Get a network qualification

資格取得でネットワークエンジニアへの道が開けます。
資格取得に役立つ勉強法を自身の体験を交えて紹介します。
現在、過去数百に及ぶ記事を只管修正中(ちょwww)。

資格を手に入れてネットワークエンジニアになろう

元ネットワークエンジニアの来年は今年以上に不安材料しかない><

皆さんにとって今年はどのような年だったでしょうか。恐らく色々な事が次から次へと降り掛かり、明らかに世界の動きが変わった一年だったのではないかと思います(ぇ。現に我が国のことだけ取ってみても、重要な事が国民不在のまま次から次へと決まっていった年でしたね^^;。強行採決が当たり前のように行われ、自衛隊の駆け付け警護に関連する法案や、カジノ法案など国民の与り知らぬ所で次々と重要法案が可決されていきました...

元ネットワークエンジニアの現場のサーバ、インフラ技術者に是非読んで貰いたい本デス(ぇ

今回は、以前にご紹介させて頂きました以下の書籍の続編が発行されましたので、その概要及び思うところについて述べさせて頂きたいと存じます(ぇ。■インフラエンジニアの教科書前回ご紹介させて頂いた折には、インフラエンジニアとして業務に携わる前に是非ご理解頂きたい入門者向きの書籍として挙げさせて頂きましたが、著者が新入社員向けと銘打っていたのに対し、わたしは真っ向からそれを否定する形で、ある程度基礎知識があ...

元ネットワークエンジニアの4度目のネスペ敗北orz、こうなったら受かるまで挑戦するしかっ><

立て続けに試験があった関係で、ご報告が遅れてしまいましたが、先日、平成28年度秋期情報処理技術者試験高度区分の合格発表が行われました。だからといって別に気分が高揚しているわけではありませんけどね(ぇ。一応合格発表日を迎えたので、努めて冷静に結果を確認するのみです(ダマレクズwwwww)。■平成28年度秋期試験高度区分合格発表もっとも10月に行われた秋期試験の手応えを殆ど感じられなかったので、それほどこ...

元ネットワークエンジニアの第1回山科検定を受験してきマスタw、解答速報なんぞやってみるテスト(ぁ

本日は、兼ねてより予告していた「第1回山科検定試験」の受験日です。何気に試験終了後に山科のイベントに関するパンフと、観光地図みたいなのを受験者に手渡していたので、貰ってきマスタ(ニヤw)。アイキャッチ画像の左側がソレですw。尚、右側は今回受けた「第1回山科検定」の問題用紙です(ぉ。問題用紙持ち帰り可だったので、試験終了後じっくりと答え合せしマスタw。■第1回山科検定学習の成果を発揮し手応えを掴まれた...

元ネットワークエンジニアの第1回山科検定の予想問題を作ってみるテスト(ぇ

いよいよ、今週末(12月18日)に迫った第1回山科検定に向けて、現在学習を行なっております^^;。余談ですが、本日12月14日は「山科義士まつり」が開催される日ですね。赤穂四十七士に扮した山科区民が毘沙門堂を出発し、目的地まで練り歩くという伝統行事ですね。その目的地は山科検定ではかなり狙われると思われるので、ここでは敢えて割愛します(えーw)。まあ、赤穂浪士の頭目を知っていれば答えは自ずとわかるカ...

元ネットワークエンジニアの第13回京都検定2級及び3級を受験してきマスタw、結果は如何に(ぇ

本日は第13回京都・観光文化検定試験(京都検定)の受験日です。■京都・観光文化検定試験(京都検定)今回受験された方、本当にお疲れ様でした。実力を出し切れた方もそうでない方も、これまで行ってこられた努力は決して無駄にはならないと思います><。まずは、ゆっくりと疲れを癒して頂ければと存じますw。わたしは今回京都検定2級及び3級を併願受験しましたが、やはり連続で異なる級を受験すると殊の他疲れますね(ダマ...

元ネットワークエンジニアの京都検定3級の公開テーマ「京のおみやげ」の予想問題を作ってみた(ぉ

いよいよ、第13回京都検定の実施日まで@1日を残すのみとなりましたね><。明日(12月11日)の試験に備え、皆さん余念がないことと存じます。恐らく試験に向けて最終確認を行なっておられることでしょう。そのような中、直前になって申し訳ありませんが、第13回京都検定3級に出題されそうな予想問題を作成してみましたw。あくまでわたしの主観によるものなので、その点ご了承くださいませ^^;。■京都・観光文化検定...

元ネットワークエンジニアの第13回京都検定2級及び3級の受験票が届き、いよいよ臨戦態勢に入ってまいりました(ぇ

早いもので第13回京都検定まで@1週間ほどとなりましたw。■京都・観光文化検定試験(京都検定)皆さんの学習状況は如何でしょうか。泣いても笑っても、@1週間足らずで本試験が実施されます^^;。ラスト1週間、出来うる限りの総復習及び、苦手分野の確認など、今一度しっかりと抑えておきましょう。わたしも改めて、この1週間で苦手な箇所及び、理解が曖昧な所などを纏めて、細切れ時間を見つけて確認していきたいと考え...