょう。

参考までに、前回私は「ネットワーク設定」で「ブリッジアダプター」を選択しましたが、実はこの時点でインターネットに接続出来ていませんでした><。

設定を見直した所「NAT」接続が必要なことがわかり、この時点で修正しています^^;。
何気にネット環境をしっかり把握出来ていませんでした(ダメジャンwww)。

インターネット接続を確認した時点で「インストール中にアップデートをインストールする」にチェックを入れます。


Ubuntu13_install8.jpg


9.様々なソフトウェアを最初から利用出来るように「サードパーティーのソフトウェアをインストールする」にチェックを入れます。


Ubuntu13_install9.jpg


10.以上、4箇所のチェックが全て入っている状態で「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install10.jpg


11.「インストールの種類」の画面になります。
「ディスクを削除してUbuntuをインストール」が選択されていることを確認して「インストール」をクリックします。
選択されていない場合は「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択して「インストール」をクリックします。

尚、仮想マシン上にインストールする為ディスクを削除しても実環境には何ら影響はありませんw。
思う存分消し捲くりましょう(ちょwww)。


Ubuntu13_install11.jpg


12.「インストール」画面に切り替わり、居住地域を聞かれます。
「Tokyo」が選択されていることを確認して、「続ける」をクリックします。
選択されていない場合は、「Tokyo」を選択して「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install12.jpg


13.「個人情報」の入力画面になります。


Ubuntu13_install13.jpg


14.「あなたの名前」に任意のユーザ名を入力します。
自動的に「コンピュータの名前」に任意の名前が入力されます。
変更したい場合は適宜修正します。

次に「ユーザ名の入力」を行います。
「あなたの名前」に入力したものと基本的に同じもので問題ありません。
変更したい場合は適宜修正します。

最後に「パスワード」を求められるので、なるべく複雑なものを設定します。
英数や記号を織り交ぜることをオススメ致します。
セキュリティ対策として強固なパスワードを設定しておきましょう。

確認の為同じパスワードを2度入力する必要があります。

また、「ログイン時にパスワードを要求する」にチェックを入れてから「続ける」をクリックします。
こちらもセキュリティ対策としてパスワードログインを行うようにします。


Ubuntu13_install14.jpg


15.「Ubuntu ONE」のアカウント確認画面になります。
前述した通り、「Ubuntu13.10」から「Ubuntu ONE」のアカウント作成がインストール時に必須となった為、メールアドレスをお手元にご用意願います。


新規アカウントを作成しますので、「I am a new Ubuntu One user」が選択されていることを確認して「続ける」をクリックします。
選択されていない場合は、「I am a new Ubuntu One user」を選択し、「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install15.jpg


16.「Ubuntu One」のアカウント作成画面になります。


Ubuntu13_install16.jpg


17.赤枠で囲まれている箇所を全て記入します。

「Please type your email:」にご自身のメールアドレスを入力します。
お手元にご用意されているメールアドレスを入力します。

「Please tell us your name and choose a password」にユーザ名及びパスワードを入力します。
いずれも任意で設定願います。

尚、パスワードは8文字以上の入力が必要となりますw。
くれぐれもパスワードをお忘れなきよう願います^^;。


最後に「I have read and accept the Ubuntu One terms of user」にチェックを入れて「続ける」をクリックします。


Ubuntu13_install17.jpg


18.「Ubuntu13.10」のインストールが開始されます。
環境にもよりますが、結構な容量がある為30分~1時間程インストールに要する場合があります。
間食でもしながら気軽に待ちましょうw。

お暇なら積みアニメ消化(笑)でもゲームでも何でもお好きにどうぞ(ヲィwww)。


Ubuntu13_install18.jpg


19.様々なシステムが次々とインストールされるので、眺めていてもそれほど苦にはならないカモw。


Ubuntu13_install19.jpg


20.インストールしている間に「Ubuntu13.10」の機能説明の画面が次々に表示されるので、眺めてみるのも一興カモw。


Ubuntu13_install20.jpg


21.音楽機能も色々強化されているみたいねw。
もっとも、あんまり興味ないけど(ちょw)。


Ubuntu13_install21.jpg


22.画像編集ツールとか初めから色々と入っているみたいねw。
GIMPとかは重宝しそうですね(ニヤw)。


Ubuntu13_install22.jpg


23.前述した「Ubuntu One」の説明もあるみたいねw。
あんまり興味ないけど(ダマレw)。


Ubuntu13_install23.jpg


24.ぶっちゃけ、Firefoxさえあればブラウザは充分事足りますw。
むしろ余計なものはいらない主義だったりしますwww。


Ubuntu13_install24.jpg


25.オフィスみたいなのも色々入っているみたいねw。
まあ、Linuxで文書作成とかはあまりしないけどね(えーw)。


Ubuntu13_install25.jpg


26.正直Ubuntuの環境設定方法って未だによくわかってないんだよね(だめぽw)。
だって何気に設定方法複雑なんだもん(ダマレカスwww)。


Ubuntu13_install26.jpg


27.インストール完了まであと少しですw。
今しばらく待ちましょう^^;。


Ubuntu13_install27.jpg


28.インストールが完了すると、下記のダイアログが表示されます。
「今すぐ再起動」をクリックして「インストール」を有効にしましょうw。

尚、ここで「試用を続ける」をクリックするとインストールは確定されません。
データの変更や保存を行っても設定は反映されません。

また、この時点で何かエラーが起きてOSが強制終了しても、インストールは確定されないのでご注意願います><。
その場合、また最初からインストールし直しとなります><。

環境によっては、ウィンドウサイズで仮想マシン上のOSを再起動すると、仮想マシンが強制終了することがあるので、ご注意願います。

念のため、仮想マシンを再起動する際は仮想マシンをフルスクリーンに設定してから再起動することをオススメ致します><。

但し、フルスクリーンに設定すると、PCに相当な負荷が掛かりますので、ある程度のスペックを満たしていることが条件となります。

くれぐれもご注意願います><。

最低でもデュアルコアのCPUにメモリ4G以上は欲しい所です^^;。
安定稼動の為にはメモリ8G以上が必要ですw。


Ubuntu13_install28.jpg


無事に再起動出来れば、その時点で「Ubuntu13.10」のインストール作業は完了となります。

お疲れ様でした^^;。


次回は、「VirtualBox」で仮想マシンを使用する際の便利テクについて紹介していきたいと存じます。

乞うご期待(だからうぜぇwww)。

スポンサーリンク


 VirtualBox

4 Comments

Habitat  

お疲れ様ですっ

資格ゲッターさん

こんばんはっ Habitat ですっ

Ubuntu 13.10 インストールって結構親切ですよねっ
おなじUbuntu の記事があるだけでなんか親近感を感じますww

いま私はちょっと方向性が違う方向に行ってるけど・・

ちなみに、資格ゲッターさんの Ubuntu って
日本語 Remix じゃないほう?

私は、後発の 13.10 日本語 Remix 版を入れたんですが、
なんか、FireFox のメニューが英語なんですよ。。

アドオンみると、日本語ランゲージパックが Disable 化
されてて、Enable もできない有様・・・

もし、日本語 Remix 版でなければ、メニューの言語教えて
ください~ _(._.)_

2013/12/18 (Wed) 23:39 | EDIT | REPLY |   

Habitat  

すいません自己解決っ

資格ゲッターさん

こんばんはっ Habitat ですっ

前回コメで質問させていただいた、Ubuntu 13.10 日本語 Remix 版
での、FireFox の英語ベースの件ですが、ソフトウェア更新を
かけるとちゃんと日本語になりましたww

お騒がせしました。。。_(._.)_

でも、なぜか他のソフトインストールしたタイミングで、
ソフトウェアの更新がアクティブになったんだよねぇ

なんでだろ・・

2013/12/20 (Fri) 01:22 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: お疲れ様ですっ

Habitatさん

遅すぎるレスでサーセン><。

>Ubuntu の記事があるだけで
はっきり言って、色んなLinuxの解説記事読んだけど、不親切なものが多すぎます><。
只でさえLinuxはその普及が思わしくないのに、専門用語や暗黙の了解の羅列ではますますLinux離れが加速する一方です><。

わかっている人達の為の解説ではなく、わからない人達に如何にご理解頂くかを念頭に置いて記事を書く必要があると考えていますw。

>日本語 Remix じゃない
モロに日本語 Remixデスwww。
そして、確認したら同じく火狐英語版だた^^;。

何の手助けにもならずサーセン><。
ほんと、Linuxは使う側のことを殆ど考慮していない自己満足OS(笑)ですねw。
業務で使用する機会が多いですが、何時まで経っても好きにはなれんorz。

Linuxを扱うものは、その性質が通常のPCより複雑で難解なものと認識し、他のOSに比してより丁寧に解説する必要があると考えています><。

共に、わかりやすく楽しく学べる解説サイト目指して頑張っていきましょうw。
てか、専門用語羅列したり、説明を端折ったりすると、当の本人である私がわからん(だめぽwww)。

仕事で仕方なく使うか、試験勉強でしぶしぶ使うくらいしか用途がないorz。

2013/12/22 (Sun) 19:17 | EDIT | REPLY |   

資格ゲッター  

Re: すいません自己解決っ

Habitatさん

>ソフトウェア更新をかけると
それは何よりですw。

>他のソフトインストールしたタイミングで
自動的にアップデート機能が働いたのかもねw。
ソフトインストール時には、更新ファイルチェックってよくあるしw。
もっともうぶんちゅの仕様はよくわからんけど(だめぽw)。

ぶっちゃけ、私にもわからん(ヲィw)。
Linuxはほんとブラックボックスで触るのが怖いwww。

2013/12/24 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment